コンスタンティノス・ドゥーカス (アンゲロス)

コンスタンティノス・ドゥーカスアンゲロス)(Κωνσταντίνος Δούκας, Konstantinos Doukas, ? - 1303年)は、東ローマ帝国の地方政権テッサリア君主国の支配者、尊厳公(在位:1289年3月 - 1303年)。ヨハネス1世ドゥーカスの次子。中世ギリシア語表記ではコンスタンディノス・ドゥカス

コンスタンティノス・ドゥーカス
Κωνσταντίνος Δούκας
テッサリア尊厳公
在位 1289年3月 - 1303年

死去 1303年
子女 ヨハネス2世
家名 アンゲロス家
王朝 コムネノス・ドゥーカス朝
父親 ヨハネス1世ドゥーカス
テンプレートを表示

生涯編集

1289年、父ヨハネス1世死去に際し、長男ミカエル・コムネノス(1307年没)は、1283年以来コンスタンティノポリスに抑留されてしまっていた為、次男コンスタンティノスがテッサリア君主国の支配権を継承した。若年であった為、当初はエピロス専制公ニケフォロス1世ドゥーカスの妃アンナの後見の許に置かれた。その後末弟テオドロス・アンゲロスと協力してテッサリアの独立維持に力を注ぐ。特に、姉妹ヘレネの夫であるアテネ公ギヨーム・ド・ラ・ロシュ及びその息子ギイ2世ド・ラ・ロシュと共に反東ローマ帝国同盟を形成し、東ローマの影響力を排除した。

死期が近づくと、コンスタンティノスは配下の有力者を集め、アテネ公ギイ2世を幼い息子・後継者ヨハネス2世の後見人として迎えるようにとの命令を下した。1303年、コンスタンティノス、弟テオドロスは相次いで亡くなったが、有力者達はこの命令を遵守してアテネ公に仕え、東ローマのテッサリア遠征を迎え撃ったアテネ公の軍隊に加わり、テッサリア君主国の独立を維持した。

先代
ヨハネス1世ドゥーカス
テッサリア尊厳公
1289年 - 1303年
次代
ヨハネス2世ドゥーカス