コンスタンティヌスの公衆浴場

コンスタンティヌスの公衆浴場は、南フランスの古都アルルに現存する古代ローマ時代の公衆浴場跡。4世紀にローマ皇帝コンスタンティヌス1世がアレラーテ(現在のアルル)に逗留していた際に建造されたものである。トルイユ公衆浴場 (Thermes de la Trouille) とも呼ばれる。

Arles Thermes de Constantin 1.jpg
Arles Thermes de Constantin 2 Voute caldarium.jpg
Arles Thermes de Constantin 3 hypocauste.jpg

元々は宮殿、体操場、水風呂(フリジダリウム)、ぬるま湯風呂(テピダリウム)、熱湯風呂(カルダリウム)、サウナ風呂プールなどが設置されていた大浴場であったが、現存するのはぬるま湯風呂、熱湯風呂、サウナ風呂、およびそれらの後部に設置されていた半円状のプールの遺構だけである。それらは、19世紀になって発掘されたが、その時には古代ローマ時代の宮殿跡と認識されていた。

現在は、「コンスタンティヌスの公衆浴場」の名で、世界遺産アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一部として登録されている。

関連項目編集