コン・ヒョジン

大韓民国の女優

コン・ヒョジン(공효진、1980年4月4日[3] - )は、韓国女優ファッションモデルソウル特別市出身[1]マネジメントSOOP所属。身長173cm[2]血液型A型[3]世宗大学映画芸術学科中退[4]

コン・ヒョジン
공효진
공효진
本名 コン・ヒョジン
生年月日 (1980-04-04) 1980年4月4日(41歳)
出生地 ソウル特別市[1]
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
民族 韓国人
身長 173cm[2]
血液型 A型[2]
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、CM
活動期間 1999年-
事務所 マネジメントSOOP
テンプレートを表示
コン・ヒョジン
各種表記
ハングル 공효진
漢字 孔曉振
発音: コン・ヒョジン
ローマ字 Gong Hyojin
テンプレートを表示

来歴編集

中学3年から3年間オーストラリアに留学[5]。韓国に帰国後スカウトされ[2]、富川チュンフン高等学校在学中に清涼飲料水等のCM出演し、雑誌モデルとして活躍する[3][6]

1999年に映画『少女たちの遺言』で女優デビュー[7]2000年、『家門の栄光』でテレビドラマに初出演[3]。その後も映画『火山高』、ドラマ『勝手にしやがれ』などで個性的なキャラクターを演じ注目を集め[2]、『火山高』では第39回大鐘賞助演女優賞を受賞する[8]

2003年、RAIN(ピ)と共演したドラマ『サンドゥ、学校へ行こう!』のヒロイン役で知名度を上げる[9]

2009年、ソウル国際女性映画祭の競争部門で審査委員長を務める[10]

2010年、主演を務めたドラマ『パスタ〜恋が出来るまで〜』で愛らしい印象を持たれたのをきっかけに、"コン・ヒョジン"と"ラブリー"をくっつけたコンブリーという愛称が定着[11]

2011年に主演した『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』では第48回百想芸術大賞で最優秀演技賞に輝く[12]。その後も『主君の太陽』、『大丈夫、愛だ』など出演するドラマは必ずヒットすると言われ、視聴率女王と呼ばれるようになる[13]

2014年6月19日、ドラマ『大丈夫、愛だ』の撮影を終え帰宅途中、乗っていた車がトラックと玉突き事故に遭い左腕を骨折[14]。28日に日本での沖縄ロケで撮影復帰するが、帰国後に膝の痛みを訴え、膝十字靭帯破裂と診断され手術を行った[15]

2019年、主演ドラマ『椿の花咲く頃』で小さな田舎町でシングルマザーとして偏見に晒されながらも強く生きるヒロインを演じると、最終回の視聴率23.8%とその年の地上波ドラマで最高のヒットを記録[13]KBS演技大賞でコン・ヒョジンが大賞に輝き、相手役のカン・ハヌルとともにベストカップル賞も受賞した[16]

人物編集

親しみやすく素朴な演技が持ち味で、韓国を代表する演技派女優の一人である[2][6][13]。モデル出身でファッションセンスの高さにも注目が集まり、芸能界のファッションリーダー的存在である[17][18][19]

オーストラリアに留学していた縁でオーストラリア広報大使を務めている[20]

家族構成は両親と弟[4][21]

同世代で女優として活躍するソン・イェジンイ・ジョンヒョンらとは親友関係である[22]

小学校の同級生だった俳優のリュ・スンボムと2002年のドラマ『華麗なる時代』の共演をきっかけに恋人となり[11]、その後も共演したりとオープンな交際を続けてきたが2012年に破局を発表した[23]

出演作品編集

映画編集

  • 少女たちの遺言(原題:女子高怪談二番目の話)(1999年)
  • ガン&トークス (2001年)
  • 火山高 (2001年)
  • サプライズ (2002年)
  • 緊急措置19号(2002年)
  • 分別のない妻、波瀾万丈な夫、そして太拳少女 (2002年)
  • 品行ゼロ(2002年)  
  • 天軍 (2005年)
  • M(2007年)
  • 幸福(2007年)
  • 息子(2007年)
  • タチマワLee(2008年)
  • ミスにんじん(2008年)
  • 牛と一緒に旅をする方法(2010年)
  • ラブフィクション(2012年)
  • 577プロジェクト(2012年)
  • 高齢化家族(ブーメランファミリー)(2013年)
  • 彼女の演技(2013年)
  • Missing 消えた子ども(2016年)
  • シングルライダー(2016年)
  • プロジェクト覇気(2016年) 特別出演
  • いま、会いにいきます(2018年)特別出演
  • ドア・ロック(2018年)ギョンミン役
  • 最も普通の恋愛(2019年)ソニョン役
  • スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班(2019年)シヨン役

テレビドラマ編集

舞台編集

  • リタ(2015年)

バラエティ編集

  • わたしは一人で暮らす(2020年)特別出演
  • 三食ご飯5 漁村編(2020年)ゲスト出演
  • 車輪のついた家(2020年)ゲスト出演
  • 車輪のついた家2(2021年)ゲスト出演

広告モデル編集

  • 焼酎ブランドであるチャミスル(2013年)
  • 帽子マルチショップブランドHAT'S ON(2014年)
  • ファッションブランド(2014年)
  • SMOOTHIE KING(2014年)
  • J.ESTINA RED
  • コスメブランド CLIO(2015年)
  • オンライン複合型ショッピングモール 新世界(シンセゲ)SSG.COM (コン・ユとともに広告モデル、2015年)
  • 雑貨ブランド  VINCIS'(2015年)

ファンミーティング編集

  • 2015年12月 台湾での初ファンミーティング

受賞歴編集

  • 2001年 SBS演技大賞 ニュースター賞
  • 2002年 第38回百想芸術大賞 TV部門 新人演技賞
  • 2002年 MBC演技大賞 人気賞
  • 2003年 KBS演技大賞 ネチズン賞/優秀演技賞/ベストカップル賞
  • 2006年 ギリシャ·テサロニキ国際映画祭主演女優賞
  • 2007年 第6回大韓民国映画大賞 主演女優賞
  • 2007年 MBC演技大賞 女性最優秀賞
  • 2008年 第9回大韓民国映像大典映画俳優部門フォトジェニック賞
  • 2008年 第7回大韓民国映画大賞 主演女優賞
  • 2010年 MBC演技大賞 女子最優秀賞/ベストカップル賞
  • 2011年 第5回Mnet 20's Choiceホットスタイルアイコン賞/ドラマスター女性像
  • 2011年 MBCドラマ大賞 ミニシリーズ部門女優最優秀賞
  • 2012年 第48回百想芸術大賞 テレビ部門 女性最優秀演技賞
  • 2019年 KBS演技大賞 大賞/ベストカップル賞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2012年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f コン・ヒョジンのプロフィール”. エキサイトニュース. 2021年4月19日閲覧。
  3. ^ a b c d テ・ゴンシル”. BS朝日. 2021年4月19日閲覧。
  4. ^ a b コン・ヒョジン”. wowKorea. 2021年4月19日閲覧。
  5. ^ “アカデミー賞受賞有力!「60年代のコン・ヒョジン」韓国女優 ユン・ヨジョン”. Danmee. (2021年2月24日). https://danmee.jp/knews/koreanmovie/koreanactress-topic-100/ 2021年4月19日閲覧。 
  6. ^ a b スタッフ&キャスト”. TBSテレビ. 2021年4月19日閲覧。
  7. ^ “【2019 KBS演技大賞】コン・ヒョジン、デビュー20年目で初の大賞”. 朝鮮日報. (2020年1月1日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/01/2020010180059.html 2021年4月19日閲覧。 
  8. ^ コン・ヒョジンさん(俳優/韓国)”. あいち国際女性映画祭. 2021年4月19日閲覧。
  9. ^ “『椿の花咲く頃』女優コン・ヒョジン、花柄ワンピースで夏を先取り【PHOTO】”. スポーツソウル. (2020年4月9日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=11319?yclid=YJAD.1595609883.YAAsQSedcq2JqURIIIDqEbfvaTI3VAQq2jYOdfBdQOXItLKLkRDmI0MnpRnjmG10WPouREOagXNHa.o- 2021年4月19日閲覧。 
  10. ^ “コン・ヒョジン、ソウル女性映画祭審査委員長委嘱”. 韓流ニュース. (2009年4月20日). https://sp.kdaisuki.jp/news/detail/?id=31305 2021年4月19日閲覧。 
  11. ^ a b “なぜコン・ヒョジンはコンブリーと呼ばれるの?”. もっと!コリアa. (2014年9月26日). https://mottokorea.com/mottoKoreaW/QnA_list.do?bbsBasketType=R&seq=10059 2021年4月19日閲覧。 
  12. ^ “<芸能>百想芸術大賞 「根の深い木」がテレビ部門大賞に”. 聯合ニュース. (2012年4月27日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20120427003100882 2021年4月19日閲覧。 
  13. ^ a b c ““成功率ほぼ100%” 女優コン・ヒョジンが語る「自分を信じること」【インタビュー後編】”. スポーツソウル. (2019年12月1日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=8084 2021年4月19日閲覧。 
  14. ^ ““左腕骨折”コン・ヒョジンの交通事故現場の写真を公開…大破した乗用車”. Kstyle. (2014年6月22日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1997576 2021年4月19日閲覧。 
  15. ^ “コン・ヒョジン、腕骨折に続き膝十字じん帯破裂で手術”. wowKorea. (2014年7月3日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2014/0703/10127497.html 2021年4月19日閲覧。 
  16. ^ “【2019 KBS演技大賞】コン・ヒョジンが「大賞」受賞、「椿の花咲く頃」12冠、受賞者ラインナップ”. wowKorea. (2020年1月1日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0101/10248486.html 2021年4月19日閲覧。 
  17. ^ “独特なセンスが光るコン・ヒョジンのファッション・スタイルは?”. 朝鮮日報. (2020年10月22日). http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/22/2020102280091.html 2021年4月19日閲覧。 
  18. ^ “さりげないおしゃれがよく似合う韓国女性スター1位は?”. 朝鮮日報. (2020年5月25日). http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/25/2020052580130.html 2021年4月19日閲覧。 
  19. ^ “切って正解!美しさ倍返しの“女優ボブ”7パターンに学べ!”. めるも. (2013年10月20日). https://news.merumo.ne.jp/article/genre/1442616 2021年4月19日閲覧。 
  20. ^ “オーストラリア広報大使のイ・ダヘ&コン・ヒョジン”. wowKorea. (2011年10月14日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2010/1014/10075777.html 2021年4月19日閲覧。 
  21. ^ “コン・ヒョジンが父母の写真公開”. 朝鮮日報. (2017年2月22日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/22/2017022201345.html 2021年4月19日閲覧。 
  22. ^ “「2回しましょうか」イ・ジョンヒョン“親友ソン・イェジン、コン・ヒョジンもはやく結婚するべきなのに”(インタビュー)”. innolife. (2019年10月10日). http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=266721 2021年4月19日閲覧。 
  23. ^ “10年カップル”リュ・スンボム&コン・ヒョジンが破局”. wowKorea. (2012年8月25日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2012/0815/10101369.html 2021年4月19日閲覧。 

外部リンク編集