ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

日本の映画(ゴジラシリーズ)

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(ゴジラ・ミニラ・ガバラ オールかいじゅうだいしんげき)は1969年(昭和44年)12月20日に第1回「東宝チャンピオンまつり」の一編として東宝が製作・公開した日本映画で、「ゴジラシリーズ」第10作。カラー、シネマスコープ、70分[2][3]。同時上映は『コント55号 宇宙大冒険』『巨人の星 ゆけゆけ飛雄馬[2]

ゴジラ・ミニラ・ガバラ
オール怪獣大進撃
  • GODZILLA'S REVENGE[1]
  • All Monsters Attack[2]
監督 本多猪四郎
脚本 関沢新一
製作 田中友幸
出演者
音楽 宮内國郎
主題歌 「怪獣マーチ」
佐々木梨里東京ちびっこ合唱団
撮影 富岡素敬
編集 永見正久
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1969年12月20日
上映時間 70分[2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億6000万円[要出典]
前作 怪獣総進撃
次作 ゴジラ対ヘドラ
テンプレートを表示

観客動員数は148万人。

概要編集

ゴジラ作品で唯一、怪獣の存在しない現実世界を舞台としており、ゴジラをはじめとする怪獣たちは少年の夢の中の存在として描写されている[3]。当時社会的な話題を呼んでいた「公害問題」や「鍵っ子」「児童誘拐」をテーマに据えているが、公害問題についてはほんの少し会話で触れる程度であり、次回作『ゴジラ対ヘドラ』で本格的に取り上げられた。

邦画の斜陽化による東宝本社の深刻な営業不振は、翌1970年(昭和45年)に制作部門の縮小・解体、リストラを招いた。怪獣路線は1968年8月の『怪獣総進撃』を集大成として中止されるはずであったが、『怪獣総進撃』が前作の『ゴジラの息子』の観客動員数を10万人上回る成績を上げたことや[注釈 1]、『緯度0大作戦』をはじめとする1969年8月の興行収入が前年を大幅に下回ったこともあり、急遽きゅうきょゴジラシリーズの再開を決定した[4]。しかし、本作から「東宝チャンピオンまつり」という興行形態の一編に組み込まれ、以後のゴジラシリーズは黄金期の3分の1から4分の1という低予算での製作体制となっていった。

シリーズでは唯一、手間のかかるプール撮影が行われていない。特撮シーンの約半分は『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』や『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』等の作品の映像を流用しているが、これは企画書の段階で決定していたものであり、この予算的な都合に加えて当時の円谷英二をはじめ有川貞昌ら円谷組が大阪万博の映像製作にかかりきりであったため、従来のように本編班と特撮班とに分けず、特撮演出も本編の本多猪四郎が兼任して一班体制で制作されている[5][6]

こうした経緯から円谷英二は制作に関与していないが[注釈 2]、「監修」とクレジットされている[6]。円谷は本作公開の約1か月後にあたる1970年1月25日に死去し、同年3月1日をもって東宝は「特殊技術課」を廃止。特殊技術スタッフは新設された「映像事業部」へと吸収され、映画特撮以外の映像制作に当たるようになっていった。

「東宝チャンピオンまつり」の第1回冬興行作品である本作以後、東宝は年1作の新作ゴジラ映画と過去の特撮作品のリバイバルをメインにし、テレビアニメなどを組み合わせた番組を春・夏・冬休みの子供向け興行として続けていくこととなる[6][3]。本作に次ぐ翌1970年(昭和45年)3月1日の「チャンピオンまつり」春興行では、『キングコング対ゴジラ』(本多猪四郎監督、1962年〈昭和37年〉)をメインに番組が組まれたが、この際に経費を省くため、オリジナルのネガフィルムを再編集し、短縮版として上映する処置がされた。以後、『モスラ対ゴジラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』、『怪獣大戦争』など、「チャンピオンまつり」興行のたびにこれらの過去作品のオリジナル原版フィルムが裁断され、再編集されていく慣習となっていったのである。

本作で登場した怪獣島の設定は、「チャンピオンまつり」興行の中、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(福田純監督、1972年〈昭和47年〉)以降、主役怪獣ゴジラの住処として劇中設定に組み込まれることとなった。

パンアメリカン航空タイアップしている。機関士・三木健吉役の佐原健二は、撮影で実際に機関車を運転している。

11月30日には、晴海国際スケートリンクに佐原健二、中真千子、ゴジラ、ミニラ、ガバラが映画のPRに登場した。着ぐるみは本編に使われたもので、スーツアクターも同一である。

アメリカでは『GODZILLA'S REVENGE』のタイトルで公開された[1]。オープニングには独自の楽曲を使用している[1]1990年アメリカ映画48時間PART2/帰って来たふたり』などで知られる脚本家のジョン・ファサーノ英語版は、いじめられっ子だった幼少時に本作を見たことがきっかけで、いじめっ子に立ち向かうようになったという[7]

ストーリー編集

神奈川県川崎市に住む、いじめられっ子で引っ込み思案の小学生・三木一郎は、両親が共働きの鍵っ子だ。一郎のもっぱらの楽しみは、同じアパートに住む「発明おじさん」こと南信平が作った玩具で遊ぶことである。信平を真似てガラクタで作った玩具のコンピューターで夢の世界へ向かった一郎は、怪獣島に住むゴジラの息子ミニラと出逢う。そこで一郎は、自分をいじめているガキ大将と同名のいじめっ子怪獣ガバラにミニラがいじめられていることを知り、自分によく似た境遇にいるミニラを激励する。

一郎がそんな夢に浸っている最中、逃亡中の2人組の銀行強盗犯がひょんなことから一郎を人質に取ろうと企てる。

登場人物編集

三木 健吉みき けんきち[8]
一郎の父で、貨物列車の運転手[8]
三木 タミ子みき たみこ[8]
一郎の母で、料亭に勤めている[8]
三木 一郎みき いちろう[8]
小学2年生[8]。怪獣と機械いじりが好きだが、カギっ子で気が弱く友達も少ない[8]
南 信平みなみ しんぺい[6][注釈 3]
三木一家と同じアパートに住む自称おもちゃコンサルタント[9]。両親が不在の間、一郎の面倒を見ている[9]
千林せんばやし[10]奥田おくだ[11]
5000万円強盗犯[11][10]。千林はサングラスをかけている[10]
奥田が落とした運転免許証を拾った一郎を監禁する[11]
ガバラ[12]
一郎をいじめている小学校のガキ大将[12]
サチ子サチこ[13]
一郎のガールフレンド[13]

登場怪獣編集

登場怪獣はゴジラミニラガバラカマキラス[注釈 4]

過去の映像の流用[注釈 5]クモンガアンギラスゴロザウルスマンダエビラ、大ワシ[注釈 6][14]。これらは一郎の夢の中における想像の産物として登場する。劇場ポスターはイラストで怪獣たちを描いたものだが、このなかにはアンギラス、マンダ、大ワシが含まれていない。

検討用台本第一稿での登場怪獣はタイトルの3怪獣とクモンガ、ラドン大ダコであったが、監督の本多猪四郎が所持していた台本にはラドンと大ダコの出番をカットしてエビラに変更する旨が書かれており、決定版となった第二稿ではラドンの役割がカマキラス、大ダコがエビラになっている[15]。ラドンは本編に名前のみが登場した。

諸元
植物怪物
身長 不明[14]
体重 不明[14]
出現地 怪獣島[14]
植物怪物[14][注釈 7]
怪獣島に生息する植物。

怪獣島編集

南国の草木が生い茂り、多数の地球怪獣が生息する孤島。一郎の夢の産物であるため、具体的な位置は不明。

パンアメリカン航空による「怪獣第1号」便が出ているほか、島を赤イ竹の戦闘機が襲うことがある[注釈 8]

スタッフ編集

本編編集

特殊技術編集

主題歌編集

「怪獣マーチ」[注釈 12]
作詞:関沢新一 / 作曲:叶弦大 / 編曲:小杉仁三 / 歌:佐々木梨里東京ちびっこ合唱団
レコードはクラウン・レコードより発売された。
「怪獣ゲーム」
作詞:坂口宗一郎 / 作曲・編曲:渡辺岳夫 / 歌:雷門ケン坊
イメージソングという扱いになっている。

キャスト編集

※映画クレジット順

映像ソフト化編集

  • ビデオ
    • 1992年発売。
  • レーザーディスク
    • 1996年発売。
  • DVD
    • 2004年3月26日発売[17]。オーディオコメンタリーは橋本幸治[17]
    • 2008年2月22日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションII」に収録されており、単巻版も同時発売。
    • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」にも収録されている。
    • 2014年5月14日には「ゴジラ60周年記念版」として期間限定の廉価版が発売。
    • 2016年6月15日、東宝DVD名作セレクション版発売。
  • Blu-ray Disc
    • 2014年7月16日に他のBD未発売だったゴジラシリーズ作品と共に発売。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『怪獣総進撃』のDVDのオーディオコメンタリーに出演した谷清次は、同作が最終作である説を否定している。
  2. ^ 資料によっては、円谷の体調不良を理由に挙げている[5][4]
  3. ^ a b 書籍『ゴジラ大辞典』では、南伸平と表記している[9]
  4. ^ 穴に落ちた一郎を下から見下ろした後に立ち去るシーンは、新規撮影である[5][4]
  5. ^ クモンガは『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』、アンギラス、マンダは『怪獣総進撃』、ゴロザウルスは『キングコングの逆襲』、エビラは『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』からの流用である。
  6. ^ 『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(福田純監督、1966年〈昭和41年〉)に登場する大コンドルの映像の流用である。
  7. ^ 書籍『オール東宝怪獣大図鑑』では、名称を人喰い植物(英字表記MANEATER)と記述している[16]
  8. ^ 赤イ竹の戦闘機のシーンは、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』からの流用である。
  9. ^ a b c d 本編・特撮とも。
  10. ^ a b c d ノンクレジット。
  11. ^ 撮影には一切関わっていない。
  12. ^ アメリカ公開版では、アメリカ原盤の別曲に差し替えられている。

出典編集

  1. ^ a b c ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 207, 「海外バージョン大研究」
  2. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 132, 「『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』」
  3. ^ a b c 大辞典 2014, pp. 332-333, 「作品紹介 ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
  4. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 135, 「『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』撮影秘話/川北監督に訊く」
  5. ^ a b c ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 138, 「メイキング オブ ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
  6. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画大全集 2012, p. 133, 「『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』作品解説/俳優名鑑」
  7. ^ 1億人の大質問!?笑ってコラえて!|2014/07/30(水)放送”. TVでた蔵. 2014年12月31日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 大辞典 2014, p. 265, 「み 三木一郎/三木健吉/三木タミ子」
  9. ^ a b c 大辞典 2014, p. 267, 「み 南伸平」
  10. ^ a b c 大辞典 2014, p. 167, 「せ 千林」
  11. ^ a b c 大辞典 2014, p. 63, 「お 奥田」
  12. ^ a b 大辞典 2014, p. 74, 「か ガバラ(少年)」
  13. ^ a b 大辞典 2014, p. 131, 「さ サチ子」
  14. ^ a b c d e ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 135, 「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 キャラクター図鑑」
  15. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 134, 「『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』怪獣図鑑/資料館」
  16. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 151, 「『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』人喰い植物」
  17. ^ a b 「VisualRadar」『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ、2004年5月1日、 67頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』東宝出版事業室、1983年。ISBN 4924609005
  • 青柳宇井郎赤星政尚『大怪獣ゴジラ99の謎』二見書房〈二見wai wai文庫〉、1993年。ISBN 4576931644
  • ヤマダマサミ、岩崎百合子、林慶樹『大ゴジラ図鑑』ホビージャパン、1995年。ISBN 4894250594
  • ヤマダマサミ『大ゴジラ図鑑2』ホビージャパン、1995年。ISBN 4894251175
  • 『ゴジラ1954-1999超全集』構成・執筆 間宮“TAKI”尚彦、小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2000年1月1日。ISBN 4-09-101470-4
  • 川北紘一『特撮魂 東宝特撮奮戦記』洋泉社、2010年。ISBN 9784862485151
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2
  • 『オール東宝怪獣大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年4月27日。ISBN 978-4-8003-0362-2
  • 『ゴジラ大辞典【新装版】』野村宏平 編著、笠倉出版社、2014年8月7日(原著2004年12月5日)。ISBN 978-4-7730-8725-3

外部リンク編集