コレット・水瓶座の女

コレット・水瓶座の女』(原題:Becoming Colette)は、1991年製作のアメリカ・フランス・ドイツ合作映画。

コレット・水瓶座の女
Becoming Colette
監督 ダニー・ヒューストン
脚本 ルース・グラハム
製作 ハインツ・ビボ
ピーア・J・オッペンハイマー
製作総指揮 トッド・ブラック
キャスリン・ギャラン
ジョー・ワイザン
出演者 マチルダ・メイ
クラウス・マリア・ブランダウアー
ジャン=ピエール・オーモン
ヴァージニア・マドセン
音楽 ジョン・スコット
撮影 ウォルフガング・トロイ
編集 ピーター・テイラー
ロベルト・シルヴィ
製作会社 ハインツ・ビボ&ビボ・フィルム・プロ[1]
配給 日本の旗 松竹富士
公開 ドイツの旗 1991年10月17日
日本の旗 1992年4月18日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報データベース2011年9月11日閲覧。

外部リンク編集