コロンバス・ブルージャケッツ

コロンバス・ブルージャケッツColumbus Blue Jackets)は、アメリカ合衆国オハイオ州コロンバスを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

コロンバス・ブルージャケッツ
Columbus Blue Jackets
カンファレンス イースタン・カンファレンス
ディビジョン メトロポリタン
創設年 2000年 (23年前) (2000)
歴代チーム名 コロンバス・ブルージャケッツ
(2000 - )
ホームアリーナ ネイションワイド・アリーナ
Columbus, OH - Nationwide Arena.jpg
ホームタウン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州コロンバス
コロンバス・ブルージャケッツの位置(アメリカ合衆国内)
コロンバス・ブルージャケッツ
チームカラー ユニオンブルー, ゴールレッド, キャピタルシルバー
     
メディア
オーナー ジョン・P・マッコーネル
GM ヤルモ・ケカライネン
ヘッドコーチ ジョン・トートレッラ
キャプテン ニック・フォリーノ
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (0回)
なし
アブコワールド (0回)
なし
カンファレンス優勝 (0回)
なし
ディビジョン優勝 (0回)
なし
プレジデンツトロフィー (0回)
なし
リック・ナッシュ
2002年ドラフト全体1番目で入団。2003-04シーズンに19歳の若さで41得点を挙げ得点王。チーム歴代最多得点記録を持ち、2008年からキャプテンを務めている。バンクーバー五輪ではカナダ代表として金メダルを獲得した。

歴史編集

2000年ミネソタ・ワイルドと共にNHLに新規参入した。初試合は2000年10月7日の対シカゴ・ブラックホークス戦で、3対5で敗れた。チーム史上初ゴールは、ブルース・ガーディナー(Bruce Gardiner) が決めた。

チーム名は、ファン投票によって選ばれた。この名前が選ばれた理由として、以下の4つの点が指摘されている。

  • オーナーの John H. McConnell の好みの色がブルーであり、彼が「選ばれる名前には『ブルー』の言葉が含まれていなければならない。」と指示したと、マスコミにより報道されたこと。
  • 当初試作として発表されたチームのロゴには虫の姿がたたどられており、これはの姿や様々なスポーツチームのニックネーム(例えば、ジョージア工科大学の愛称「Yellow Jackets」)などから「イエロージャケット」を想起させるものであった。虫のロゴは、その後チームが活動を開始してから鳴りを潜めて、2003-2004シーズンには全く使用されなくなった。わずかにチームのマスコット、「スティンガー (Stinger)」にその名残をとどめるばかりである。
  • コロンバス地域に居住していたショーニー族の酋長Blue Jacketの名誉を称えること。ただし、チームは商業目的ではいかなるネイティブ・アメリカンの象徴をも使用してはいない。
  • また、Blue Jacketは南北戦争の連合軍の軍服を表していること。なおチームは、積極的というほどではないが幾分は商業目的にそれを使用している。

2002年3月16日には悲劇がブルージャケッツを襲った。コロンバス対カルガリー戦でエスペン・クヌートセン(Espen Knutsen) の放ったショットがディフェンスマンデレック・モリスのスティックに当たって方向が変わり、観客席で観戦していた13歳の少女、ブリタニー・セシルの頭部を直撃し、彼女は2日後の3月18日、頭蓋骨骨折で死去した。NHL史上、飛来するパックがファンに当たり死亡する事故が起きたのは初めてのことであった。この事故をきっかけに、観客を飛来するパックから保護するためNHLの全アリーナのゴール背後に位置する観客席の前面にナイロン製のネットが張られることとなった[1]。この事故により、NHLは各アリーナのゴール裏に、ナイロン製のネットを張ることを決定した[2]

2008年までブルージャケッツはプレーオフ進出がなかったが、2008-2009年に悲願のプレーオフ初進出を果たした。 1回戦で敗れたものの、スティーブ・メイソン(Steve Mason)の活躍やオフシーズンのリック・ナッシュ(Rick Nash)の契約延長は未来への光明となった。

シーズン別成績編集

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
2000-01 82 28 39 9 6 190 233 71 セントラル5位 不参加
2001-02 82 22 47 8 5 164 255 57 セントラル5位 不参加
2002-03 82 29 42 8 3 213 263 69 セントラル5位 不参加
2003-04 82 25 45 8 4 177 238 62 セントラル4位 不参加
2005-06 82 35 43 - 4 223 279 74 セントラル3位 不参加
2006-07 82 33 42 - 7 201 249 73 セントラル4位 不参加
2007-08 82 34 36 - 12 193 218 80 セントラル4位 不参加
2008-09 82 41 31 - 10 226 230 92 セントラル4位 1回戦敗退
2009-10 82 32 35 - 15 216 259 79 セントラル5位 不参加
2010-11 82 34 35 - 13 215 258 81 セントラル5位 不参加
2011-12 82 29 46 - 7 202 262 65 セントラル5位 不参加
2012-13 48 24 17 - 7 120 119 55 セントラル4位 不参加
2013-14 82 43 32 - 7 231 216 93 メトロポリタン4位 1回戦敗退
2014-15 82 42 35 - 5 236 250 89 メトロポリタン5位 不参加
2015-16 82 34 40 - 8 219 252 76 メトロポリタン8位 不参加
2016-17 82 50 24 - 8 249 195 108 メトロポリタン3位 1回戦敗退
2017-18 82 45 30 - 7 242 230 97 メトロポリタン4位 1回戦敗退
2018-19 82 47 31 - 4 258 232 98 メトロポリタン5位 準決勝敗退

スタンレーカップ戦績編集

出場経験なし

脚注編集

  1. ^ 13-year-old fan killed after hit by puck at NHL game”. CBC (2002年3月20日). 2015年2月20日閲覧。
  2. ^ Greg Wyshynski (2012年3月15日). “Ten years after death of Brittanie Cecil, recalling backlash over NHL safety netting”. Yahoo! SPORTS. 2015年2月20日閲覧。

外部リンク編集