ゴンサロ・デ・ベニート・セカデス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ベニート第二姓(母方の)はセカデスです。

ゴンサロ・デ・ベニート・セカデス(Gonzalo de Benito Secades、1951年11月15日 - )は、スペイン外交官特命全権大使、外務副大臣(セクレタリオ・デ・エスタドスペイン語版)。これまでスイスアラブ首長国連邦に駐箚したことがあり、2014年から2018年にかけて駐日大使を務めていた[1][2]

ゴンサロ・デ・ベニート・セカデス
Gonzalo de Benito 2016 (cropped).jpg
2016年3月、駐日大使在任時
生誕 (1951-11-15) 1951年11月15日(69歳)
スペインの旗 スペインマドリード
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 外交官特命全権大使、外務副大臣

経歴編集

マドリード出身。法学士の学位を取得したのち、1979年より外交界でのキャリアを歩み始める。スペインの外交官として、ルクセンブルクフランスでの勤務を命ぜられた。移民局、難民局、旅券局の次長、および外交総局の人事局次長も務めている。1992年、在ヒューストン総領事館の総領事に任命され、その後、在ペルー大使に任命された。2000年、外務大臣官房長および外務次官相談役になった。2003年1月、在スイス連邦大使に任命され、2008年8月から2009年にかけては、地方選挙における非EU外国人の選挙参加交渉のための特命大使を務めた。2009年4月から2012年1月にかけては、マヌエル・ピニェイロ・ソウトから引き継いで、在アラブ首長国連邦大使として在任した。

2012年から2014年にかけて外務副大臣(セクレタリオ・デ・エスタドスペイン語版)、加えてその任を終えた日から駐日大使を務めている[1]。翌2015年1月15日、皇居信任状を捧呈[3]。大使の任務は、ホルヘ・トレド・アルビニャーナが後任として指名された2018年10月に終了した[2]

受賞歴編集

出典編集

外部リンク編集

公職
先代:
ミゲル・アンヘル・ナバーロ・ポルテラスペイン語版
  駐日スペイン王国大使  
2014年 - 2018年
次代:
ホルヘ・トレド・アルビニャーナ
先代:
フアン・アントニオ・ジャニェス=バルヌエボスペイン語版
  外務副大臣(セクレタリオ・デ・エスタドスペイン語版
2012年 - 2014年
次代:
イグナシオ・イバニェス・ルビオ
先代:
マヌエル・ピニェイロ・ソウト
  駐アラブ首長国連邦スペイン王国大使  
2009年 - 2011年
次代:
ホセ・エウヘニオ・サラリッチスペイン語版
先代:
フェルナンド・アリアス=サルガドスペイン語版
  駐スイス連邦スペイン王国大使  
2003年 - 2008年
次代:
フェルナンド・リケルメ・リドンスペイン語版