コードネーム U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』(原題: The Man from U.N.C.L.E.)は、2015年合作のスパイアクション映画

コードネーム U.N.C.L.E.
The Man from U.N.C.L.E.
監督 ガイ・リッチー
脚本 ガイ・リッチー
ライオネル・ウィグラム
原作 0011ナポレオン・ソロ
製作 ジョン・デイヴィス
スティーブ・クラークホール
ライオネル・ウィグラム
ガイ・リッチー
製作総指揮 デヴィッド・ドブキン
出演者 ヘンリー・カヴィル
アーミー・ハマー
アリシア・ヴィキャンデル
エリザベス・デビッキ
ジャレッド・ハリス
ヒュー・グラント
音楽 ダニエル・ペンバートン
撮影 ジョン・マシソン
編集 ジェームズ・ハーバート
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 2015年8月7日
アメリカ合衆国の旗 2015年8月14日
日本の旗 2015年11月14日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
ドイツ語
ロシア語
イタリア語
製作費 約$75,000,000[1]
興行収入 世界の旗 約$100,500,000[2]
日本の旗 5億7500万円[3]
テンプレートを表示

概要編集

1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』のリメイク映画。西ドイツ東ドイツイタリアを舞台に、時代背景を当時のままに再現し、当時の服装や音楽などがふんだんに出てくるスタイリッシュな作品に仕上がっている。

ストーリー編集

東西冷戦の最中の1960年代中盤。アメリカ合衆国中央情報局(CIA)とソビエト連邦ソ連国家保安委員会(KGB)は、核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織の存在に気付き、この組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことになった。

直前まで東ベルリンから亡命する東ドイツ人エンジニアのギャビー・テラー(アリシア・ヴィキャンデル)の脱出劇を巡り対峙していた、CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が抜擢される。

それぞれのトップの諜報員であるものの、思考や方法論も異なる2人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました、第二次世界大戦当時のドイツ核兵器科学者のウド・テラー博士(クリスチャン・ベルケル)の娘であるギャビーとともに、アレグザンダー(ルカ・カルヴァーニ)とヴィクトリア(エリザベス・デビッキ)夫婦率いるイタリアの大企業「ヴィンチグエラ」が行おうとしていた核兵器の大量生産を阻止すべく、クリヤキンは「『ベルリンの壁』の改良工事のための建築技術を学ぶソ連の建築家」というカバーの上でギャビーは偽装婚約し、西ベルリンでパコ・ラバンヌをはじめとした「資本主義的」な衣服を揃えた上でローマに向かい、またナポレオンも「美術品収集家の『ジャック・デブニー』」という偽名とカバーを使いローマのホテルにチェックインする。

翌日3人はヴィンチグエラが郊外のサーキットで開いたパーティーに出向く。ギャビーは「ヴィンチグエラ」の役員で伯父のルディ(シルヴェスター・グロート)から手に入れた招待状でクリヤキンとともに会場に入り、アマチュアレーサーでもあるアレグザンダーと接触する。一方ナポレオンは駐車場で、イギリス石油会社役員のカバーを持つアレキサンダー・ウェーバリー(ヒュー・グラント)から盗んだ招待状で会場に潜入し、ヴィクトリアと接触したことで、それぞれのルートでヴィンチグエラに潜入するルートを確保する。

パーティー会場でクリヤキンがルディを撮影したガンマ線写真で、ヴィンチグエラがウラン濃縮に成功し、核爆弾の完成が近いと判断した2人は、深夜にホテルを出て地中海沿岸にあるヴィンチグエラ・エアロスペースの工場に潜入する。しかし警報を鳴らしてしまいボートで逃亡を試みるが、重装備の警備艇にボートが撃沈されてしまい、ナポレオンの機転で2人は辛くも脱出しホテルに戻る。

翌日、ギャビーはルディとともにヴィンチグエラ・シッピングの工場に隣接する屋敷に向かい、アレグザンダーと再会するが、その場でギャビーはナポレオンとクリヤキンの素性をバラしてしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

評価編集

アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている[4]

ゲーム版編集

  • Androidにて「Mission Berlin」という名前でゲーム化されている。
オープンワールドスタイルで、主人公が2人いて、自由に選択が可能[5]
2018年12月現在、ダウンロード不可。

参考文献編集

  1. ^ Lang, Brent (2015年8月16日). “Box Office: ‘Straight Outta Compton’ Debuts to Scorching $56.1 Million”. Variety. 2015年8月15日閲覧。
  2. ^ The Man from U.N.C.L.E. (2015)”. Box Office Mojo. 2015年10月12日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  4. ^ 米タイム誌が選ぶ2015年の映画トップ10”. 映画.com (2016年1月2日). 2016年1月6日閲覧。
  5. ^ MISSION BERLIN – ANDROID REVIEW - Steemit(2018年12月17日閲覧)

外部リンク編集