コロラド川(コロラドがわ、Colorado River)はアメリカ合衆国南西部メキシコ北部を流れる主要河川の一つ(もう一つの主要河川はリオ・グランデ川)。スペイン語ではリオ・コロラド(Río Colorado)という。“Colorado”の語源は色つき(colored)であり、水が赤みを帯びた色をしていることが由来となっている。

コロラド川
Horseshoe bend.jpg
延長 2,330 km
平均流量 620 m³/s
流域面積 629,100 km²
水源 La Poudre Pass Lake
水源の標高 ~2,700 m
河口・合流先 カリフォルニア湾
流域 アメリカ合衆国メキシコ
テンプレートを表示

川は長さ2,330km(1,450マイル)、流域面積約629,100km²に及び、アメリカ7州とメキシコ2州にまたがる広大な乾燥地帯を流域に含んで潤す。水源は合衆国のロッキー山脈中央部のラ・パウダー・パス湖であり、そこから南西に流れてコロラド高原を横切りグランド・キャニオンを刻み、アリゾナ州ネバダ州の州境ミード湖となる。そこからは南に流れてカリフォルニア州とアリゾナ州の州境を形作ったあと、アメリカ=メキシコ国境をゆく。メキシコ国内では非常に乾燥したコロラド川デルタ(Colorado River Delta)を作りバハ・カリフォルニア州ソノラ州の間でカリフォルニア湾の最深部に灌ぐ。

劇的な大峡谷と激しい急流、そして11箇所の合衆国国立公園で知られるコロラド川水系は北アメリカ大陸南西部の4,000万人の命を支える水源である。コロラド川とその支流は広範囲にわたるダム・貯水池・水路で管理されていて農業用灌漑と家庭用給水に利用される。急勾配を流れる膨大な水は水力発電に向いており、流域内の合衆国西部山間部(Intermountain West)にあるダムの多くは尖頭負荷発電所Peaking power plant)としてピーク時電力を供給するのに重要な役割を担う。こうした水の猛烈な使用のために下流の160km(100マイル)では干上がってしまうことがあり、1960年代には海まで到達しないことも多かった。

スペイン探検家メルコール・ディアス(Melchor Diaz)が1540年にヨーロッパ人で最初に探検した。

流路編集

アメリカ合衆国コロラド州ロッキーマウンテン国立公園内に源を発し南西に流れる。ユタ州ユインタ山地の端に沿ってワイオミング州から流れくるグリーン川を合わせる。

アリゾナ州のユタ州との境界付近のページにはグレンキャニオンダムがある。このダム湖であるパウエル湖サンファン川が流入する。それから西に向きをかえグランドキャニオンを流れる。グランドキャニオンを過ぎるとラスベガス付近にフーバーダムがあり、南へ流れを転じデーヴィスダムへ注ぐ。

下流のメキシコ領内ではバハカリフォルニア州ソノラ州との境界を形成し、ほとんど干上がった状態でカリフォルニア湾に注ぐ。

支流編集

下流より記載

流域の自然景勝地編集