メインメニューを開く

ゴンザレス三上(本名・三上 雅彦(みかみ まさひこ)、1953年12月30日 - )は、大阪府生まれで現在も大阪を拠点に活動するギタリスト作曲家編曲家である。アコースティックギターデュオゴンチチ」のメンバー。

略歴編集

音楽への目覚めは幼稚園。お昼時に園で流れた、ルロイ・アンダーソンの『シンコペイテッド・クロック』に衝撃をうけ、食べかけのウィンナーを落とし、曲が終わるまでお弁当がのどを通らなかったという。

ギターを弾き始めたのは小学校5年生、ギターのうまい友人に教えてもらったのがきっかけ。半世紀弱のキャリアを持つ。
ゴンチチではナイロン弦ギター(クラシックギターガットギター)によるリードギターを担当。 12弦ギターソプラノギター6弦ウクレレなども使用する。

1978年に共通の友人から同郷のチチ松村(本名・松村正秀)を紹介され、二人でギターを弾いたところ非常に相性が良く意気投合し、松村の誘いでステージに上がってふたりでギターを弾くようになり、ゴンチチを結成した。 ゴンザレス三上と名乗りはじめたのもかなり初期である。
(由来は、女子プロレスラーのローラ・ゴンザレスから。強そうな語感でつけたとのこと)
音楽のほかにも、オリジナルアルバム『XO』のジャケットデザインなど CGやグラフィックデザインの分野でも独自の活動をしている。

ゴンチチは現在も新作アルバムを発表するなど、精力的に活動を続けている。

また、三上は近年、辻コースケとのユニットSSRM(smoked salmon railway machine)で、レコーディングやライブ活動も行っている。

CD(ゴンチチ以外)編集

ソロCD

Smoked Salmon Railway Machine CD

  • SEIZA  2010

著作編集

  • 犬と暮らす人の生活(メディアファクトリー)1999

外部リンク編集

music before bedtime:Twitterで紹介している「宵張ゴン氏就寝前音楽」の一覧