コンスタンス=マリー・シャルパンティエ

コンスタンス=マリー・シャルパンティエ(Constance-Marie Charpentier、結婚前の名: Constance Marie Blondelu、1767年4月4日 - 1849年8月3日)はフランスの画家である。

コンスタンス=マリー・シャルパンティエ
Constance-Marie Charpentier
Constance Marie Charpentier.jpg
自画像
生誕1767年4月4日
フランス、パリ
死没1849年8月3日
フランス、パリ

略歴編集

パリで最も古い通りのひとつの クール・デュ・コメルス・サンタンドレ小路(Cour du Commerce Saint-André)の雑貨屋の娘に生まれた。1786年に父親が亡くなった後、店を売り、母親とコルディエール通り(rue des Cordeliers)に移った。1787年から版画家のヴィレ(Jean-Georges Wille)に絵を学び、その年の4月、ジャック=ルイ・ダヴィッドの工房に入った。1793年に革命家、ジョルジュ・ダントンの妻のアントワネット・ガブリエル・ダントンの弟、フランソワ・ヴィクトール・シャルパンティエ(François Victor Charpentier)と結婚し、オデオン通り(Rue de l'Odéon)に住んだ。

風俗画や肖像画を描いた。作品のいくつかは、パリの版画家のマリアージュ(Louis-François Mariage)によって版画にされ出版された[1]。1795年から1819年の間にいろいろな展覧会に13点の作品を出展している。1814年にパリのサロンで金メダルを受賞し、1821年にドゥエーの展覧会で現メダルを受賞している。

作品編集

脚注編集

参考文献編集

  • Dictionnaire Bénézit2
  • Gildas Dacre-Wright, Constance Charpentier (1767-1849)
  • Alexandra K. Wettlaufer, Portraits of the Artist As a Young Woman : Painting and the Novel in France and Britain, 1800-1860, Ohio State University Press, 2011, 338 p., (ISBN 978-0-8142-1145-8)