コロシュカ地方スロベニア語:Koroška)は、スロベニア伝統的な地方の一つ[1]。行政単位としての意味は持たない。[2]

3がコロシュカ地方(黄色)

この地方の主な都市はトラボグラートスロヴェニ・グラデツラヴネ・ナ・コロシュケムチュルナ・ナ・コロシュケムメージツァプレヴァリェミスリニャムタそしてラドリェ・オブ・ドラヴィである。

「コロシュカ」はドイツ語の地名「ケルンテン」のスロベニア語表記であり[1]、この地方は隣接するオーストリアケルンテン州と区別するためにスロベニア・カリンティア(英語:Slovene Carinthia)とも呼ばれる。

かつてのケルンテン公国の中でも僅かな領域でしかないが歴史的地域としては維持され続けており、この概念は地域のまとまりの核として機能している。[2]

脚注編集

  1. ^ a b 柴、ベケシュ、山崎、p.17
  2. ^ a b 柴、ベケシュ、山崎、p.19

参考文献編集

  • 柴宜弘、アンドレイ・ベケシュ、山崎信一編著 『スロヴェニアを知るための60章』明石書店、2017年9月10日。ISBN 978-4-7503-4560-4 

関連項目編集

外部リンク編集