コンテキスト (情報工学)

情報工学においてコンテキスト: Context)とは、タスクプロセスまたはスレッドも含む)によって使用されるデータの最小セットである。

概要編集

タスクが中断する場合、タスクが再開された際にタスクを継続するため、実行中のタスクの内容を保存しておく必要がある。そのためにプログラムの実行中の内容を保存するために使用するのがコンテキストである。 コンテキストはタスクの割り込みが発生する場合に重要である。 割り込みが発生するとプロセッサはタスクを中断してコンテキストを保存し、割り込みハンドラ(ISR)が動作する。 従って、コンテキストが小さいほど、より小さな待ち時間となる。

コンテキスト・データは、プロセッサレジスタ、タスクによって使用されるメモリ、またはタスクを管理するためのオペレーティングシステムが使用する制御レジスタ内に配置できる。

ストレージメモリ(タスクで使用されるファイル)はコンテキストスイッチの場合は「タスクコンテキスト」を懸念しない。

関連項目編集

外部リンク編集