メインメニューを開く

コンラート (ライン宮中伯)

ライン宮中伯コンラート(Konrad, Pfalzgraf bei Rhein, 1135年頃 - 1195年11月8日)は、ホーエンシュタウフェン家出身のライン宮中伯(在位:1156年 - 1195年)。シュヴァーベン大公フリードリヒ2世とザールブリュッケン伯フリードリヒの娘アグネスの間の子。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の異母弟。

コンラート
Konrad
ライン宮中伯
称号 ライン宮中伯1156年 - 1195年
出生 1135年
死去 1195年11月8日
配偶者 イルミンガルト・フォン・ヘンネベルク
子女 フリードリヒ
コンラート
アグネス
父親 シュヴァーベン大公フリードリヒ2世
母親 アグネス・フォン・ザールブリュッケン
テンプレートを表示

1156年にライン宮中伯となる。甥にあたる皇帝ハインリヒ6世はコンラートの一女アグネスをフランス王フィリップ2世と結婚させようと考えていたが、1194年にコンラートの妻イルミンガルトは夫の留守中に当時ハインリヒ6世と対立していたヴェルフ家ハインリヒ獅子公の長子ハインリヒをシュターレック城に呼び、アグネスと結婚させた。これにより、ハインリヒ6世はコンラートの仲介でハインリヒおよびその父ハインリヒ獅子公と和解するに至った。

子女編集

ヘンネベルク伯ベルトルト1世の娘イルミンガルト(1197年没)との間に以下の子女がいたが、男子はコンラートに先だって死去した。

  • フリードリヒ
  • コンラート
  • アグネス(1177年 - 1204年) - ヴェルフ家ハインリヒ5世と結婚、ハインリヒはコンラートの死後、ライン宮中伯となった。

参考文献編集

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
ヘルマン3世
ライン宮中伯
1156年 - 1195年
次代:
ハインリヒ5世