メインメニューを開く

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン (セックス・ピストルズの曲)

セックス・ピストルズの曲

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」(God Save the Queen)は、イギリスパンク・ロックバンドセックス・ピストルズ1977年5月27日に発表した楽曲[1]。バンドにとって2作目のシングルで、グレン・マトロック脱退後としては初のリリースとなった。また、後にリリースされたアルバム『勝手にしやがれ!!』にも収録された。

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
セックス・ピストルズシングル
初出アルバム『勝手にしやがれ!!
B面 分かってたまるか(A&M盤)
ディド・ユー・ノー・ロング(ヴァージン盤)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロンドン ウェセックス・スタジオ
ジャンル パンク・ロック
レーベル A&Mレコード(発売中止)
ヴァージン・レコード
作詞・作曲 ジョニー・ロットンスティーヴ・ジョーンズグレン・マトロックポール・クック
プロデュース クリス・トーマス
チャート最高順位
  • 2位(イギリス[2]、スウェーデン[3]
  • 3位(ノルウェー[4]
  • 38位(ニュージーランド[5]
セックス・ピストルズ シングル 年表
アナーキー・イン・ザ・U.K.
(1976年)
ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
(1977年)
プリティ・ヴェイカント
(1977年)
ミュージックビデオ
「God Save The Queen」 - YouTube
テンプレートを表示

背景編集

イギリス国歌と同名異曲であるが、グレン・マトロックによれば、この曲が1976年に作られた当時は「ノー・フューチャー」と呼ばれていたという[6]。そして、1977年1月にデイヴ・グッドマンのプロデュースにより「ノー・フューチャー」というタイトルでレコーディングされ、この時のヴァージョンはブートレグ・アルバムの『スパンク』(後に正規発売される)に収録された[7]。しかし、翌月にはグレン・マトロックがバンドを脱退[7]。その後、クリス・トーマスのプロデュースでレコーディングを行い、3月9日に「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のリミックスが行われて、バンドは同日にA&Mレコードとの契約を得た[8]

リリース編集

当初はA&Mレコードから、「分かってたまるか (No Feelings)」をB面に収録してリリースされる予定だった[9][10]。しかし、契約から1週間後の3月16日に、バンドはA&Mとの契約を破棄されてしまう[11]。最終的にはヴァージン・レコードと新たに契約を得て、「ディド・ユー・ノー・ロング」(『勝手にしやがれ!!』には未収録)をB面に収録した形でリリースされた[12]

なお、イギリスの雑誌『Record Collector Magazine』が2012年に行った、世界で最高額のレア・コレクター盤の調査によると、A&Mの「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のアセテート盤が3位(1万ポンド)、A&M盤シングル「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」が4位(8千ポンド)であった[10]。また、2012年に発売された『勝手にしやがれ!!』35周年記念ボックス・セットには、シングル「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のA&Mヴァージョンの複製が付属している[13]

反響編集

「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」は、BBCによって日中は放送禁止の措置を取られるが[14]、1977年6月4日付の全英シングルチャートで初登場11位となり[15]、翌週には2位を記録する[16]。ただし、本作がヒットしていた当時のイギリスはエリザベス2世の即位25周年に湧いており、この曲はそうしたムードに相応しくなかったため、本作の1位獲得は計画的に阻止されたという説がある[17][18]。なお、『NME』誌のチャートでは本作が1位を獲得した[17]

また、この曲はイギリス国外でも大ヒットしている。スウェーデンのアルバム・チャートでは2週連続で2位となり[3]、ノルウェーのアルバム・チャートでは15週連続でトップ10入りして、最高3位に達した[4]

日本においても、「英国との国際親善を害する」という理由で日本民間放送連盟による要注意歌謡曲指定を受け、制度が失効する1988年まで放送禁止となるAランク適用を受け続けた[19][20]

その後、2002年にはエリザベス2世の即位50周年にぶつける形で再発シングルが発売され[21]、全英シングルチャートで15位を記録[2]。また、2007年10月13日付の全英シングルチャートでも再登場して42位を記録している[2]

評価編集

ローリング・ストーン』誌が選出したオールタイム・グレイテスト・ソング500では175位にランク・イン[22]。また、ロックの殿堂公式サイトで選出された「ロックン・ロールを形作った500曲」の中に、この曲も含まれている[23]

イギリスの雑誌『ニュー・ステイツマン英語版』が2010年に選出した「トップ20ポリティカル・ソングス」では9位となった[24]

他メディアでの使用例編集

「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」は、ドキュメンタリー映画『[シェイン] THE POGUES:堕ちた天使の詩』(2001年公開)[25]、ドキュメンタリー映画『マラドーナ』(2008年公開)[26]サウンドトラックで使用された。

2012年ロンドンオリンピックの開会式では冒頭のショートフィルムで使用された。

2016年11月3日保守党所属の国会議員であるアンドリュー・ロージンデルが午前の審議において、「イギリスの欧州連合離脱を機会に、公共放送局であるBBC Oneは毎日放送終了時に女王陛下万歳を流すべきだ」という動議を提出した。11月4日夜、BBC Twoの番組である「BBC Newsnight」の終わりに、アンカーのカースティー・ワークはこの動議にこたえるという形で、このピストルズの楽曲を流した。

カヴァー編集

脚注編集

  1. ^ a b God Save The Queen 7" | Sex Pistols | Official Website - 2014年1月26日閲覧
  2. ^ a b c SEX PISTOLS | Artist | Official Charts
  3. ^ a b swedishcharts.com - God Save The Queen - Sex Pistols
  4. ^ a b norwegiancharts.com - God Save The Queen - Sex Pistols
  5. ^ charts.org.nz - God Save The Queen - Sex Pistols
  6. ^ The Sex Pistol who grew up - Telegraph - by Cole Moreton, 13 May 2012 - 2014年1月26日閲覧
  7. ^ a b God Save The Sex Pistols - Spunk Album - Written by Phil Singleton - 2014年1月26日閲覧
  8. ^ CLASSIC TRACKS: 'Anarchy In The UK' - soundonsound.com - 2014年1月26日閲覧
  9. ^ Sex Pistols - God Save The Queen (Vinyl) at Discogs - A&M盤の情報 - 2014年1月26日閲覧
  10. ^ a b 「世界で最も高価なレア・コレクターズ盤」2012年版トップ10 – 児島由紀子の「ロンドン通信」(2012/11/14) | ブログ RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト - 2014年1月26日閲覧
  11. ^ God Save The Sex Pistols - Day By Day: 1977 Part One
  12. ^ Sex Pistols - God Save The Queen (Vinyl) at Discogs - ヴァージン盤の情報 - 2014年1月26日閲覧
  13. ^ ザ・セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ』35周年記念ボックス・セットの全貌が明らかに (2012/7/26) | 洋楽ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト - 2014年1月26日閲覧
  14. ^ God Save the Queen - Sex Pistols | AllMusic - Song Review by Steve Huey - 2014年1月26日閲覧
  15. ^ 1977-06-04 Top Official Single Chart UK Archive | Official Charts
  16. ^ 1977-06-11 Top Official Single Chart UK Archive | Official Charts
  17. ^ a b 1977: the Queen's punk jubilee | Music | The Observer - 2014年1月26日閲覧
  18. ^ BBC News | Entertainment | Bragg Attacks Pistols' royal views - 2014年1月26日閲覧
  19. ^ 吉野健三『歌謡曲 流行らせのメカニズム』晩聲社 (ヤゲンブラ選書) 、1978年、120頁、244頁(同書113頁に1978年9月5日時点のものと記載)。
  20. ^ 森達也『放送禁止歌』光文社知恵の森文庫、2003年 71頁 ISBN 9784334782252
  21. ^ God Save The Queen by The Sex Pistols Songfacts
  22. ^ 500 Greatest Songs of All Time: The Sex Pistols, 'God Save the Queen' | Rolling Stone - 2014年1月26日閲覧
  23. ^ Experience The Music: One Hit Wonders and The Songs That Shaped Rock and Roll | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2014年1月26日閲覧
  24. ^ Top 20 Political Songs - newstatesman.com - 2014年1月26日閲覧
  25. ^ If I Should Fall from the Grace: The Shane MacGowan Story (2001) - Soundtracks - IMDb
  26. ^ Maradona by Kusturica (2008) - Soundtracks - IMDb
  27. ^ Armed and Dangerous - Anthrax | AllMusic
  28. ^ ナタリー - 朝比奈みくるがニルヴァーナ!? 声優パンクカバー - 2014年1月26日閲覧
  29. ^ Nouvelle Vague - 3 (CD, Album) at Discogs - 2014年1月26日閲覧