コンスタンティン・シルヴェストリ

コンスタンティン・シルヴェストリ(Constantin Silvestri, 1913年5月31日 - 1969年2月23日)は、ルーマニア出身の指揮者作曲家

コンスタンティン・シルヴェストリ
生誕 (1913-05-31) 1913年5月31日
出身地  ルーマニアブカレスト
死没 (1969-02-23) 1969年2月23日(55歳没)
学歴 ブカレスト国立音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家

略歴編集

ブカレストに生まれ、ブカレスト国立音楽大学に学ぶ。1930年指揮者としてデビューし、ルーマニア国立放送管弦楽団の首席指揮者、ジョルジェ・エネスク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を歴任。1963年にはイギリスボーンマス交響楽団の首席指揮者となる。1967年イギリスに帰化し、ロンドンで没す。また1948年から1956年にはブカレスト国立音楽大学で教鞭を取り、セルジュ・コミッショーナメンディ・ロダンイオシフ・コンタミルチャ・クリステスクパウル・ポペスク等を育てた。1964年に来日、NHK交響楽団を指揮した。

レパートリー編集

チャイコフスキードヴォルザークなどの国民楽派から、ロマン派・近代音楽までの範囲を主なレパートリーとしていた。フランス国立放送管弦楽団を指揮しフランスADFディスク大賞を獲得したドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」は個性的な名演として日本でも有名である。

演奏編集

非常に個性的な演奏をすることで知られており、出来不出来も激しかった(N響客演時にも、楽員の間で賛否が割れたという)が、時にはナイーヴな表情を見せることもあった。近年はEMIとの全録音[1]や、前記のN響客演時の録音、ルーマニア時代のショスタコーヴィチ交響曲第10番の録音[2]が復刻されている。

作曲編集

作曲家としては管弦楽や、室内楽、器楽曲、歌曲などを残している。代表作は弦楽オーケストラのための3つの小品。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ https://www.hmv.co.jp/product/detail/5335489
  2. ^ https://www.hmv.co.jp/product/detail/5258100
先代:
ジョルジェ・ジョルジェスク
ジョルジェ・エネスク・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1945年 - 1953年
次代:
ジョルジェ・ジョルジェスク
先代:
イオネル・ペルレア
ルーマニア国立放送管弦楽団
音楽監督
1953年 - 1958年
次代:
イオシフ・コンタ
先代:
チャールズ・グローヴズ
ボーンマス交響楽団
音楽監督
1961年 - 1969年
次代:
パーヴォ・ベルグルンド