ゴツェロ2世 (下ロートリンゲン公)

ゴツェロ2世(Gotzelo II., 1008年 - 1046年)は、下ロートリンゲン公(在位:1044年 - 1046年)。

ゴツェロ2世
Gotzelo II.
下ロートリンゲン公
在位 1044年 - 1046年

出生 1008年
死去 1046年
家名 アルデンヌ家
父親 ロートリンゲン公ゴツェロ1世
テンプレートを表示

生涯

編集

ロートリンゲン公ゴツェロ1世の次男として生まれたが、在位期間の短さから知られることはほとんどない。1044年に父ゴツェロ1世が死去した後に、下ロートリンゲン公位を継承した。ゴツェロ2世は気が弱いと見られていたが、ドイツ王ハインリヒ3世はこの継承を認める約束を与えていた[1]。しかし兄のゴットフリート3世はロートリンゲン全土の領有権を主張した[2]。1046年、ハインリヒ3世は下ロートリンゲン公位をフリードリヒ2世・フォン・ルクセンブルクに与えた[3]。この時にゴツェロ2世が死去したとも考えられている。

父の死後すぐに、ゴットフリート3世は、彼が長い間所有していたロートリンゲンで、弟のゴツェロの相続した領地、つまりブラバントを、ゴツェロが統治するのにふさわしくないという口実で要求した。[…]同時に(1046年)国王は、子供を持たずに亡くなったゴツェロ2世の死により没収したブラバントの領地を、1042年にバイエルン公としたルクセンブルク伯ハインリヒ2世の弟であるフリードリヒ2世・フォン・ルクセンブルクに与えた[4]

別の説によると、ゴツェロ2世は無能であったためにハインリヒ3世により追放されたという[2]

脚注

編集
  1. ^ Ernst Steindorff (1879), “Gozelo, Herzog von Lothringen” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 9, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 531–532 
  2. ^ a b Kurt Reindel: Gottfried II. der Bärtige. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 6, Duncker & Humblot, Berlin 1964, ISBN 3-428-00187-7, S. 662 (電子テキスト版).
  3. ^ Hermann Vogel: Friedrich II. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 5, Duncker & Humblot, Berlin 1961, ISBN 3-428-00186-9, S. 515 (電子テキスト版).
  4. ^ August Friedrich Gfrohrer (1864). Pabst Gregorius VII und sein Zeitalter. Schaffhausen: F. Hurter. pp. 68–69. https://archive.org/details/bub_gb_48aWg2Klj1sC/page/68/mode/1up 

外部リンク

編集
先代
ゴツェロ1世
下ロートリンゲン公
1044年 - 1046年
次代
フリードリヒ