コロシアム (バンド)

バンド

コロシアム[1]Colosseum)は、イングランド出身のジャズ / プログレッシブ・ロックバンド

コロシアム
Colosseum
Colosseum (2014).jpg
イタリア・ボルツァーノ公演(2014年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
活動期間 1968年 - 1971年
1994年 - 2015年
2020年 -
レーベル フォンタナ・レコード
ヴァーティゴ
ブロンズ・レコード
Intuition Records
Cloud Nine Records
Q-Rious Music
Ruf Records
共同作業者 テンペストグリーンスレイド
公式サイト Colosseum - Barbara Thompson & Jon Hiseman
メンバー クリス・ファーロウ
クレム・クレムソン
マーク・クラーク
キム・ニシカワラ
エイドリアン・アスキュー
マルコム・モルティモア
旧メンバー ジョン・ハイズマン
デイヴ・グリーンスレイド
ディック・ヘクストール=スミス
ジェイムス・リザーランド
トニー・リーヴス
ジム・ローチェ
ルイス・セナモ
バーバラ・トンプソン

プログレ界のパイオニア的存在で、同国のドラマージョン・ハイズマンが率いたことで知られる。1970年代初期に解散したが、1990年代に再結成を果たし2015年まで活動した。2020年に再々結成。

略歴編集

結成期(1968年 - 1971年)編集

1968年ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズのアルバム『ベア・ワイアーズ(Bare Wires)』にレコーディング・メンバーとして参加していたジョン・ハイズマントニー・リーヴスディック・ヘクストール=スミスの3人と、オルガン奏者のデイヴ・グリーンスレイド、ボーカリスト兼ギタリストのジェイムス・リザーランド、ギタリストのジム・ローチェというラインナップで、「ジョン・ハイズマンズ・コロシアム」を結成。しかし、ローチェは短期間で脱退し、最終的にはリザーランドが単独でギターを担当する。そして半年後にバンド名を「コロシアム」と短縮し陣容が固まる。

1969年に第1作アルバム『コロシアム・ファースト・アルバム』をフォンタナ・レコードから発表し、全英アルバムチャートで15位を記録[2]

同年、ヴァーティゴへ移籍して2作目のアルバム『ヴァレンタイン組曲』を発表して、再び全英15位を記録した[2]ジュリアス・シーザー最後の3ヵ月をテーマにしたタイトル曲は高い評価を得ている。一方、アメリカのダンヒル・レコードから1970年に発売されたアルバム『グラス・イズ・グリーナー』は8曲のうち4曲がアルバム『ヴァレンタイン組曲』と重なっているが、ギター・パートはジェイムス・リザーランドに代わって加入したクレム・クレムソンオーバー・ダビングしており、残りの4曲はクレムソンを含むラインナップで録音された[3]。なお、『グラス・イズ・グリーナー』は、2004年に『ヴァレンタイン組曲』のデラックス・エディション盤ボーナス・ディスクとして再発されている[3]

その後、メンバーを交代させてマーク・クラーククリス・ファーロウらが参加して、1970年にスタジオ・アルバム『ドーター・オブ・タイム』を発表し、全英23位を記録[2]1971年には2枚組のライブ・アルバム『コロシアム・ライヴ』が全英17位に達し[2]、それを最後に解散した。

第2期(1994年 - 2015年)編集

 
再結成2010年ラインナップ

1994年、アルバム『コロシアム・ライヴ』のメンバーにて再結成を果たす。1997年には27年ぶりのスタジオ・アルバム『Bread & Circuses』を発表。2004年にヘクストール=スミスが亡くなり、バーバラ・トンプソンが加わった。2007年2月17日・18日にはハイズマン、クレムソン、グリーンスレイド、クラーク、ファーロウ、トンプソンのラインナップで初の日本公演(クラブチッタ川崎)を行っている[4]

2014年、11年振りのスタジオ・アルバム『タイム・オン・アワ・サイド』を発表[5]。そして2015年2月28日のロンドン公演を最後に、コロシアムの活動を終了させることを発表し、その歴史に幕を閉じた[6]

2018年、バンドの創設者、ジョン・ハイズマンが死去[7]

第3期(2020年 - )編集

2020年、ジョン・ハイズマン亡きあと残されたクリス・ファーロウ、クレム・クレムソン、マーク・クラークを中心に再始動し、いくつかの公演で演奏を行った[8]

メンバー編集

現ラインナップ編集

※2020年10月時点

旧メンバー編集

コロシアムII編集

1975年、ハイズマンやゲイリー・ムーアを中心に、コロシアムIIの冠名で編成されたフュージョン・ロックバンド1978年まで活動した。その音楽性から、一般的にコロシアムとは別グループと認識されている。詳細は「コロシアムII」を参照[12]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

  • 『コロシアム・ライヴ』 - Colosseum Live (1971年)[13]
  • LiveS  The Reunion Concerts 1994 (1995年)
  • 『コロン 1994-リユニオン・コンサート』 - Live Cologne 1994 (2003年)
  • The Complete Reunion Concert (2003年)
  • 『コロシアム・ライヴ! 05』 - Live05 (2007年)
  • Theme for a Reunion (2009年)
  • Live At The Boston Tea Party, August 1969 (2015年)
  • Live At The Montreux Jazz Festival 1969 (2020年)
  • Live At Ruisrock, Turku, Finland, 1970 (2020年)
  • Live At Piper Club, Rome, Italy 1971 (2020年)
  • Live '71, Canterbury, Brighton & Manchester (2020年)

シングル編集

  • "Walking in the Park" / "Those About to Die, Salute You" (1969年)
  • "Walking in the Park" / "The Road She Walked Before" (1969年)
  • "The Kettle" / "Plenty Hard Luck" (1969年)
  • "The Daughter of Time" / "Bring Out Your Dead" (1971年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コラシアム」の表記もある。
  2. ^ a b c d Colosseum | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年2月22日閲覧
  3. ^ a b fall2004albums.html - richieunterberger.com - 2013年6月15日閲覧
  4. ^ 英ジャズ・ロックのコロシアム、38年目の初来日が決定! - CDJournalニュース - 2013年6月15日閲覧
  5. ^ コロシアム 11年ぶりの新スタジオ・アルバム『Time On Our Side』が日本でも発売に”. amass (2014年11月24日). 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ ジョン・ハイズマン、コロシアム最後のアルバム『タイム・オン・アワ・サイド』を語る<前編>”. YAMAHA (2015年1月22日). 2018年9月26日閲覧。
  7. ^ コロシアムのジョン・ハイズマンが死去”. amass (2018年6月12日). 2018年9月26日閲覧。
  8. ^ Gracey, Ana. “BREAKING NEWS...”. 2020年9月15日閲覧。
  9. ^ Official Chris Farlowe Website - 「Biography」をクリックすれば確認できる
  10. ^ Discography - James Litherland Official Website
  11. ^ Colosseum : AllMusic - Biography by Mark Deming
  12. ^ ジョン・ハイズマン、コロシアムIIと今後の活動を語る<後編>”. YAMAHA (2015年1月29日). 2018年9月26日閲覧。
  13. ^ アナログ盤はハウリングが入り音量レベルが低く、デジタル時代に入りマスターテープからリマスターは再発レーベルによって音質が異なる。

関連項目編集

外部リンク編集