メインメニューを開く

コン・リー鞏 俐1965年12月31日 - )は、中国遼寧省瀋陽市出身の女優である。シンガポール国籍。第9回、第10回全国政協委員を務めた。168cm。

コン・リー
Gong Li Cannes 2011.jpg
基本情報
繁体字 鞏俐
簡体字 巩俐
漢語拼音 Gǒng Lì
生誕 (1965-12-31) 1965年12月31日(53歳)
中華人民共和国の旗 中国遼寧省瀋陽市
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
職業 女優
活動期間 1988年 -
配偶者 黄和祥(1996年 - 2009年)
兄弟姉妹 姉1人、兄3人

目次

人物・来歴編集

北京中央戯劇学院演劇学科在学中、張芸謀に見出され、1987年、『紅いコーリャン』で女優デビューする。同年、『ハイジャック 台湾海峡緊急指令』に出演し、百花奨最優秀助演女優賞を受賞した。1991年には『紅夢』で百花奨最優秀主演女優賞を、1992年には『秋菊の物語』で金鶏奨最優秀主演女優賞とヴェネツィア国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞。張芸謀とのコンビは公私に渡り、1995年の『上海ルージュ』まで続いた。

1993年には陳凱歌監督の『さらば、わが愛/覇王別姫』に出演し、ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀助演女優賞を受賞。1998年には、日本のハウス食品「とろみ好麺」のCMに出演した。1999年、『きれいなおかあさん』で金鶏奨最優秀主演女優賞と百花奨最優秀主演女優賞を受賞し、フランスの文化勲章を授与された。

2005年、『SAYURI』でハリウッド映画に進出。2006年には『王妃の紋章』で10年ぶりに張芸謀の映画に出演し、同作で香港電影金像奨最優秀主演女優賞を受賞している。

1996年、シンガポール人の実業家・黄和祥と結婚。2008年にはシンガポール国籍を取得[1]。中国国籍ではなくなったため、全国政協委員の資格を取り消された[2]。2009年には黄和祥と離婚した[3]

主な出演作品編集

映画編集

CM編集

脚注編集

外部リンク編集