メインメニューを開く

コロンディ・マルギット

元女子体操競技選手
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にマルギット・コロンディと表記することもあります。

コロンディ・マルギットハンガリー語: Korondi Margit, 1932年6月24日 - )は、ハンガリーの元女子体操競技選手。1952年ヘルシンキ五輪1956年メルボルン五輪に出場し、2つの大会で合計8個のメダル金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル4個)を獲得した[1]五輪大会の女子体操競技において、ハンガリー初の金メダルを獲得した選手である[2]

コロンディ・マルギット Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム ハンガリー語: Korondi Margit
日本語: コロンディ・マルギット
国籍  ハンガリー
生年月日 (1932-06-24) 1932年6月24日(87歳)
生誕地 Flag of Yugoslavia (1918–1941).svg ユーゴスラビア王国
ツェリェ
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロサンゼルス
種目 体操競技
代表  ハンガリー
所属 Bp. Vasas
Vasas, Budapest
 
獲得メダル
オリンピック
1952 ヘルシンキ 段違い平行棒
1956 メルボルン 手具体操団体
1952 ヘルシンキ 団体総合
1956 メルボルン 団体総合
1952 ヘルシンキ 個人総合
1952 ヘルシンキ 平均台
1952 ヘルシンキ ゆか
1952 ヘルシンキ 手具体操団体
世界青年学生祭典
1951 東ベルリン ゆか
1951 東ベルリン 団体総合
1951 東ベルリン 個人総合
テンプレートを表示

経歴編集

1932年6月24日、コロンディ・マルギットはユーゴスラビア王国(現スロベニア共和国)のツェリェで生まれた[1]。父コロンディ・フェレンツはブダペスト王立体操協会(現ヴァシャシュスポーツクラブ)のパシャレティ通りジムで体操競技のコーチを務めていた[2][3]。そのため、コロンディは幼少の頃から体操競技を身近な存在に感じて育った[2]第二次世界大戦が終わった後の1946年から本格的なトレーニングを始め[4]1948年にヴァシャシュスポーツクラブに加入し、同年にジュニア選手権で優勝[4]。その翌年、ブダペストでのハンガリー選手権に優勝して1950年にハンガリー代表チームのメンバーに選ばれた[4]1951年8月にはドイツ民主共和国(現ドイツ連邦共和国)の首都東ベルリン(現ベルリン)で開催された世界青年学生祭典においてゆかで金メダル、団体総合で銀メダル、個人総合で銅メダルを獲得した[5]。容貌にも恵まれたコロンディは人気を集め、次第にハンガリースポーツ界のマスコットと考えられるようになっていった[2]

1952年7月、コロンディはハンガリーチームの最年少選手としてヘルシンキ五輪に臨み[4]段違い平行棒でハンガリーの女子体操競技選手として五輪史上初の金メダルを獲得したほか[2]、チームの団体総合での銀メダル獲得[6][7]と手具体操団体での銅メダル獲得に貢献し[1]、個人総合[8]平均台、ゆかで銅メダルを獲得した[9]。しかし、五輪後にブカレストでの競技大会で背中に重傷を負い[4][10]、3年もの間、休養しなければならなくなった[4]。怪我がようやく治癒し、トレーニングを再開することができたのは1955年秋のことである[11]。それから半年後、ハンガリー代表チームのコーチを務めていたシャールカーニ・イシュトヴァーナクの要請を受けて代表へ復帰[2][11]。1956年11月に開催されたメルボルン五輪に出場して、チームの手具体操団体での金メダル獲得[1]と団体総合での銀メダル獲得に貢献した[12][13]

メルボルン五輪の開催中にソビエト連邦軍がハンガリーに侵攻する事態が起きたため(ハンガリー動乱)、コロンディは多くのハンガリー代表選手らとともに祖国へは戻らないことを決意し[2]、五輪後に米国スポーツ雑誌スポーツ・イラストレイテッド』誌のツアー[14]に参加して米国へ渡り[2]ヒューストンに移住した[2]。そして、競泳フィットネスのインストラクターの仕事を始め、次第にテキサス州で最も有名なフィットネスの専門家として知られるようになった[4]。最初の夫はボクシングの五輪選手であるプラチ・マーチャーシュトールだったが1964年に離婚して[4]水球競技選手のサライ・ヤーノショーズと再婚し[4]、2人の息子と1人の娘を儲けた[15]1962年からはロサンゼルスに居住しており[4]カリフォルニア大学の准教授として体操競技とモダンダンスの講義を行う一方で大学チームのコーチも務めている[4]

1956年メルボルン五輪の手具体操団体で金メダルを獲得し、団体総合でも銀メダルを獲得したハンガリー代表チームのメンバーであるケレティ・アーグネシュ、タシュー・オルガ、ケルテース・アリーズ、ボドー・アンドレア、クテレシュ・エルジェーベト(グヤーシュ・カーロイニー)、そしてコロンディ・マルギット[13]は高齢ながらも2017年6月現在で6人全員が存命であり[4]、今も交友が続いている[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d "コロンディ・マルギット". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 2017年12月29日.
  2. ^ a b c d e f g h i j Olimpiai érmeseink - Korondi Margit” (ハンガリー語). ハンガリーオリンピック委員会. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ Torna - Történet - VASAS SC” (ハンガリー語). ヴァシャシュスポーツクラブ. 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l ハンガリー通信社 (2017年6月24日). “Nyolcvanöt éves Korondi Margit tornász - Cikk” (ハンガリー語). Szabadság hírportá. 2017年12月29日閲覧。
  5. ^ MEFS.hu - Nyári Egyetemi Világbajnokság - 1951” (ハンガリー語). ハンガリー大学スポーツ連盟. 2017年12月29日閲覧。
  6. ^ Gymn Forum: 1952 Olympic Games, Women's Team” (英語). Gymn-Forum (2005年3月28日). 2017年12月29日閲覧。
  7. ^ Gymn Forum: 1952 Olympics, Women's Team Results by Gymnast” (英語). Gymn-Forum (2005年3月28日). 2017年12月29日閲覧。
  8. ^ Gymn Forum: 1952 Olympic Games, Women's AA” (英語). Gymn-Forum (2004年2月6日). 2017年12月29日閲覧。
  9. ^ Gymn Forum: 1952 Olympic Games, Women's EF” (英語). Gymn-Forum (2004年10月2日). 2017年12月29日閲覧。
  10. ^ ÁGHASSI ATTILA (2006年11月24日). “Index - Sport - Időskoromra kezdem megérteni, mit jelent az olimpiai bajnokság” (ハンガリー語). Index.hu. 2017年12月29日閲覧。
  11. ^ a b Korondi Margit - 100 híres (béta)” (ハンガリー語). A Magyar Nemzeti Digitális Archívum művészeti portálja. 2017年12月29日閲覧。
  12. ^ Gymn Forum: 1956 Olympic Games, Women's Team” (英語). Gymn-Forum (2005年4月2日). 2017年12月29日閲覧。
  13. ^ a b Gymn Forum: 1956 Olympics, Women's Team Results by Gymnast” (英語). Gymn-Forum (2005年4月20日). 2017年12月29日閲覧。
  14. ^ Harry Phillips (1957年1月14日). “MEMO FROM THE PUBLISHER” (英語). Sports Illustrated. 2017年12月29日閲覧。
  15. ^ Korondi Margit. “Gréti... (Korondi Margit)” (ハンガリー語). gymnast.bplaced. 2017年12月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集