コロラド・ロッキーズ

コロラド・ロッキーズ英語: Colorado Rockies、略称:COL)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はコロラド州デンバーにあるクアーズ・フィールド。チーム名はロッキー山脈から。

コロラド・ロッキーズ
Colorado Rockies
1993創設
所属リーグ
チーム名
  • コロラド・ロッキーズ (1993年 - )
本拠地
1993-現在の位置(アメリカ合衆国内)
1993-現在
1993-現在
Coors field 1.JPG
永久欠番
獲得タイトル(獲得年)
ワールドシリーズ優勝(0回)
リーグ優勝(1回)
地区優勝(0回)
ワイルドカード(5回)
  • 1995
  • 2007
  • 2009
  • 2017
  • 2018
球団組織
オーナー モンフォート・ブラザーズ
GM ジェフ・ブリディッチ
監督 バド・ブラック

球団の歴史編集

 
チームのマスコット“ディンガー”。

1991年に発足、1993年から参加で同年観客動員が4,483,350人でこれは大リーグ記録である。以降も、1998年まではメジャーでもトップの観客動員を記録し、2001年まではシーズン観客動員が300万人を超えるメジャー屈指の人気球団であった。1995年に現在の本拠地のクアーズ・フィールドが開場。同年には初のポストシーズン進出も成し遂げている。選手の総年俸は$4,400万でナショナルリーグ西地区では最低(2006年シーズン開始時)。

プロスポーツチームとしてはかなり異色の存在で、チームとしてキリスト教信仰を重視しており、ロッカールームやトレーニングルームからは俗世的な雑誌は排され、スポーツ雑誌等の他に聖書が置かれている。壁には聖書からの引用文などが掲げられ、日曜日にはチームで礼拝も行われる(任意参加)[1]

標高1600mと高地にあり、打球の飛びやすいクアーズ・フィールドを本拠地としているため、極端な打高投低のチームといえる。アンドレス・ガララーガダンテ・ビシェットラリー・ウォーカービニー・カスティーヤによる「ブレイク・ストリート・ボンバーズ」、近年ではトッド・ヘルトンマット・ホリデイトロイ・トゥロウィツキーカルロス・ゴンザレスマイケル・カダイアージャスティン・モルノーノーラン・アレナドDJ・ルメイユチャーリー・ブラックモンといったタイトルホルダーや強打者が名を連ねており、1993年以来、首位打者11回、本塁打王6回、打点王9回をロッキーズの選手が受賞している(2018年シーズン終了時点)。その反面、チーム防御率は毎年のように5点台を記録するなど散々な状況であり、投手部門での主要タイトルの受賞者は2016年まで一人もいない状況が続いていたが、2017年にはグレッグ・ホランドセーブ王を獲得した。

1995年以来、しばらくの間ポストシーズンから遠ざかっており、毎年のように最下位争いを続けた。最大の要因はなんといっても投手陣にあり、球団側も本拠地のクアーズ・フィールドではボールに加湿処理を施すなどしてボールを飛びにくくし、投手陣の負担を軽減しようと努力している。その効果もあってか近年はチーム防御率が改善しており、2006年2007年には2年連続で4点台を記録している。

2007年には1995年以来のポストシーズン進出を果たす。ディビジョンシリーズを勝ち抜いてナショナルリーグチャンピオンシップシリーズに進出、10月15日(現地時間)に地元デンバーにてアリゾナ・ダイヤモンドバックスにシリーズ4連勝でナショナルリーグを初制覇し、球団創設以来、初めてとなるワールドシリーズ進出を決めた。現制度下でのプレーオフの7連勝はこれが初めて(ポストシーズン7連勝は1976年シンシナティ・レッズ以来31年ぶり)。しかしワールドシリーズではボストン・レッドソックスに4連敗を喫した。

2009年ワイルドカードで3度目のポストシーズン進出を果たすが、ディビジョンシリーズフィラデルフィア・フィリーズに1勝3敗で敗退した。

その後2010年は3位に後退し、2011年は4位、2012年は最下位と1つずつ順位を下げていき、2011年から5年連続で勝率5割を割り込むなど再び低迷していた。2016年は2010年以来6年振りの3位に浮上。ワイルドカード争い6位につけるなど善戦したが、勝率は6年連続で5割を切った。

2017年はブラックモンが首位打者を獲得し、OPS1.000を記録するなどMVP投票で5位に入る大活躍を見せた。チームとしては2010年以来7年振りの勝率5割以上で2009年以来8年振りのワイルドカードを決め、4度目のポストシーズン進出を果たすが、ワイルドカードゲームでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに敗れた。オフにウェイド・デービスを3年5200万ドル、ブライアン・ショウを3年2700万ドルで獲得し、ブルペンを強化した。

2018年はアレナドが38本塁打で3度目の本塁打王を獲得し、3年目のトレバー・ストーリーが37本塁打などを記録。その他既存戦力のカルロス・ゴンザレス、ブラックモン、ルメイユなどが強力打線を支えた。投手陣ではカイル・フリーランドが球団史上2人目の2点台防御率かつ球団記録の2.85を記録し、リーグ4位タイの17勝を挙げた。14勝のヘルマン・マルケスは230奪三振で球団記録を更新し、12勝のジョン・グレイを加えて2桁勝利投手が3人生まれた。救援ではデービスが43セーブで球団記録を更新し、チームとしては2年連続、単独では初となる最多セーブを獲得した。チーム内最高打率がリーグ10位の.297(アレナド)で、3割打者が不在であったこともあり比較的投手力で戦い抜いたシーズンとなった。162試合終了時点でロサンゼルス・ドジャースと並んで地区首位だったため、163試合目としてタイブレーカー(en:2018 National League West tie-breaker game)を敵地で戦ったものの敗れ、2年連続ワイルドカードの地区2位となった。ワイルドカードゲームではシカゴ・カブスに勝利しディビジョンシリーズに進出するも、ミルウォーキー・ブルワーズに3連敗のスウィープでシーズンが終了した。レギュラーシーズンの最後から、デンバーロサンゼルスシカゴミルウォーキーと毎日移動して試合するという厳しい日程であった。

2019年6月13日~16日に行われた対サンディエゴ・パドレス戦(クアーズ・フィールド)の4連戦で、第1戦は9-6、第3戦は14-8でロッキーズが勝利し、第2戦は12-16、そして第4戦は13-14でパドレスが勝利。ともに2勝2敗の五分で4試合を戦い終えたが、この4試合で両チーム合わせて叩き出した計92点は1929年5月に行われたフィリーズドジャースの88得点を抜き、MLBの歴史の中で4連戦で生まれた史上最多得点となった[1]。また、第1戦は共に13安打ずつの計26安打、第2戦は延長12回までもつれ、ロッキーズが18安打の計39安打、第3戦は19安打の計32安打、第4戦は19安打の計34安打。4試合連続で両チームともに2桁安打を記録し、計131安打が乱れ飛び、歴史に残る大乱打戦シリーズとなった[2][3]

2020年1月17日にラリー・ウォーカーが現役時代に身につけた背番号「33」が永久欠番とされることが発表された[4]。同21日にラリー・ウォーカーが球団史上初となるアメリカ野球殿堂入りを果たした[5]

日本人メジャーリーガーでは、吉井理人マック鈴木松井稼頭央が過去に在籍していた。吉井は2000年ニューヨーク・メッツからトレードで入団し、投手ながら日本人2人目の本塁打や同初の盗塁を決めシーズン6勝を挙げた。マック鈴木は2001年途中にカンザスシティ・ロイヤルズから入団したが、入団後約1か月でミルウォーキー・ブルワーズへ移籍したため、ロッキーズでは3試合の登板に止まった。松井は2006年途中にニューヨーク・メッツからトレードで入団し、フィラデルフィア・フィリーズとのディビジョンシリーズ第2戦で逆転満塁本塁打を放つなど前述の2007年の快進撃に貢献した。

選手名鑑編集

現役選手・監督・コーチ編集

コロラド・ロッキーズ ロースター
40人ロースター 監督・コーチ/他

投手

捕手

内野手

外野手


監督

コーチ

60日故障者リスト

制限リスト

殿堂入り選手編集

歴代監督編集

監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS
1 ドン・ベイラー 1993-98 909 440 469 .484 1 0 0
2 ジム・リーランド 1999 162 72 90 .444 0 0 0
3 バディ・ベル 2000-02 346 161 185 .465 0 0 0
4 クリント・ハードル 2002-09 1159 534 625 .461 1 1 0
5 ジム・トレーシー 2009-12 602 294 308 .488 1 0 0
6 ウォルト・ワイス 2013-16 648 283 365 .437 0 0 0
7 バド・ブラック 2017- 487 249 238 .511 2 0 0
監督 期間 試合 勝利 敗戦 勝率 PS NL WS

PSはポストシーズン進出、NLはナショナルリーグ制覇、WSはワールドシリーズ制覇。

(数字は2019年シーズン終了時)

永久欠番編集

歴代所属日本人選手編集

チーム記録編集

通算記録編集

※2019年シーズン終了時点。

シーズン記録編集

※2019年シーズン終了時点

傘下マイナーチーム編集

クラス チーム 参加リーグ 提携 本拠地
AAA アルバカーキ・アイソトープス
Albuquerque Isotopes
パシフィック・コーストリーグ
Pacific Coast League
2015年  ニューメキシコ州アルバカーキ
アイソトープス・パーク
AA ハートフォード・ヤードゴーツ
Hartford Yard Goats
イースタンリーグ
Eastern League
2015年  コネチカット州ハートフォード
ダンキンドーナツ・パーク
A+ ランカスター・ジェットホークス
Lancaster JetHawks
カリフォルニアリーグ
California League
2017年  カリフォルニア州ランカスター
クリアー・チャネル・スタジアム
A アッシュビル・ツーリスツ
Asheville Tourists
サウス・アトランティックリーグ
South Atlantic League
1994年  ノースカロライナ州アシュビル
マコーミック・フィールド
A- ボイシ・ホークス
Boise Hawks
ノースウェストリーグ
Northwest League
2015年  アイダホ州ボイシ
メモリアル・スタジアム
Rookie+ グランドジャンクション・ロッキーズ
Grand Junction Rockies
パイオニアリーグ
Pioneer League
2001年  コロラド州グランドジャンクション
スプリジオ・フィールド
Rookie ドミニカン・サマーリーグ・ロッキーズ
Dominican Summer League Rockies
ドミニカン・サマーリーグ
Dominican Summer League
1997年  ドミニカ共和国
ラス・アメリカス

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ パドレスとロッキーズ、4連戦で驚異の92得点 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月17日閲覧。
  2. ^ 史上最多の4試合計92得点 計131安打が乱れ飛ぶ歴史的大乱打戦シリーズが…” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年6月17日閲覧。
  3. ^ ロッキーズ対パドレス、4連戦で両チーム合計92得点のMLB記録 ブラックモンは4戦15安打” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年6月17日閲覧。
  4. ^ 'No bigger honor': Rox to retire Walker's No. 33” (英語). MLB.com. 2020年1月18日閲覧。
  5. ^ Walker elected to Hall of Fame in final year” (英語). MLB.com. 2020年1月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集