メインメニューを開く

コンスタンチン・スタニスラフスキー

コンスタンチン・セルゲーヴィチ・スタニスラフスキーКонстантин Сергеевич Станиславский, 英語: Konstantin Stanislavski (Constantin Stanislavsky), 1863年1月17日ロシア暦1月5日) - 1938年8月7日)はロシア革命の前後を通して活動したロシア・ソ連の俳優で演出家。本姓はアレクセーイェフ(Алексеев / Alexeyev)。

コンスタンチン・セルゲーヴィチ・スタニスラフスキー
Konstantin Stanislavski in 1938.jpg
基本情報
生誕 (1863-01-17) 1863年1月17日
出身地 Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国モスクワ
死没 (1938-08-07) 1938年8月7日(75歳没)
ジャンル 演劇
職業 俳優演出家

彼が創り上げた俳優の教育法は、スタニスラフスキー・システムと呼ばれ世界に多大な影響を与えた。

経歴編集

19C後半のロシア演劇は悲惨な状態であった。演出無視など統制がない時代であり、紋切り型の慣例に従う稽古や演技がはびこる時代であった。その中でミハイル・シェープキンなどリアリズムを模索する俳優もいたが、体系化には至らなかった。

芝居が好きなモスクワの工場主の家に生まれる。正教古儀式派の信徒であり、古儀式派企業家のサッバ・モロゾフとは同窓生[1]。1878~1881年、ラザレフ研究所付属のギムナジウムで学び、その後一家の会社で働き始めた。演劇への試みは1877年に一家の中で始めていた。

1877年、兄弟姉妹を中心にアマチュア劇団を結成(アレクセーエフ一座)なおスタニスラフスキーは芸名である。

1885年、22歳で演劇学校に入るがこの学校で学べるものは何も無いと悟り三週間で辞める。この学校でグリケリア=フェドートワと出会い、後に様々なことを学ぶ。

1888年、文芸協会を設立。

この年、文芸協会が出来る前にマールイ劇場の団員と慈善公演を行う。スタニスラフスキーはこれがプロとの初めての仕事であった。その際にグリケリア・フェドートワと夫、フェドートフに再会。協会のためモリエールの「ジョルジュ・ダンダン」を上演しフェドートフに動きやジェスチャーを見せてもらう。


1897年7月22日、レストラン「スラヴィアンスキイ・バザール」からスタニスラフスキーの両親のリュビーモフカの別荘と場を移し18時間二人で話す。


1898年ネミロビチ・ダンチェンコ(1859年-1943年)、サッバ(サッワ)・モロゾフ(芸術座支援に影響力、劇場の赤字をすべて払うなど資本家。化学者でありロシア革命運動に共感する。照明操作監督を引き受けるなど演劇にも積極的)とともにモスクワ芸術座を結成し、ゴーリキーチェーホフなどの戯曲を上演した。最初の演目は1898年の皇帝フョ―ドルイワノヴィッチ。とくにモスクワ芸術座版『かもめ』『ハムレット』の上演が有名である。公演に関する最終決定はスタニスラフスキー、レパートリーと台本をダンチェンコが主に担当した。


1908年 モスクワ芸術座10周年の際に、シェープキンを継ぐと公に発表する。

1911年スタニスラフスキーシステムの原型が確立。

1912年 第一スタジオ設立 協力者スレルジツキーが指導を行った。これによりシステムが誰でも教えられる公式化した。

1920年 モスクワ芸術座は国に強制的にアカデミックとされる。

1928年、心臓病のため俳優はやめた。またスターリンによる1930年代の見せしめ裁判や粛清を生き延びる。


主著に自伝『芸術におけるわが生涯』(1926年)、『俳優の仕事』全3巻(1938年-1948年)。

表示の芸術と体験の芸術編集

スタニスラフスキーは、演劇において芸術と呼ぶことが出来るのは表示の芸術と体験の芸術であるとした。表示の芸術とは役の感情と動作を形で示すことであり=役を演じることである。対して体験の芸術は役の感情を心で体験することであり=役になりきることである。スタニスラフスキーは体験の芸術を重視し(表示を必要としない、としたわけでないため演じることを忘れるわけではない)スタニスラフスキーシステムを作り上げている。表示の芸術のように役を演じる俳優の代表例として、ブノワ・コンスタン・コクラン(18411909 フランス スタニスラフスキーは彼を形で示す俳優の代表とみている)や18世紀フランスの女優ル・クレロンがいる。体験の芸術のように役になりきる俳優としてはスタニスラフスキー以外に、19世紀イギリスのヘンリー・アーヴィングや18世紀フランスの女優デュメニル、老トマゾ・サルヴィーニ(18291915 イタリア スタニスラフスキーは彼の演技を見て役を生きることに関心をもったとする)

家族編集

合計12人の兄弟がおり、同じく演劇にかかわった兄弟がいる。

著書(日本語訳)編集

  • 『スタニスラーフスキイ自伝』 島田謹二訳、岩波文庫(上のみ),1942年。英訳版からの重訳
  • 『俳優と劇場の倫理』 土方与志訳、未來社, 1952年
  • 『身体的行動』 土方与志訳、未來社, 1953年
  • 『舞台の第一歩』 倉橋健訳、未來社, 1954年
  • 『俳優修業』 山田肇訳、未來社(第1・2部), 1955-1956年、新版1975年、1997年
    • 旧版・道統社, 1943年。創元社, 1951年
  • 『演出者と俳優』 牧原純訳、未來社, 1955年
  • 『俳優の仕事』 千田是也訳、理論社(全4巻), 1968-1971年
  • 『芸術におけるわが生涯』 蔵原惟人江川卓訳、岩波文庫(全3巻)、2008年
    • 旧版・蔵原惟人訳、岩波文庫(全3巻)、1953-1956年/江川卓による改訳版、岩波書店(全2巻)、1983年
    スタニスラフスキー自伝。裕福な家庭に生まれ、芸術に親しんだ幼少期から、演劇に情熱を燃やす青年期、スタニスラフスキー・システムの確立、劇団の分裂、ロシア革命の勃発・ソ連の成立という激動の時代を描いている。
  • 『俳優の仕事 第一部 俳優教育システム』 堀江新二・岩田貴・浦雅春安達紀子訳、未來社、2008-2009年
  • 『俳優の仕事 第二部 俳優教育システム』 堀江新二 ・岩田貴・安達紀子
  • 『俳優の仕事 第三部 俳優の役に対する仕事』 堀江新二・岩田貴・安達紀子
    スタニスラフスキー・システムの理論書。山田訳『俳優修業』は、英訳版からの重訳。上記はロシア語原版から新訳。山田訳に未収録のエピソード、原註、草稿も収録。

関連訳書・参考文献編集

  • ジーン・ベネディティ 『スタニスラフスキー伝 1863‐1938』(高山図南雄、高橋英子訳、晶文社、1997年)
  • 同『演技 創造の実際 スタニスラフスキーと俳優』(高山図南雄、高橋英子訳、晩成書房、2001年)
  • 同『スタニスラフスキー入門』(松本永実子訳、而立書房、2008年)
  • セルゲイ・チェルカッスキー『スタニスラフスキーとヨーガ』(堀江新二訳、未来社、2015年)
  • レオニード・アニシモフ 『スタニスラフスキーへの道』 (遠坂創三、上世博及訳、未知谷、2016年)
  • リー・ストラスバーグ著『メソードへの道』(劇書房 1989年)
  • 堀江新二 ナタリヤ・スタローセリスカヤ 松川直子 東山咲子著『ロシア演劇の魅力』(東洋書店 2002年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 下斗米伸夫『ロシアとソ連 歴史に消された者たち 古儀式派が変えた超大国の歴史』(151頁)