メインメニューを開く

コンテンツツーリズム

コンテンツツーリズム(Contents tourism)とは、コンテンツの舞台である土地を訪れる観光行動の総称である[1]。ここでいうコンテンツには文学映画テレビドラマ、あるいは漫画アニメなどが含まれる。

映画のロケ地を巡る「フィルムツーリズム」「シネマツーリズム」、アニメなどサブカルチャーコンテンツの舞台を訪問する「聖地巡礼」など、コンテンツ毎に区別して語られることもある。

「コンテンツツーリズム」という用語の初出は、国土交通省経済産業省文化庁の3省庁による「映像等コンテンツの制作・活用による地域振興のあり方に関する調査報告書[2]」内に見られる。この報告書は2005年に発表された。

目次

日本におけるコンテンツツーリズム史編集

前史編集

コンテンツツーリズムの具体的な起源は明らかになっていないが、少なくとも和歌における歌枕の存在までさかのぼることができる。中世以降も紀行文を中心として、さまざまな媒体で「物語」と「旅」が結び付けられていく。十返舎一九による『東海道中膝栗毛』は、滑稽本としてだけでなく伊勢参りのガイドブックとしての役割も果たした。

戦後編集

大衆映画の流行やテレビの普及をきっかけとして、映像作品のロケ地を訪れる観光が行われるようになる。20世紀以降の日本では、メジャーな観光形態となっている[1]2000年には大阪市に日本初のフィルム・コミッションが設立された[3]。これ以降、国内各地で映画やテレビドラマ、テレビCMのロケ地誘致が盛んとなった。

2000年代半ば以降、漫画やアニメの舞台と比定されるモデル地を宗教上の聖地になぞらえた「聖地巡礼」が流行し、メディアにも取り上げられるようになった。

脚注編集

  1. ^ a b 岡本亮輔「聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで」中央公論新社、中公新書2306、2015年 ISBN 978-4-12-102306-3
  2. ^ 映像等コンテンツの制作・活用による地域振興のあり方に関する調査
  3. ^ 大阪フィルム・カウンシル

関連項目編集

外部リンク編集