コンテ・カンドリ

アメリカのジャズ・トランペッター

コンテ・カンドリConte Candoli1927年7月12日[2] - 2001年12月14日)は、西海岸を拠点とするアメリカジャズ・トランペッター。ウディ・ハーマンスタン・ケントンベニー・グッドマンディジー・ガレスピーのビッグ・バンドで演奏したり、ジョニー・カーソンがホストを務める『ザ・トゥナイト・ショー』においてドク・セヴェリンセン率いるNBCオーケストラで演奏したりした。彼はジェリー・マリガンと共演し、フランク・シナトラのテレビ特番にも出演している。また、サックスのクインテット、リズム・セクション、およびトランペットまたはトロンボーンのいずれかで構成される、チャーリー・パーカーのトリビュート・バンドであるスーパーサックスでレコーディングを行った。

コンテ・カンドリ
Conte Candoli
Portrait of Conte Candoli.jpg
基本情報
出生名 Secondo Candoli
生誕 (1927-07-12) 1927年7月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州ミシャワカ
死没 (2001-12-14) 2001年12月14日(74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パームデザート
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 トランペット
活動期間 1943年 - 2001年
共同作業者 カンドリ・ブラザース[1]ザ・トゥナイト・ショー・バンド
公式サイト www.candoli.com

略歴編集

コンテ・カンドリはトランペッターのピート・カンドリの弟であった[2]。アメリカ合衆国インディアナ州ミシャワカ生まれ[2]。1943年の夏、ミシャワカ高校に在学中、セコンド・"コンテ"・カンドリは、ウディ・ハーマンのファースト・ハード (First Herd)に在籍した[3]。1945年に卒業した後、彼はバンドにフルタイムで参加し、トランペット・セクションに兄のピートと並んで座った[2]。コンテはすぐツアーに出て、ハーマン、スタン・ケントン[2]ベニー・グッドマンディジー・ガレスピーらと一緒に、それから10年間にわたって在籍した。

1954年、スタン・ケントンから離れたカンドリは、サイドマンのチャビー・ジャクソンフランク・ロソリーノ、ルー・レヴィと共に自身のグループを結成した。彼はすぐロサンゼルスに移り、ショーティー・ロジャースバド・シャンク、ボブ・クーパーと共にライトハウス・オールスターズに参加し、4年間在籍した。

カンドリと『ザ・トゥナイト・ショー』との長い関係は1967年に始まり、ジョニー・カーソンが1972年にショーをカリフォルニア州バーバンクに移したとき、彼はオーケストラのトランペット・セクションの常連となった。ショーを行い、彼が望んでいたすべてのスタジオ作業を行い、時折コンサートやクリニックを行っている。「1986・ウィチタ・ジャズ・フェスティバル」にて、ジェローム・リチャードソン、バーニー・ケッセル、モンティ・アレクサンダーと共に、WJFオールスターとして1986年にカンザス州へと足を踏み入れた。カーソンが1992年に引退した後も、時どきドク・セヴェリンセンとツアーを行い、自身のソロ演奏を楽しんだ。

彼の演奏力は、ジェリー・マリガンシェリー・マン、テリー・ギブス、テディ・エドワーズ、ビング・クロスビーサミー・デイヴィス・ジュニアサラ・ヴォーンなどショー・ビジネスのトップ・ネームとの演奏やレコーディングの機会を彼にもたらした。さまざまなオーケストラと共に多くの映画に出演し、フランク・シナトラのすべてのテレビ特番に出演した。

カンドリは1997年に、インターナショナル・ジャズ・ホール・オブ・フェイムに、殿堂入りした。彼はカリフォルニア州パームデザートにて74歳で前立腺癌によって亡くなった[4]

メンバーとして在籍したバンド編集

 
バッハ・ダンシング & ダイナマイト・ソサエティでのカンドリ。カリフォルニア州ハーフムーンベイ(1988年)
バンド 在籍年
ウディ・ハーマンズ・ファースト・ハード 1943年夏
1945年 –
チャビー・ジャクソンのフィフス・ディメンショナル・ジャズ・グループ
スタン・ケントン 1948年
チャーリー・ヴェンチュラの「バップ・フォー・ザ・ピープル」 1949年
スタン・ケントン 1951年–1954年
テリー・ギブス・ドリーム・バンド
ジェリー・マリガンのコンサート・ジャズ・バンド 1960年–1961年
ハワード・ラムゼイのライトハウス・オールスターズ 1956年–1960年
スーパーサックス
ザ・トゥナイト・ショー・バンド 1967年–1972年 (ゲスト)
1972年–1992年 (レギュラー)
カンドリ・ブラザース 1957年–1962年

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『シンシアリー・コンテ』 - Sincerely, Conte Candoli (1954年)
  • 『トゥーツ・スイート』 - Toots Sweet (1955年) ※『パワーハウス・トランペット』として再発あり
  • 『ウエスト・コースト・ウェイラーズ』 - West Coast Wailers (1955年)
  • Groovin' Higher: Conte Candoli Quintet (1955年)
  • Groovin' High: Conte Candoli, Vol. 2 (1955年)
  • 『コンテ・カンドリ・カルテット』 - Conte Candoli Quartet (1957年)
  • 『ムーチョ・カラー』 - Mucho Calor (1957年) ※with アート・ペッパーラス・フリーマン、ベン・タッカー、ビル・パーキンス、チャック・フローレス
  • 『リトル・バンド、ビッグ・ジャズ』 - Little Band Big Jazz (1960年)
  • 『復活』 - Conversation (1974年) ※with フランク・ロソリーノ
  • Old Acquaintance (1985年) ※with フィル・ウッズ
  • Fine and Dandy (1987年) ※コンピレーション
  • Sweet Simon (1992年)
  • 『シンキング・オブ・ユー』 - Thinking Of You (1993年) ※with レイン・デ・グラーフ、ボブ・クーパー
  • Meets the Joe Haider Trio (1994年)
  • Portrait of a Count (1966年)
  • Candoli Live (2002年)
  • The Complete Phoenix Recordings, Vol. 1 (2002年) ※コンピレーション

カンドリ・ブラザース編集

  • 『ザ・ブラーズ・カンドリ』 - The Brothers Candoli (1957年、Dot)
  • Bell, Book, and Candoli (1959年、Dot)
  • 『2・フォー・ザ・マネー』 - 2 for the Money (1959年、Mercury)
  • There Is Nothing Like a Dame (1962年、Warner Bros.)
  • Candoli Brothers (1978年、Dobre) ※日本盤はピート・カンドリ『フロム・ザ・トップ』に2in1として収録
  • 『エコー』 - Echo (1983年、Atlas)
  • Two Brothers (1999年、Hindsight)

参加アルバム編集

スタン・ケントン

  • Popular Favorites by Stan Kenton (1953年、Capitol)
  • Sketches on Standards (1953年、Capitol)
  • This Modern World (1953年、Capitol)
  • 『ポートレイツ・オン・スタンダーズ』 - Portraits on Standards (1953年、Capitol)
  • 『ザ・ケントン・エラ』 - The Kenton Era (1955年、Capitol) ※1940年–1954年録音
  • Kenton / Wagner (1964年、Capitol)
  • The Innovations Orchestra (1997年、Capitol) ※1950年–1951年録音

シェリー・マン

  • 『シェリー・マンのピーター・ガン』 - Shelly Manne & His Men Play Peter Gunn (1959年、Contemporary)
  • 『アット・ザ・マン・ホール』 - Ruth Price with Shelly Manne & His Men at the Manne-Hole (1961年、Contemporary) ※with ルース・プライス
  • 『シェリー・マン&ヒズ・メン・アット・ザ・マンホール』 - Live! Shelly Manne & His Men at the Manne-Hole (1961年、Contemporary)
  • Shelly Manne & His Men Play Checkmate (1961年、Contemporary)
  • 『マイ・フェア・レディ』 - My Fair Lady with the Un-original Cast (1964年、Capitol)
  • Manne–That's Gershwin! (1965年、Capitol)
  • 『ボス・サウンズ!』 - Boss Sounds! (1966年、Atlantic)
  • 『ジャズ・ガン』 - Jazz Gunn (1967年、Atlantic)
  • Perk Up (1976年、Concord Jazz) ※1967年録音

ショーティー・ロジャース

  • 『マーシャンズ・カム・バック』 - Martians Come Back! (1956年、Atlantic)
  • 『ウェイ・アップ・ゼア』 - Way Up There (1957年、Atlantic)
  • Shorty Rogers Plays Richard Rodgers (1957年、RCA Victor)
  • Portrait of Shorty (1957年、RCA Victor)
  • Chances Are It Swings (1958年、RCA Victor)
  • The Swingin' Nutcracker (1960年、RCA Victor)
  • The Music From An Invisible Orchard (1997年、RCA Victor) ※1961年録音

ラロ・シフリン

  • Jazz Suite on the Mass Texts (1965年、RCA Victor) ※with ポール・ホーン
  • 『モア・スパイ大作戦』 - More Mission: Impossible (1968年、Paramount)
  • Mannix (1968年、Paramount)

その他

  • マニー・アルバム & アーニー・ウィルキンス : 『ドラム組曲』 - The Drum Suite (1956年、RCA Victor)
  • チェット・ベイカー : 『チェット・ベイカー・ビッグ・バンド』 - Chet Baker Big Band (1956年、Pacific Jazz)
  • ルイ・ベルソン : 『ライヴ・アット・ザ・サミット』 - Big Band Jazz from the Summit (1962年、Roulette)
  • エルマー・バーンスタイン : 『黄金の腕』 - The Man with the Golden Arm (1956年、Decca) ※映画『黄金の腕』サウンドトラック
  • バディ・ブレグマン : 『スウィンギン・キックス』 - Swinging Kicks (1957年、Verve)
  • ボブ・クーパー : Coop! The Music of Bob Cooper (1958年、Contemporary)
  • ソニー・クリス : 『ソニーズ・ドリーム』 - Sonny's Dream (1968年、Prestige)
  • テディ・エドワーズ : Feelin's (1974年、Muse)
  • ヴィクター・フェルドマン : Latinsville! (1960年、Contemporary)
  • メイナード・ファーガソン : 『ディメンションズ』 - Dimensions (1955年、EmArcy)
  • メイナード・ファーガソン : Maynard Ferguson Octet (1955年、EmArcy)
  • クレア・フィッシャー : 『マンテカ』 - Manteca! (1965年、Pacific Jazz)
  • クレア・フィッシャー : 『シソーラス』 - Thesaurus (1969年、Atlantic)
  • ギル・フラー : Night Flight (1965年、Pacific Jazz)
  • スタン・ゲッツ : 『ウェスト・コースト・ジャズ』 - West Coast Jazz (1955年、Norgran)
  • スタン・リーヴィー : 『今こそドラムを叩く時』 - This Time The Drum's On Me (1955年、Bethlehem)
  • ディジー・ガレスピー : 『ニュー・コンチネント』 - The New Continent (1962年、Limelight)
  • ジャック・モントローズ : 『ジャック・モントローズ・セクステット』 - Jack Montrose Sextet (1955年、Pacific Jazz)
  • フランク・モーガン : 『フランク・モーガン・オン・GNP』 - Frank Morgan (1955年、Gene Norman Presents)
  • ジェリー・マリガン : 『マリガン・コンサート・ジャズ・バンド』 - The Concert Jazz Band (1960年、Verve)
  • ジェリー・マリガン : 『コンサート・ジャズ・バンド・オン・ツアー・ウィズ・ズート・シムズ』 - Gerry Mulligan and the Concert Jazz Band on Tour (1962年、Verve)
  • ジョー・ニューマン : 『サルート・トゥ・サッチ』 - Salute to Satch (1956年、RCA Victor)
  • ジャック・ニッツェ : Heart Beat (Soundtrack) (1980年、Capitol)
  • アニタ・オデイ : 『クール・ヒート』 - Cool Heat (1959年、Verve)
  • アート・ペッパー : 『ゲッティン・トゥゲザー』 - Gettin' Together (1958年、Contemporary)
  • ベティ・ロシェ : 『A列車で行こう』 - Take the "A" Train (1956年、Bethlehem)
  • ピート・ルゴロ : Ten Trumpets and 2 Guitars (1961年、Mercury)
  • バド・シャンク : 『風のささやき』 - Windmills of Your Mind (1969年、Pacific Jazz) ※with ミシェル・ルグラン
  • ジェラルド・ウィルソン : 『黄金の剣』 - The Golden Sword (1966年、Pacific Jazz)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ザ・ブラーズ・カンドリ」の表記もある。
  2. ^ a b c d e Colin Larkin, ed (1992). The Guinness Who's Who of Jazz (First ed.). Guinness Publishing. pp. 74/5. ISBN 0-85112-580-8 
  3. ^ “Conte Candoli, 74, Trumpeter for 'Tonight'”. The New York Times. (2001年12月21日). https://www.nytimes.com/2001/12/21/arts/conte-candoli-74-trumpeter-for-tonight.html 
  4. ^ Thurber, Jon (2001年12月16日). “Conte Candoli, 74; Trumpeter Played in 'Tonight Show' Band”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2001/dec/16/local/me-15404 

外部リンク編集