メインメニューを開く

コルドバ歴史地区(コルドバれきしちく)は、後ウマイヤ朝の都であったコルドバにある世界遺産(文化遺産)地域。メスキータやローマ橋などの建造物とユダヤ人街が登録されている。

世界遺産 コルドバ歴史地区
スペイン
グアダルキビール川から望む対岸のメスキータ
グアダルキビール川から望む対岸のメスキータ
英名 Historic Centre of Cordoba
仏名 Centre historique de Cordoue
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1984年
拡張年 1994年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
コルドバ歴史地区の位置
使用方法表示

後ウマイヤ朝時代、メスキータモスクとして建てられ、市の中心であった。その後レコンキスタによりキリスト勢力が失地を回復すると、メスキータの一部は壊され、キリスト教会に改築された。メスキータの窓などはイスラム装飾が残っている。

ユダヤ人街の花の小径は有名。

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー編集

 外部リンク 編集