コンデル・パーク (ニューサウスウェールズ州)

コンデル・パーク英語: Condell Park)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州バンクスタウン市英語版郊外の、シドニー中心業務地区の22km南西に位置し、南西シドニー英語版地区の一部である。コンデル・パークの郵便番号は2200であり、バンクスタウン、バンクスタウン空港、マウント・ルイスと共有している[2]

コンデル・パーク
シドニーニューサウスウェールズ州
Condellshopsglam.JPG
シマト・アベニューから北を見た夜のコンデル・パークのショッピングセンター
コンデル・パークの位置(ニューサウスウェールズ州内)
コンデル・パーク
コンデル・パーク
座標南緯33度55分30秒 東経151度00分28秒 / 南緯33.92498度 東経151.00769度 / -33.92498; 151.00769座標: 南緯33度55分30秒 東経151度00分28秒 / 南緯33.92498度 東経151.00769度 / -33.92498; 151.00769
人口10,417人 [1]
郵便番号2200
位置シドニーCBDより南西21km (13mi)
地域自治体バンクスタウン市英語版
州選挙区イースト・ヒルズ
代議院選出地区ブラックランド
コンデル・パーク周辺のサバーブ:
バス・ヒル ジョージズ・ホール ヤグーナ
バンクスタウン空港 コンデル・パーク バンクスタウン
ミルペラ リヴェスビー パドストウ

歴史編集

コンデル・パークは、1829年5月8日に13人の開拓者と共にバークのスウィフトシャー号で辿り着いたエンジニア、オースリー・コンデルに因んで命名された。彼は、公共事業による土地の割り当てで、1830年に4つのロットに隣接する50-エーカー (200,000 m2)の土地を与えられ、コンデル・パークと呼んだ[3]

シマト・アベニュー・コンデル・パークに位置するブラック・チャーリーズ・ヒルは、愛称が「ブラック・チャーリー」であった者に因んで名付けられた。彼の本名は、チャールズ・ルソンあるいはチャールズ・ロペスだったと言われ、アボリジニが祖先である。彼は、サウス・ヤグーナのエドガー・ストリート付近に住んでおり、1900年代初期に、このエリアの他のものが育てた野菜を、馬車で市場まで運んでいた。彼の家はトタンで造られていた。ブラック・チャーリーは、毎日午後9時きっかりに火を発射すると言われたが、理由は決して公表しなかった。幾人かは彼がウサギを探しているといい、また他の者は飛行機の接近を知らせているといった[4]

バンクスタウン・バンカー編集

バンクスタウン・バンカーは、戦時中のイングランドの地下軍事作戦室の正確なレプリカであり、英国が侵入するドイツ空軍に対し、防空戦闘機攻撃を指示した[5]。極秘の運営上の防御するため、必要な備品は全て減らされていた。バンカーには、コード室、計画室、2つの逃亡トンネル、ラジオ送信室が備わっていた。バンカーの中央は、高さがおよそ2階分の大部屋になっていた。これは太平洋地域のオーストラリア空軍計画の主要作戦室やコントロールセンターであった。この部屋には、第二次世界大戦における南西太平洋の戦場英語版の大きな地図があった[6][7][8]

バンカーは未だに現存し、古い通気口の1つからアクセスすることができる。入口は、バンカーのある都市公園の下を通るトンネルがある住居の裏庭で、私財である。これは、テイラー・ストリートの終端にあり、コンデル・パークのマリオン・ストリートとエドガー・ストリートの角でも見つけることができる。1976年には、土地全体がほとんどの地域を占めるタウンハウスへ再開発された。この地域は現在、8〜11軒のヴィラを含む離れた複合体または「クローゼス」となっている。各クローズは、第二次世界大戦中にバンクスタウンから飛んだ飛行機に因んで命名されている。

人口動態編集

2011年国勢調査によると、コンデル・パークには10,417人の住民がいる。住民のほとんど半分は、オーストラリア以外で生まれ、54.0%はオーストラリア生まれである。主要な他の出身国としては、レバノンが9.9%、ベトナムが8.2%、イタリアが2.0%、ギリシャが2.0%、マケドニアが1.7%である。コンデル・パークでは、30.8%の人が家で英語のみを話している。家で話される他の言語には、アラビア語が27.2%、ベトナム語が12.1%、ギリシャ語が6.0%、イタリア語が3.0%、マケドニア語が3.0%がある[1]

商業地区編集

 
コンデル・パーク・ショッピングセンター

フランクリンズ英語版・スーパーマーケット、リカーランド英語版オーストラリア・コモンウェルス銀行など多数の店やレストランを含む、コンデル・パークには多くの店がある。店のほとんどは、シマト・アベニューの小さな区域に位置するが、他の少数の店は、郊外に散在している。

学校編集

  • コンデル・パーク・パブリックスクール (K-6)
  • コンデル・パーク・ハイスクール (7-12)
  • コンデル・パーク・クリスチャンスクール (K-10)

教会編集

スポーツと娯楽編集

バンクスタウン市場が毎週日曜日に開かれるコンデル・パークには、バンクスタウン・トロッティングクラブが本拠を置いている。スポーツの会場となるデヴェラル・パークには、ネットボールコート、6つのテニスコート、オーストラリア最大のバスケットボールスタジアムであるバンクスタウン・バスケットボール・スタジアムなど、幅広い施設がある。バスケットボールスタジアムの隣にあるキンチ・リサーブは、コンデル・パーク・フットボールクラブのホームである。

出典編集

  1. ^ a b Condell Park (State Suburb)”. censusdata.abs.gov.au. 2013年4月30日閲覧。
  2. ^ The Book of Sydney Suburbs, Compiled by Frances Pollen, Angus & Robertson Publishers, 1990, Published in Australia ISBN 0-207-14495-8, page 69
  3. ^ Bankstown Council - How Did Your Suburb Get Its Name?
  4. ^ Joan Lawrence, Brian Madden and Les muir. (Page 104). A Pictorial History of Canterbury Bankstown. (Alexandria: Kingsclear Books 1999. Printed by Australian Print Group.) Retrieved on the 3rd of August 2007.
  5. ^ Teenagers raid bunker”. BunkerBoyz.org. 2013年8月16日閲覧。
  6. ^ Lawrence, Joan.; Brian Madden and Lesliie Muir. (September. 1999). http://www.kingsclearbooks.com.au/cb.html Pictorial History of Canterbury Bankstown.. Kingsclear Books. p. 89. ISBN 0-908272-55-3 .
  7. ^ Peters, Merle (20.1.93). “Historian's account”. Bankstown Torch Newspaper 
  8. ^ http://www.bunkerboyz.org/bankbunk.htm Bunker Boyz: Bankstown Bunker

外部リンク編集