メインメニューを開く

コンサート 夏の時代

日本の音楽イベント

コンサート 夏の時代(コンサート なつのじだい)は、1982年から1985年まで宵々山コンサートの関連イベントとして、京都市円山公園音楽堂などで、北山修企画・構成によって、行われたコンサート。「コンサート 夏の時代」が続かなかったのは、本体イベントである宵々山コンサート1985年で一端中断したことが主な原因。

目次

コンセプト編集

「夏の時代」とは、北山修のコンセプトによるもので、1960年代末から1970年代初頭のフォークソングの担い手たちが、「青春期」=「春」を過ぎて、「夏の時代」を迎え、30歳代となったことを意識したイベント・タイトル。

フォークソング隆盛期のメッセージソング反戦歌を再評価し、1983年の「第2回」では、新たに北山修が作詞した「戦争を知らない子供たち'83」を「高石ともやザ・ナターシャー・セブン」が披露するなどした。

主な出演者編集

京都・東京なども含めて、杉田二郎加藤和彦西岡たかし北山修が参加するヒューマン ズー、「高石ともやザ・ナターシャー・セブン」ら往年の関西フォーク陣に加え、東京からかまやつひろし小室等遠藤賢司三上寛小田和正ビリーバンバンらが出演。

開催地編集

宵々山コンサートのプレイベントとして、京都市円山公園音楽堂で行われたのは、1982年から1984年までの計3回のみ。

その他に、1984年5月旭川市民文化会館1984年10月日比谷野外音楽堂1985年11月7日中野サンプラザなどでも開催され、2000年、大阪サンケイホールで「コンサート 夏の時代2000」として、復活した。

関連項目編集