メインメニューを開く

コンラッド・シュニッツラー

コンラッド・シュニッツラーConrad Schnitzler, コンラート・シュニッツラー1937年 - 2011年8月4日)は、ドイツアーティスト

コンラッド・シュニッツラー
Conrad Schnitzler
生誕 1937年3月17日
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 デュッセルドルフ
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ デュッセルドルフ
死没 (2011-08-04) 2011年8月4日(74歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル エレクトロニック・ミュージック
クラウトロック
アンビエント・ミュージック
ニューエイジ・ミュージック
ベルリン・スクール
職業 インターメディア・ライフ・アーティスト
サウンド・デザイナー
ミュージシャン
作曲家
パフォーミング・アーティスト
Foley Artist
担当楽器 シンセサイザー
チェロ
ヴァイオリン
キーボード
ドラムス
活動期間 1960年 - 2011年
レーベル Schnitzler Private Pressing
共同作業者 タンジェリン・ドリーム
Berlin Express
Eruption
Kluster
Mi.T.-CON
公式サイト conrad-schnitzler.de

人物編集

デュッセルドルフ出身。父親はオーケストラ奏者で、ときどき作曲をすることもあった。しかし、父親から音楽を教わることは一切なかったため影響は受けておらず、後々かえってそれがよかったと本人は回想している。

14歳のときにカールハインツ・シュトックハウゼン電子音楽を初めて聞き、多大な影響を受けた。また、その他にもジョン・ケージなどから影響を受けた。

音楽や音響芸術が活動の中心となったのは1960年代ベルリンに移り住んでからのことだ。それ以前は彫刻や絵画(ドローイング)・写真などをやっていて、ファインアートの世界ではちょっと知られた存在だった。1961年ヨーゼフ・ボイスがデュッセルドルフ芸術アカデミーの彫刻科教授になったときに、クラスに入った最初の生徒となった逸話は、何かにつけて取り沙汰されている。しかし、在籍期間が短かったこともあって、影響を受けることはなかったとシュニッツラー本人は語った。

1969年にZodiak - Free Arts Labというクラブを数人の仲間と設立後、タンジェリン・ドリーム1969年から1970年)とクラスター1970年から1971年)といった西ドイツ(当時)・ベルリンの実験的なクラウト・ロックのグループの創始メンバーとなったが、それ以降はソロで活動を続ける。1972年シンセサイザーEMS Synthi Aが発売されることを聞くと、わざわざイギリスまで渡り、購入した。(その際、クラフトワークの分と併せて2台購入した逸話が残されている。)それ以降、電子音楽や電子音響の作品を制作しており、エレクトロニック・ミュージックの重要人物の一人だと言われている。2009年末時点で、彼は実に800以上の作品をリリースしているが、その多くが自主制作によるものである。その中には、先述の電子音響の他、前衛的な現代音楽ジャズ的要素を持つ電子音楽、インダストリアル、さらにテクノポップまでもが含まれる。

彼は、音楽家ではなく、インターメディア・ライフ・アーティストを自称している。他の多くの音楽家達と異なる点は、彫刻、絵画、グラフィック・デザイン、映像といった他のメディアで培った経験や手法を、音楽や音響作品にも応用している点である。また、パフォーマンスアートを行うこともあったが、こうした芸術活動の根底には、フルクサス運動からの影響がある。

映画みえない雲』の監督などで知られるグレゴール・シュニッツラーは彼の息子である。

2011年8月4日、胃がんのため死去。74歳没[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 謹んでお知らせいたします コンラッド・シュニッツラー公式サイト 2011年8月6日21時25分更新

外部リンク編集