コラテラル』(原題:Collateral)は、2004年製作のアメリカ映画である。マイケル・マン監督のサスペンス映画。トム・クルーズ悪役を演じたことで話題になった。

コラテラル
Collateral
Collateral - Logo.png
監督 マイケル・マン
脚本 スチュアート・ビーティー
製作 マイケル・マン
ジュリー・リチャードソン
製作総指揮 フランク・ダラボン
ロブ・フリード
ピーター・ジュリアーノ
チャック・ラッセル
出演者 トム・クルーズ
ジェイミー・フォックス
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ディオン・ビーブ
ポール・キャメロン
編集 ジム・ミラー
ポール・ルベル
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年8月6日
日本の旗 2004年10月30日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $208,003,492[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $100,003,492[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

アメリカロサンゼルス。平凡で真面目なタクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)は、ある夜、最初の客アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)と目的地に着くまでの時間に賭けをする。賭けはマックスの勝ちに終わり、彼は検事局に勤めるアニーから「何か困った時に」と連絡先を貰う。次にマックスは、「ヴィンセント」(トム・クルーズ)と名乗るビジネスマン風の客を拾う。目的地に着くと、ヴィンセントはマックスの生真面目さを買い、彼にタクシーの貸切りを持ちかける。マックスは「貸切りは規定違反になる」と断るが、ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負け、引き受けてしまう。

しかしそれは単なる貸切りではなく、殺し屋の手伝いをさせられることを意味していた。当初マックスはそれに気付かなかったが、ヴィンセントが殺した標的の死体がマックスのタクシーの上に落下するアクシデントが発生する。戻ってきたヴィンセントは態度を豹変させ、マックスが何かしようものなら殺すのもいとわないと脅迫する。かくして、マックスの人生最悪の時が始まってしまった。

ヴィンセントは柔らかな物腰とは対照的に、殺人に対して一切の感情を持たない冷酷な殺し屋だった。「地球上から人間が1人や2人消えたところで何の変化も無い」と言い切るヴィンセントに、マックスは別世界の人間を見るような思いがした。ヴィンセントは標的データの入ったかばんを奪って逃げようとしたチンピラ2人を躊躇なく殺し、クラブハウスでマイルス・デイヴィスの昔話に花を咲かせる老トランペッターも、マイルス・デイヴィスの音楽歴に関する質問に間違った回答をしたため殺してしまう。

冷酷な反面、ヴィンセントは入院しているマックスの母に見舞いの花を贈るなど意外な一面を見せるが、目の前で次々に行われる殺人に耐えられなくなったマックスは隙を見てヴィンセントの標的データの入ったかばんを奪い、中身ごと路上に投げ捨てて使用不能にしてしまう。しかしヴィンセントはあきらめず、殺人データのバックアップを得るため依頼人である麻薬組織のボス、フェリックス(ハビエル・バルデム)のもとへ、マックスを自分の代役として向かわせる。高い代償を払って作成した標的データすなわち検察側証人リストの紛失を知ってフェリックスは立腹し、マックスは命の危機にさらされるが、何とか言い逃れることに成功するマックス。マックスは残る二名の標的データがコピーされたUSBメモリを手にヴィンセントのもとへ戻る。マックスとヴィンセントは次の標的へ向かうが、フェリックスを見張っていたFBI、そしてマックスの言動を怪しんだフェリックスが差し向けた用心棒達に追跡される。

ヴィンセントは4人目の標的を始末するために、マックスをともなってコリアンバーに入るが、標的のボディーガード・FBI・フェリックスの用心棒を交えた乱闘に発展してしまう。マックスはヴィンセント犯行の当初からこの事件を追っていたロス市警の刑事に保護されるが、仕事を終えたヴィンセントは刑事を射殺してしまう。自分が犯罪と無関係だったことを信じてくれた刑事を目の前で殺されて怒ったマックスは、ヴィンセントを乗せたままわざと無謀な運転をしてタクシーを横転させるが、ヴィンセントは最後の標的である5人目を殺しにその場から去る。

事故を目撃した警官がマックスを保護しようとするが、タクシーのトランクに入れられていた最初の被害者の死体を発見し、殺人の容疑者としてマックスを拘束しようとする。マックスは逮捕を覚悟するが、ヴィンセントが残した端末画面には5人目の標的であるアニーの姿が映っていた。このままでは確実にアニーが殺されてしまうと考えたマックスは警官を拘束して銃を奪い、アニーの元へ向かい、途中で通行人の携帯電話を奪う。

なんとかアニーと連絡が取れたマックスは、死の危険が迫っていることを説明する。アニーは最初こそ取り合わなかったが、ただならぬ事態を悟ってヴィンセントをかわし、庁舎ビルからマックスと逃げ出す。ビルの地下に直結した地下鉄で逃げ延びようとするマックスとアニーを、ヴィンセントは犬のような嗅覚で執拗に追い詰める。逃げられないと覚悟を決めたマックスは走行中に地下鉄の明かりが消えた瞬間、連結部のドア越しに銃弾を撃ちまくる。ヴィンセントも同じく銃を撃つが、致命傷を負ったのは彼の方だった。そして、自らの命にも感情を示さずヴィンセントは「ロスの地下鉄で男が死んだところで、誰も気にかけないさ」と言い残し、座席の上で眠るように息絶える。悪夢の一夜は終わり、マックスはアニーと連れ立って明け方の地下鉄を降りて行く。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

製作編集

脚本家スチュアート・ビーティーが17歳のとき、タクシーの後部座席で運転手と談笑しながらふと思い付いた。タクシー運転手は乗客に気を許すと何でも話しをするが、もしその乗客が殺人鬼だったら・・・。

オーストラリアからUCLA大学の映画学科に進学したビーティは、そのときの草案を基に「The Last Domino」という脚本を書き、UCLAで知り合ったプロデューサーのジュリー・リチャードソンに見せた。ジュリーはフランク・ダラボンチャック・ラッセル、ロブ・フリードらが所有するエッジシティ・プロダクションと仕事をすることが多く、この脚本をエッジシティに売り込んだ。採用が決まるとHBOに引き継ぎ、製作にはHBOと独占契約をしているドリームワークスがすぐに手を挙げた。

ドリームワークスのリストによれば当初ミミ・レダー監督で計画されていたが、3年以上も動きがないままヤヌス・カミンスキーに変わった。ヴィンセント役にはラッセル・クロウがほぼ決まっていたが、進展しないのでクロウは降りた。次にトム・クルーズとアダム・サンドラーの名前が挙がったが、サンドラーは「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」が予定されていたので断り、最終的にトム・クルーズとジェイミー・フォックスで決定した。監督にマイケル・マンを提案したのは「インサイダー」(1999年)で組んだラッセル・クロウだった。

スチュアート・ビーティが書いた脚本は、タクシー運転手、女性の図書館司書、殺しを目撃する黒人女性警官らを取り巻くニューヨークを舞台にしたラブストーリーだったが、フランク・ダラボンやマイケル・マンによって大部分が書き換えられた。またビーティはタクシー運転手にロバート・デ・ニーロを思い描いていたが、製作側はもっと若い俳優にするべきだと主張した。

常に作品のリアリティを求めるマイケル・マンは、登場人物の人間像に深みを持たせるため各々の出身地、家族、趣味など劇中には表れないバックストーリーを用意しており、これにはトム・クルーズも感心したという。また、トム・クルーズは3ヶ月の実弾射撃訓練を、ジェイミー・フォックスはモハーヴェ砂漠のレース場でドライビングテクニックを、ジェイダ・ピンケット=スミスは本物の女性検察官に丸一日付き添って仕草や服装などを学んだ。マーク・ラファロは劇中で銃を持つシーンがないにも関わらず、銃を携帯している雰囲気を醸し出すため銃の取り扱いを習得させられた[3]

撮影には夜景を鮮明に捉えることが出来る"Viper FilmStream"高解像度カメラが使用された。メジャーな映画では初の試みだったが、これが功を奏し、たまたま撮影現場の近くを横切ったコヨーテを照明を使わずに撮影することが出来た。

評価編集

本作は批評家から高い評価を得ている。映画批評家レビュー集積サイトRotten Tomatoesでは、226件のレビューがあり、批評家支持率は86%、平均点は10点満点で7.45点となっている。批評家からはトム・クルーズとジェイミー・フォックスの演技に高い評価が寄せられた。サイト側による批評家の見解の要約は「マイケル・マン監督のトレードマークのビジュアルとトム・クルーズの無駄のない悪役が原動力となり、『コラテラル』はスタイリッシュで魅力的なノワール・スリラー」となっている。また、Metacriticには41件のレビューがあり、加重平均値は71/100となっている

映画評論家のリチャード・ローパーは2004年のお気に入りの映画10本の中で本作を挙げている。また本作は、ロサンゼルス・タイムズの作家と編集者のグループにより、過去25年間でロサンゼルスで9番目のベスト映画に選ばれました。

その他編集

  • 「Collateral」というのは"〔不運な〕巻き添え【】、付随的な【】"というような意味。タクシードライバーのマックスは、主犯であるヴィンセントの犯行に巻き込まれてしまう。
  • ラストシーンで主人公たちが降りる駅は、「ヒート」のオープニングでロバート・デ・ニーロが降りる駅と同じである。

脚注編集

  1. ^ a b c Collateral”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月13日閲覧。
  2. ^ カメオ出演(ノンクレジット)。
  3. ^ “Collateral (film)” (英語). Wikipedia. (2020-01-02). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Collateral_(film)&oldid=933640774. 

外部リンク編集