メインメニューを開く
初代ゴッシェン子爵ジョージ・ゴッシェン

ゴッシェン子爵英語: Viscount Goschen)は、イギリス子爵位。1900年創設の連合王国貴族

歴史編集

ヴィクトリア朝後期に自由党自由統一党保守党と練り歩いて閣僚職を歴任したジョージ・ゴッシェン(1831–1907)1900年12月18日に「カウンティ・オブ・ケントにおけるホークハーストのゴッシェン子爵(Viscount Goschen of Hawkhurst in the County of Kent)」に叙されたのに始まる[1]

初代子爵の死後、その長男ジョージ英語版(1866–1952)が2代ゴッシェン子爵位を継承。彼も保守党所属の政治家で1924年から1929年にかけては植民地インドマドラス総督英語版を務めた[2]

2代子爵には男子があったが、第一次世界大戦で戦死したため、3代ゴッシェン子爵位は初代子爵の次男ウィリアムの子ジョン英語版(1906–1977)が継承した。彼は貴族院保守党の政治家として1962年から1964年にかけて近衛ヨーマン隊長(貴族院与党院内副幹事長)を務めた[3]

現在の当主はその息子である第4代ゴッシェン子爵ジャイルズ英語版(1965-)である。彼も貴族院保守党の政治家として活躍し、1994年から1997年にかけては運送副大臣(Under-Secretary of Transport)を務めた[4]。世襲貴族は1999年のトニー・ブレア政権による貴族院改革で92議席を残して議席を喪失したが、彼は貴族院に残留した[5][6]

ゴッシェン子爵 (1900年)編集

法定推定相続人は現当主の息子アレクサンダー・ジョン・エドワード・ゴッシェン(2001-)。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “George Joachim Goschen, 1st Viscount Goschen1” (英語). thepeerage.com. 2015年7月28日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “George Joachim Goschen, 2nd Viscount Goschen” (英語). thepeerage.com. 2015年7月28日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “John Alexander Goschen, 3rd Viscount Goschen” (英語). thepeerage.com. 2015年7月28日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Giles John Harry Goschen, 4th Viscount Goschen” (英語). thepeerage.com. 2015年7月28日閲覧。
  5. ^ UK Parliament. “Mr Giles Goschen” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年7月28日閲覧。
  6. ^ Viscount Goschen”. www.parliament.uk. 2015年7月28日閲覧。