コルダイト (cordite) は、フレデリック・エイベルジェイムズ・デュワーによって1889年に発明された無煙火薬の1種である。ニトログリセリンニトロセルロース(綿火薬)からなり、安定剤のワセリンを添加した物をアセトンで溶かして練って粒子状に加工することで製造される。

.303ブリティッシュ弾に使用されている芯棒状コルダイト。

種類編集

コルダイトMk I
ニトログリセリン58%、ニトロセルロース37%、ワセリン5%
コルダイトMD
ニトログリセリン65%、ニトロセルロース30%、ワセリン5%
なお、MDは MoDified の略である。
コルダイトRDB/コルダイトSC
ニトログリセリン52%、ニトロセルロース42%、ワセリン6%
なお、RDBは Research Department formula B の略であり、SCは Solventless Cordite の意味である。
コルダイトN
ニトログリセリン、ニトロセルロース、ワセリンに、3つめの爆発物成分としてニトログアニジンを加えたものである。

アセトンの大量生産編集

大量のコルダイト製造には、大量のアセトンが必要だったが、当時のアセトンは木材を乾留して製造されていたため、安定供給ができなくなった。

第一次世界大戦1914年〜)では大量のアセトンを必要としたが、大戦勃発の数年前にクロストリジウム・アセトブチリクム を使ってデンプンからアセトンを合成する手法を開発したハイム・ヴァイツマンイギリスと協力し工業化に成功、年間3万トンのアセトンを供給可能となった[1]

脚注編集

  1. ^ この功績によりウィンストン・チャーチルロイド・ジョージなどイギリス政府の要人に知己を得たことで、バルフォア宣言へと繋がっていく。