コロサイ小アジアの南西フリギアの町である。リュコス川メアンデル川に合流する所から南東約60kmの地点にあった。

コロサイでのミカエルの奇跡(15世紀ロシアのイコン

ヘロドトスクセノフォンによると、コロサイはエペソから東方に向かう主要道路に面していることと、毛織物の産地であったことで栄えたことを述べている。

新約時代はローマ帝国にとってそれほど重要な町ではなかったが、コロサイにはエパフラスによって設立された教会があった。これをフィレモンの家の教会と同一であるとする見方もある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

座標: 北緯37度45分26秒 東経29度15分59秒 / 北緯37.75722度 東経29.26639度 / 37.75722; 29.26639