コンスタンティヌス朝

ローマ帝国の王朝

コンスタンティヌス朝(コンスタンティヌスちょう、305年 - 363年)は、ローマ帝国王朝。最初に単独皇帝となったコンスタンティヌス1世の名を採って呼ばれる。『ローマ皇帝群像』によると、王朝の祖コンスタンティウス・クロルスダルダニアからきた貴族エウトロピウスと、皇帝クラウディウス2世や皇帝クィンティッルスの姪クラウディアとの間に生まれた息子とされている[1]。ただし歴史家の多くは、この系譜はコンスタンティヌス家によるプロパガンダの結果として粉飾された可能性が高く、地位が高い2人の末裔に見せかけたかったのだろうという結論を下し、実際の出自は不明としている[2][3]

コンスタンティヌス朝皇帝一覧編集

系図編集

 
 
 
 
 
ヘレナ
 
 
 
 
 
コンスタンティウス・クロルス
西方正帝
 
 
 
 
テオドラ
マクシミアヌスの義理の娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミネルウィナ
 
 
 
 
コンスタンティヌス1世
 
 
 
 
ファウスタ
マクシミアヌス娘)
 
フラウィウス・ダルマティウス
 
 
 
 
 
ユリウス・コンスタンティウス
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティア
 
リキニウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスプス
 
コンスタンティヌス2世
 
コンスタンティウス2世
 
コンスタンス1世
 
ダルマティウス
 
ハンニバリアヌス
 
コンスタンティウス・ガッルス
 
 
ユリアヌス
 
リキニウス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラティアヌス
 
コンスタンティア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マグネンティウス
 
ユスティナ
 
ウァレンティニアヌス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウァレンティニアヌス朝

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ランソン2012、pp.51-52。
  2. ^ ランソン2012、p.15。
  3. ^ ランソン2012、pp.51-52。

参考文献編集

  • ベルトラン・ランソン『コンスタンティヌス -その生涯と治世』大清水裕訳、白水社、2012年。ISBN 9784560509678

関連項目編集