メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はベルナットです。

インマクラーダ・コンセプション・"コンチタ"・マルティネス・ベルナットInmaculada Concepción "Conchita" Martínez Bernat, 1972年4月16日 - )は、スペインウエスカ県モンソン出身の女子プロテニス選手。1994年ウィンブルドン女子シングルス優勝者である。1歳年上のアランチャ・サンチェス・ビカリオとともに、長年にわたりスペインの女子テニス界をリードしてきた2強豪であった。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス7位。WTAツアーでシングルス33勝、ダブルス13勝を挙げた。身長170cm、体重59kg、右利き。コンチタは、コンセプションの愛称形のコンチャに縮小辞が付いたものである。「マルチネス」の表記揺れも多い。

コンチタ・マルティネス
Conchita Martínez
Tennis pictogram.svg
Conchita Martínez at the 2010 US Open 02-2.jpg
コンチタ・マルティネス
基本情報
フルネーム Inmaculada Concepción
Martínez Bernat
愛称 コンチタ
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 ウエスカ県モンソン
生年月日 (1972-04-16) 1972年4月16日(47歳)
身長 170cm
体重 59kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 2006年
ツアー通算 46勝
シングルス 33勝
ダブルス 13勝
生涯通算成績 1153勝529敗
シングルス 739勝297敗
ダブルス 414勝232敗
生涯獲得賞金 $11,527,977
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1998)
全仏 準優勝(2000)
全英 優勝(1994)
全米 ベスト4(1995・96)
優勝回数 1(英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1998・2002)
全仏 準優勝(1992・2001)
全英 ベスト8(1995・2003)
全米 ベスト4(2005)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(1991・93-95・98)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(1995年10月30日)
ダブルス 7位(1993年1月11日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
1992 バルセロナ ダブルス
2004 アテネ ダブルス
1996 アトランタ ダブルス

目次

来歴編集

1988年2月にプロ入りし、すぐに世界的な活躍を始める。1989年全仏オープンに17歳5ヶ月で初優勝したサンチェスに刺激されて、マルティネスもめきめきと頭角を現した。赤土の多いスペインで育った選手らしく、マルティネスも長い間“クレーコート巧者”の印象が強かったが、1994年に芝生のウィンブルドン選手権で初の4大大会決勝進出を果たす。その決勝戦で、マルティネスは同選手権で10勝目を狙ったマルチナ・ナブラチロワを 6-4, 3-6, 6-3 のフルセットで破り、スペインの女子テニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になった。当時37歳のナブラチロワはこの大会を「最後のウィンブルドン出場」にすると明言していたが、ここで“有終の美”を飾ることはできなかった。

1995年にマルティネスは世界ランキングを自己最高の2位に上げ、すべての4大大会で準決勝に勝ち残った。通算対戦成績でシュテフィ・グラフに1勝13敗、モニカ・セレシュに1勝20敗と分が悪く準決勝で敗退することが多かった。

1998年全豪オープンで4年ぶり2度目の4大大会決勝進出を果たしたが、当時17歳の最年少女王マルチナ・ヒンギスに 3-6, 3-6 で敗れる。2000年全仏オープンで3度目の4大大会決勝に進出した時は、地元フランスマリー・ピエルスに 2-6, 5-7 で敗れた。マルティネスは2度、4大大会2冠のチャンスを逃したことになる。

サンチェスとマルティネスのコンビは、女子国別対抗戦・フェドカップにて無敵の強さを発揮した。1991年1993年-1995年の3連覇、1998年の5度優勝を飾っている。3連覇を達成した時期は、2人の選手生活の全盛期でもあった。最後の1998年には決勝でスイスジュネーヴに行き、敵地でマルチナ・ヒンギスパティ・シュナイダーのコンビを破って優勝した。

ライバルのサンチェスが2002年に31歳で現役を引退した後、マルティネスは2004年アテネ五輪女子ダブルスで、ビルヒニア・ルアノ・パスクアルとのペアで銀メダルを獲得した。女子ダブルス決勝では、中国ペアの李婷&孫甜甜組に 3-6, 3-6 のストレートで敗れている。2005年度もシングルス1勝とダブルス2勝があったが、2006年4月15日、34歳の誕生日の前日に現役引退を表明した。同性愛者であることが報道されている[1]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 55回 (33勝22敗)編集

大会グレード
グランドスラム (1–2)
ツアー選手権 (0–0)
ティア I (9–4)
ティア II (7–10)
ティア III (5–4)
ティア IV & V (11–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1988年8月8日   ソフィア ハード (室内)   バルバラ・パウルス 6–1, 6–2
優勝 2. 1989年2月6日   ウェリントン ハード   ジョー=アン・ファウル 6–1, 6–2
優勝 3. 1989年4月17日   タンパ クレー   ガブリエラ・サバティーニ 6–3, 6–2
準優勝 1. 1989年5月28日   ジュネーヴ クレー   マニュエラ・マレーバ=フラニエール 4–6, 0–6
優勝 4. 1989年9月11日   フェニックス ハード   エリス・バージン 3–6, 6–4, 6–2
準優勝 2. 1989年10月22日   バイヨンヌ ハード (室内)   カテリナ・マレーバ 2–6, 2–6
優勝 5. 1990年9月17日   パリ クレー   パトリシア・タラビーニ 7–5, 6–3
優勝 6. 1990年10月15日   フェニックス ハード   マリアン・ワーデル 7–5, 6–1
優勝 7. 1990年11月5日   インディアナポリス ハード (室内)   レイラ・メスヒ 6–4, 6–2
優勝 8. 1991年4月22日   バルセロナ クレー   マニュエラ・マレーバ=フラニエール 6–4, 6–1
優勝 9. 1991年7月15日   キッツビュール クレー   ジュディス・ヴィースナー 6–1, 2–6, 6–3
優勝 10. 1991年9月16日   パリ クレー   イネス・ゴロチャテギ 6–0, 6–3
準優勝 3. 1992年3月1日   インディアンウェルズ ハード   モニカ・セレシュ 3–6, 1–6
準優勝 4. 1992年3月8日   ボカラトン ハード   シュテフィ・グラフ 6–3, 2–6, 0–6
準優勝 5. 1992年3月30日   ヒルトン・ヘッド クレー   ガブリエラ・サバティーニ 1–6, 4–6
優勝 11. 1992年7月6日   キッツビュール クレー   マニュエラ・マレーバ=フラニエール 6–0, 3–6, 6–2
準優勝 6. 1992年8月24日   サンディエゴ ハード   ジェニファー・カプリアティ 3–6, 2–6
優勝 12. 1993年1月10日   ブリスベン ハード   マグダレナ・マレーバ 6–3, 6–4
準優勝 7. 1993年2月28日   リンツ カーペット (室内)   マニュエラ・マレーバ=フラニエール 2–6, 0–1 途中棄権
優勝 13. 1993年3月22日   ヒューストン クレー   ザビーネ・ハック 6–3, 6–2
準優勝 8. 1993年4月19日   バルセロナ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ 1–6, 4–6
優勝 14. 1993年5月3日   ローマ クレー   ガブリエラ・サバティーニ 7–5, 6–1
優勝 15. 1993年7月26日   ストラットン・マウンテン ハード   ジーナ・ガリソン 6–3, 6–2
準優勝 9. 1993年10月31日   エッセン カーペット (室内)   ナタリア・メドベデワ 7–6(4), 5–7, 4–6
優勝 16. 1993年11月8日   フィラデルフィア カーペット (室内)   シュテフィ・グラフ 6–3, 6–3
優勝 17. 1994年3月28日   ヒルトン・ヘッド クレー   ナターシャ・ズベレワ 6–4, 6–0
優勝 18. 1994年5月2日   ローマ クレー   マルチナ・ナブラチロワ 7–6(4), 6–4
優勝 19. 1994年7月2日   ウィンブルドン   マルチナ・ナブラチロワ 6–4, 3–6, 6–3
優勝 20. 1994年7月31日   ストラットン・マウンテン ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ 4–6, 6–3, 6–4
準優勝 10. 1995年3月12日   デルレイビーチ ハード   シュテフィ・グラフ 2–6, 4–6
優勝 21. 1995年4月5日   ヒルトン・ヘッド クレー   マグダレナ・マレーバ 6–1, 6–1
優勝 22. 1995年4月3日   アメリアアイランド クレー   ガブリエラ・サバティーニ 6–1, 6–4
優勝 23. 1995年5月1日   ハンブルク クレー   マルチナ・ヒンギス 6–1, 6–0
優勝 24. 1995年5月8日   ローマ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ 6–3, 6–1
優勝 25. 1995年8月6日   サンディエゴ ハード   リサ・レイモンド 6–2, 6–0
優勝 26. 1995年8月13日   ロサンゼルス ハード   チャンダ・ルビン 4–6, 6–1, 6–3
準優勝 11. 1996年3月16日   インディアンウェルズ ハード   シュテフィ・グラフ 6–7(5), 6–7(5)
準優勝 12. 1996年4月29日   ハンブルク クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ 6–4, 6–7(4), 0–6
優勝 27. 1996年5月6日   ローマ クレー   マルチナ・ヒンギス 6–2, 6–3
優勝 28. 1996年10月28日   モスクワ カーペット (室内)   バルバラ・パウルス 6–1, 4–6, 6–4
準優勝 13. 1997年5月11日   ローマ クレー   マリー・ピエルス 4–6, 0–6
準優勝 14. 1997年7月27日   スタンフォード ハード   マルチナ・ヒンギス 0–6, 2–6
準優勝 15. 1998年1月31日   全豪オープン ハード   マルチナ・ヒンギス 3–6, 3–6
準優勝 16. 1998年4月12日   アメリアアイランド クレー   マリー・ピエルス 7–6(8), 0–6, 2–6
優勝 29. 1998年5月11日   ベルリン クレー   アメリ・モレスモ 6–4, 6–4
優勝 30. 1998年7月19日   ワルシャワ クレー   シルビア・ファリナ・エリア 6–0, 6–3
優勝 31. 1999年7月12日   ソポト クレー   カリナ・ハブスドバ 6–1, 6–1
準優勝 17. 2000年1月3日   ゴールドコースト ハード   シルビア・タラヤ 0–6, 6–0, 4–6
準優勝 18. 2000年4月16日   アメリアアイランド クレー   モニカ・セレシュ 3–6, 2–6
優勝 32. 2000年5月8日   ベルリン クレー   アマンダ・クッツァー 6–0, 6–3
準優勝 19. 2000年6月10日   全仏オープン クレー   マリー・ピエルス 2–6, 5–7
準優勝 20. 2002年9月29日   バリ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 6–3, 6–7(5), 5–7
準優勝 21. 2003年6月21日   イーストボーン   チャンダ・ルビン 4–6, 6–3, 4–6
準優勝 22. 2004年4月12日   チャールストン クレー   ビーナス・ウィリアムズ 6–2, 2–6, 1–6
優勝 33. 2005年2月6日   パタヤ ハード   アンナ=レナ・グローネフェルト 6–3, 3–6, 6–3

ダブルス: 41回 (13勝28敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1988年8月8日   ソフィア ハード
(室内)
  バルバラ・パウルス   サブリナ・ゴレシュ
  カテリナ・マレーバ
1–6, 6–1, 6–4
準優勝 1. 1989年7月17日   エストリル クレー   ガブリエラ・カストロ   イバ・ブダロバ
  レジナ・ラジチェコバ
2–6, 4–6
準優勝 2. 1992年3月8日   ボカラトン ハード   リンダ・ワイルド   ラリサ・ネーランド
  ナターシャ・ズベレワ
2–6, 2–6
優勝 2. 1992年4月20日   バルセロナ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   ナタリー・トージア
  ジュディス・ヴィースナー
6–4, 6–1
準優勝 3. 1992年6月6日   全仏オープン クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
3–6, 2–6
準優勝 4. 1992年7月28日   バルセロナ五輪 クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   ジジ・フェルナンデス
  メアリー・ジョー・フェルナンデス
5–7, 6–2, 2–6
準優勝 5. 1992年8月24日   サンディエゴ ハード   メルセデス・パス   ヤナ・ノボトナ
  ラリサ・ネーランド
1–6, 4–6
準優勝 6. 1992年10月19日   ブライトン カーペット (室内)   ラドカ・ズルバコバ   ラリサ・ネーランド
  ヤナ・ノボトナ
4–6, 1–6
準優勝 7. 1992年11月15日   フィラデルフィア カーペット (室内)   マリー・ピエルス   ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
1–6, 3–6
優勝 3. 1993年1月4日   ブリスベン ハード   ラリサ・ネーランド   キンバリー・ポー
  シャナン・マッカーシー
6–2, 6–2
準優勝 8. 1993年2月22日   リンツ カーペット (室内)   ジュディス・ヴィースナー   エウゲニア・マニオコワ
  レイラ・メスヒ
不戦敗
優勝 4. 1993年4月25日   バルセロナ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   マグダレナ・マレーバ
  マニュエラ・マレーバ=フラニエール
4–6, 6–1, 6–0
準優勝 9. 1993年11月14日   フィラデルフィア カーペット (室内)   ラリサ・ネーランド   マノン・ボーラグラフ
  カトリナ・アダムズ
6–2, 4–6, 7–6(7)
準優勝 10. 1994年7月25日   ストラットン・マウンテン ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   パム・シュライバー
  エリザベス・スマイリー
6–7(4), 6–2, 5–7
準優勝 11. 1995年5月7日   ハンブルク クレー   パトリシア・タラビーニ   ジジ・フェルナンデス
  マルチナ・ヒンギス
2–6, 3–6
準優勝 12. 1995年5月14日   ローマ クレー   パトリシア・タラビーニ   ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
6–3, 6–7(3), 4–6
優勝 5. 1996年8月19日   サンディエゴ ハード   ジジ・フェルナンデス   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ラリサ・ネーランド
4–6, 6–3, 6–4
準優勝 13. 1997年5月11日   ローマ クレー   パトリシア・タラビーニ   ニコル・アレント
  マノン・ボーラグラフ
2–6, 4–6
準優勝 14. 1997年7月27日   スタンフォード ハード   パトリシア・タラビーニ   リンゼイ・ダベンポート
  マルチナ・ヒンギス
1–6, 3–6
優勝 6. 1998年4月5日   ヒルトン・ヘッド クレー   パトリシア・タラビーニ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
3–6, 6–4, 6–4
優勝 7. 1999年4月5日   アメリアアイランド クレー   パトリシア・タラビーニ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
7–5, 0–6, 6–4
優勝 8. 1999年9月26日   東京 ハード   パトリシア・タラビーニ   アマンダ・クッツァー
  エレナ・ドキッチ
6–7(5), 6–4, 6–2
準優勝 15. 2000年4月23日   ヒルトン・ヘッド クレー   パトリシア・タラビーニ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
5–7, 3–6
優勝 9. 2000年5月14日   ベルリン クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   コリーナ・モラリュー
  アマンダ・クッツァー
3–6, 6–2, 7–6(7)
優勝 10. 2001年4月15日   アメリアアイランド クレー   パトリシア・タラビーニ   マルチナ・ナブラチロワ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–4, 6–2
準優勝 16. 2001年6月10日   全仏オープン クレー   エレナ・ドキッチ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
2–6, 1–6
準優勝 17. 2002年4月7日   サラソタ クレー   エルス・カレンズ   エレナ・ドキッチ
  エレーナ・リホフツェワ
7–6(5), 3–6, 3–6
準優勝 18. 2002年5月19日   ローマ クレー   パトリシア・タラビーニ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
3–6, 4–6
準優勝 19. 2002年7月28日   スタンフォード ハード   ヤネッテ・フサロバ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
1–6, 1–6
準優勝 20. 2003年1月12日   シドニー ハード   レネ・スタブス   キム・クライシュテルス
  杉山愛
3–6, 3–6
準優勝 21. 2003年4月13日   チャールストン クレー   ヤネッテ・フサロバ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
0–6, 3–6
優勝 11. 2004年2月28日   ドバイ ハード   ヤネッテ・フサロバ   スベトラーナ・クズネツォワ
  エレーナ・リホフツェワ
6–0, 1–6, 6–3
準優勝 22. 2004年3月5日   ドーハ ハード   ヤネッテ・フサロバ   スベトラーナ・クズネツォワ
  エレーナ・リホフツェワ
6–7(4), 2–6
準優勝 23. 2004年5月3日   ベルリン クレー   ヤネッテ・フサロバ   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
2–6, 6–2, 1–6
準優勝 24. 2004年7月19日   ロサンゼルス ハード   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
7–6(2), 4–6, 3–6
準優勝 25. 2004年8月22日   アテネ五輪 ハード   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   孫甜甜
  李婷
3–6, 3–6
優勝 12. 2005年4月17日   チャールストン クレー   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   イベタ・ベネソバ
  クベタ・ペシュケ
6–1, 6–4
優勝 13. 2005年8月7日   サンディアゴ ハード   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   ダニエラ・ハンチュコバ
  杉山愛
6–7(7), 6–1, 7–5
準優勝 26. 2005年8月21日   トロント ハード   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   アンナ=レナ・グローネフェルト
  マルチナ・ナブラチロワ
7–5, 3–6, 4–6
準優勝 27. 2005年10月9日   バンコク ハード   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   浅越しのぶ
  ヒセラ・ドゥルコ
1–6, 5–7
準優勝 28. 2005年10月30日   リンツ ハード
(室内)
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル   ヒセラ・ドゥルコ
  クベタ・ペシュケ
2–6, 3–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A 2R A A 4R 4R QF SF QF 4R F 3R SF 2R 2R 1R 1R 1R 38–15
全仏オープン 4R QF QF QF QF QF SF SF SF 4R 4R QF F 3R 2R QF 2R 1R 62–18
ウィンブルドン A A A A 2R SF W SF 4R 3R 3R 3R 2R QF 3R 3R 1R 3R 38–13
全米オープン 1R 4R 3R QF 1R 4R 3R SF SF 3R 4R 4R 3R A 2R 2R 1R 1R 36–17

脚注編集

  1. ^ Team LGBT: Gay Athletes In Olympic History”. The Advocate (2012年7月28日). 2018年4月5日閲覧。

外部リンク編集