メインメニューを開く

コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース

Kongsberg Defence & Aerospace AS[1] (KDA) (コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース)とは、コングスベルグ・グループ(KOG)の2事業の内の一つで、防衛関連と宇宙関連の事業を行っている。

コングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース AS
企業形態 ノルウェー政府がオーナーのジョイント・ストック・カンパニー
業種 軍需企業
設立 1814
本社 ノルウェー コングスベルグ
主要人物 Harald Ånnestad (社長)
売上高 増加 NOK 7,530 million (2012)
営業利益 増加 NOK 1,036 million (2012)
従業員数 増加2,471 (2012)
親会社 コングスベルグ・グループ
ウェブサイト http://www.kongsberg.com
テンプレートを表示

宇宙関連は、共にトロムソに拠点を構えるコングスベルグスペーステック(完全子会社)とコングスベルグ衛星サービス(50%KDA、50%ノルウェー宇宙センターが所有する)の2社を子会社として保有し、KDA自体でも開発を行っている。

製品編集

防衛編集

主に対艦ミサイル、軍事通信、および水上艦の射撃管制装置と防空システム機器などの製品を製造している。RWS(Remote Weapon Station、遠隔式銃塔)であるプロテクター RWSシリーズは、プロテクターM151がアメリカ陸軍ストライカー装甲車の主武装として採用された他、カナダ軍オーストラリア軍でも採用されている。改良型のプロテクターM153はアメリカ陸軍でCRWOS IIとして採用され、ハンヴィーMRAPに搭載されている。

他、多数

宇宙編集

欧州宇宙機関が開発したアリアン5のブースターアタッチメントとリリースユニットを製造した。1990年初頭、NASAジェット推進研究所ドイツダイムラークライスラー・エアロスペースが関わっていたカッシーニ (探査機)のハードウェア、ロゼッタ (探査機)の太陽電池アレイ駆動機構にも関わっている。

東芝機械・コングスベルク ココム違反事件編集

東芝機械ココム違反事件と同様、コングスベルクの子会社「 Kongsberg Vaapenfabrikk 」からもソ連に静粛な潜水艦を製造する工作機械を渡したという対共産圏輸出統制委員会(ココム)協定違反の告発がなされた。

参考文献編集

関連項目編集