ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ

ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュGodefroy-Maurice de La Tour d'Auvergne, 1636年6月21日 - 1721年7月26日)は、ブルボン朝時代フランスの貴族・廷臣。ブイヨン公爵。

ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ
Godefroy-Maurice de La Tour d'Auvergne
ブイヨン公
Godefroy-Maurice de la Tour d'Auvergne.jpg
ブイヨン公ゴドフロワ・モーリスの銅版画、ロベール・ナントゥイユ画、1657年
在位 1652年 - 1721年

出生 (1636-06-21) 1636年6月21日
死去 (1721-07-26) 1721年7月26日(85歳没)
配偶者 マリー・アンヌ・マンシーニ
子女 一覧参照
家名 ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家
父親 ブイヨン公フレデリック・モーリス
母親 エレオノール・ファン・デン・ベルフフランス語版
テンプレートを表示

生涯編集

ブイヨン公フレデリック・モーリスとその妻エレオノール・ファン・デン・ベルフフランス語版の間の長男[1][2]。叔父のテュレンヌ大元帥の意向でマザラン枢機卿の姪(マザリネット)の1人マリー・アンヌ・マンシーニと婚約。2人の婚礼は1662年4月19日にルーヴル宮殿内王妃礼拝堂にて、国王夫妻臨席のもと行われた。

1658年から1715年までの長きにわたり、ルイ14世王にフランス王室侍従長フランス語版として近侍した[2]。1681年パリ市内のオテル・ド・バジニエールフランス語版を購入して「オテル・ド・ブイヨン」と改称、この邸宅は妻の開いたサロンによって評判となった。

子女編集

妻との間に7人の子があった[1][2]

引用・脚注編集

  1. ^ a b Paul Theroff. “La Tour d’Auvergne”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2020年1月4日閲覧。
  2. ^ a b c Godefroy Maurice, Duc de Bouillon,Genealogy.euweb.de La Tour3.
先代:
フレデリック・モーリス
ブイヨン公
1652年 - 1721年
次代:
エマニュエル・テオドーズ