ゴーストタウン

カリフォルニア州ボディのゴーストタウン 金鉱目的でつくられた集落としてゴーストタウンの象徴の一つとされている

ゴーストタウン英語: Ghost town)又は、亡霊(幽霊)の町とは、何らかの理由により住人が退去して無人となり、居住していたことを示す建物や痕跡のみが残されている場所のこと。産業による環境破壊や衰退、戦争自然災害での退去によって、一度形成された都市や集落廃墟化したものである。村の場合には廃村ということがある。

実際にはセントラリアチェルノブイリのように、ゴーストタウンとされる場所でも、ごく少数の住人が住んでいる場合もある。

目次

ゴーストタウンの形成理由編集

産業構造の変化編集

集落の存在理由が特定の産業に依存している場合においては、その産業が持続的なものではなく衰退した場合には集落の存在意味を失うことである。その意味において生活の伝統も基盤もない地域に人工的につくられた集落が自然消滅するというのはゴーストタウン発生の典型例として認められている。

鉱業の衰退編集

 
端島(軍艦島)
 
コールマンスコップ

アメリカ合衆国コロラド州モンタナ州カリフォルニア州アリゾナ州ネバダ州に多く存在する。ほとんどは、ゴールドラッシュの頃に、金鉱を目当てに集まった者たちによって形成された町であったが、これらの金鉱および採掘作業は鉱業と呼べる産業形態にはおよばず短期的に消耗されるものであったため金鉱が掘りつくされるとほとんどがゴーストタウンと化した。

日本でも、北海道九州北部の炭鉱跡を中心に同様の元鉱山町が存在する。多くは、大きな都市の一部の集落が廃村になったものであるが、長崎県端島は採炭のための人工島だったため、島そのものが完全にゴーストタウンと化している(現在は長崎市の一部)。他にも北海道釧路市阿寒町雄別炭礦跡、夕張市大夕張北見市イトムカ鉱山(水銀)、羽幌町羽幌炭鉱岩手県八幡平市松尾鉱山(硫黄)跡、埼玉県秩父市奥秩父)の秩父鉱山などがある。

ナミビアコールマンスコップは、ダイヤモンド採掘の労働者の居住地として建設されたが、第二次世界大戦後のダイヤモンドの暴落に伴い衰退し、1956年に放棄された。

政治的要因編集

  • 上都クビライが根拠地として建造した都市で、中国を占領して大都に遷都した後も副都として重要な位置を占めていた。が、食料や物資などが自給自足できず外からの輸入に依存していた上に、水路がなく、交通や物資輸送が不便だったことから、が崩壊してに移り変わると放棄され、原野へと戻っていった。


離農・耕作地放棄編集

  • 新潟県新潟市西蒲区角海浜では、数十年に一度海に面した家並みを根こそぎ奪っていく「マクリダシ」と呼ばれるこの地域特有の一種の海岸浸食現象によって、幾度となく家屋等が砂で埋没してしまうことがあった。繰り返されるマクリダシによって人口がほぼ離散していたところに巻原発の計画が持ち上がり、最後の住民も離村して完全に無人地帯となった。
  • マヤ文明の諸都市はマヤ地域に壮麗な都市国家を築いていたがそのほとんどが放棄された。要因は様々であるが、焼畑農業や大河がない土地で貯水するのに欠かせない漆喰の製造などによって森林が破壊されたことで、地力が衰えて作物が育たなくなり、多数の人口を養えなくなったことが要因の一つとしてあげられる。

無人島化編集

不動産投資過熱編集

集団移住編集

行政編集

治安悪化編集

  • 南アフリカヨハネスブルグアパルトヘイトの廃止により、それまで都心部への居住が許されていなかったアフリカ系住民や不法入国者等が一挙に市街地へと流れ込み、治安が悪化した。これにより北部のサントン地区等の近郊へと職場(企業)も住居も移転したため、中心街がゴーストタウン状態となっている。

戦争・政治弾圧編集

中世ヨーロッパの三十年戦争では、ドイツの多数の農村が廃村になったといわれている。ここには、第二次世界大戦以降における顕著な事例が列記されている。

 
オラドゥール=シュル=グラヌ

自然災害編集

自然災害の規模が大きい場合、個人の被害程度ではなく社会基盤が破壊されるため復旧すら放棄されることになる。

火山の噴火編集

 
プリマス

震災編集

集中豪雨編集

  • 島根県益田市の高島は、1972年7月の極地的な集中豪雨で壊滅的な被害を受け、全住民が離島し無人島となった。

砂漠化の進行編集

火災、疫病編集

獣害編集

水没編集

  • アルゼンチンヴィラ・エペクエンは、1985年にエペクエン湖の水位上昇により水没し、放棄された。2000年代後半から水位が減少し、水底に沈んだ町が再び現れている。

人為災害・環境汚染編集

放射能汚染編集

 
プリピャチ
 
原発事故で住民が避難した浪江町

ダイオキシン汚染編集

石綿汚染編集

  • 西オーストラリア州ウィットヌーン青石綿鉱山により繁栄、鉱石くずなどを道路整備などに使用したため全域が汚染された。ゴーストタウン化による観光客の増加によって発生する健康被害を恐れ、町を廃止して地図から町を抹消し、道路の封鎖などが予定されている。

鉱毒被害編集

  • 栃木県上都賀郡松木村は、隣接する足尾銅山精錬所で使用されるため山の木材が大量に伐採、さらに精錬所から排出される鉱毒が遠因となり山林が荒廃。産業が立ち行かなくなり、村民が去っていった。

炭坑内火災編集

  • ペンシルベニア州セントラリア石炭の町として繁栄していたが、1962年に発生した坑内火災によって居住が困難になり住民が退去した。2010年時点で10人の住民が残っている。消火活動は断念され、自然鎮火には200年以上かかるとされている。

住宅バブル編集

スペインでは世界金融危機 (2007年-)で住宅バブルがはじけると、ローンを払えない多くの人々が家を手放して、ゴーストタウンが出現[4]

ゴーストタウンの再利用編集

ゴーストタウンによっては、その後町そのものが映画のセットとして使われたり、逆手を取ってゴーストタウンであることを売り物にダークツーリズム化した所もある。

脚注編集

  1. ^ 大字門入だけは水没を免れたものの、車道が失われ「陸の孤島」と化しているが、住民は定期的に戻って生活をしており、日本郵便株式会社交通困難地にも指定されている。
  2. ^ ただし全戸移転ではないため自治体としての余呉町は存続した。
  3. ^ 住民との協議の結果であり強制には当たらない。
  4. ^ “スペインに増殖する「死の町」”. (2012年8月8日). http://www.newsweekjapan.jp/picture/84602.php 2013年2月9日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集