ゴーストライダー (映画)

アメリカの映画

ゴーストライダー』(Ghost Rider)は、2007年米国で公開されたマーク・スティーヴン・ジョンソン監督のホラーアクション映画。同年3月3日日本で公開された

ゴーストライダー
Ghost Rider
Ghost rider bike.JPG
ゴーストライダーの乗るヘルバイク
監督 マーク・スティーヴン・ジョンソン
脚本 マーク・スティーヴン・ジョンソン
原案 マーク・スティーヴン・ジョンソン
製作 アヴィ・アラッド
マイケル・デ・ルカ
ゲイリー・フォスター
スティーヴン・ポール
製作総指揮 スタン・リー
ノーマン・ゴライトリー
デヴィッド・S・ゴイヤー
E・ベネット・ウォルシュ
アリ・アラッド
リンウッド・スピンクス
出演者 ニコラス・ケイジ
エヴァ・メンデス
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 ラッセル・ボイド
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 クリスタル・スカイ・プロダクションズ
レラティビティ・メディア
マーベル・スタジオズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア ピクチャーズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年2月16日
日本の旗 2007年3月3日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000[1]
興行収入 $228,738,393[1]
次作 ゴーストライダー2
テンプレートを表示

マーベル・コミック社の同名コミック作品『ゴーストライダー』が原作。

あらすじ編集

移動サーカスのオートバイスタント芸人だった17歳のジョニー・ブレイズは、肺癌が全身に転移して死に瀕した父親を治すことを条件に、悪魔メフィストフェレスと契約を結んだ。しかし父親は健康な体になった直後に事故死。実は父親の死はメフィストフェレスの呪いだと知り、悲嘆にくれるジョニーは、サーカスも恋人のロクサーヌも捨てて旅に出る。

それから13年が過ぎ、不死身のバイクスタントとして名声を得ていたジョニーは、ケーブルテレビのレポーターとなったロクサーヌと再会する。

その頃、メフィストフェレスの息子ブラックハートが地上に姿を現し、配下の3体の魔物“隠れしもの(ヒドゥン)”を呼び覚ました。息子のブラックハートは父を倒すため、千の悪しき魂を思うままにすることができる「サン・ヴェンガンザの誓約書」を探していた。悪魔にとって恐るべき力の源泉となる「サン・ヴェンガンザの誓約書」は、その強大な力をメフィストフェレスに渡すことを拒んだ先代のゴーストライダーによっていずこかに持ち去られ、行方不明となっていたのだ。

再びジョニーの前に現れたメフィストフェレスは、悪魔の契約からの解放を条件にブラックハートを滅ぼすことを命令する。こうして、父の形見のバイクとジョニーの肉体を地獄の炎が包み、燃える髑髏の顔を持つゴーストライダーが誕生した。

能力編集

地獄の炎(ヘルファイア)
ゴーストライダーの全身を包む灼熱の業火。銃弾などの攻撃を防ぐ防御力と悪魔をも燃やすことができる攻撃力を併せ持つ。チェーンなどにこの炎を帯びさせることで自在に操ることができる。
贖罪の目(ペナンス・ステア)
ゴーストライダー最大の武器。燃える眼窩を見つめると、自らが犯した全ての悪事と他人に与えた全ての苦痛が本人に舞い戻り、過去の罪を悔い改めさせる。悪魔のように魂を持たない相手には効き目が無い。
ヘルバイク
父の形見のハーレー・ダビッドソン・グレイスが、ゴーストライダーの変身に感応して、炎の車輪を持ち、車体各部から炎を吹き上げる姿に変化する。垂直の壁面や水面も走ることができるが、飛行能力はない。ゴーストライダーは口笛で呼び寄せることができる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

職業はバイクスタント。元は移動サーカスのオートバイスタント芸人。契約により超人的な肉体で危ないスタントをこなし人気を得ている。しかし、更なる事件に巻き込まれメフィストによりゴーストライダーとして覚醒させられる。
ジョニーの恋人。現在はケーブルテレビのリポーター。自分を捨てたジョニーには当初は良い印象を抱いていなかったが内心では愛憎反する思いを抱いている。
メフィストフェレスの息子。悪魔だけあり超常的な力を持つ。
ジョニーと出会った老人。元は騎馬警官で現在は墓守。ゴーストライダーに詳しい。実はゴーストライダーの一人であり、正体をジョニーに告げた後に一緒に走り、天に召される。
ジョニーの友人。ラッキーという犬を飼っている。危ないスタントをするジョニーを心配している。ロクサーヌが表れてからトラブルが続いたことから彼女に良い印象を抱いていない。ブラックハートに殺害される。
バートンが肺癌が全身に転移して死に瀕し、それを治すことを条件にジェニーと契約した。息子の陰謀を阻止するためにジョニーに協力を求める。
ジョニーの父親。ガンに侵され、これを治すためにジョニーはメフィストフェレスと契約した。病気は治ったものの、すぐに事故死してしまう。
  • 地のグレジル - ローレンス・ブルース
敵役の三人組の一人。最初にゴーストライダーに倒される。
  • 水のワロウ - ダニエル・フレデリクセン
敵役の三人組の一人。最後にゴーストライダーに倒される。
  • 風のアビゴール - マシュー・ウィルキンソン
敵役の三人組の一人。2番目にゴーストライダーに倒される。

スタッフ編集

評価編集

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは139件のレビューで支持率は26%、平均点は4.20/10となった[2]Metacriticでは20件のレビューを基に加重平均値が35/100となった[3]

その他編集

  • ジョニーのハーレーは、『イージー・ライダー』でピーター・フォンダ演ずるワイアットの愛車の精巧なレプリカである[4]。劇中でもメフィストがジョニーのハーレーを「いいバイクだ」と感想を述べるシーンがある。
  • ピーター・フォンダが出演依頼を受けたのは撮影開始の直前(クランクインが2月17日、出演依頼を受けたのは2月12日)であった。フォンダの起用はニコラス・ケイジの発案である[5]

ノベライズ編集

脚注編集

  1. ^ a b Ghost Rider (2007)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年10月14日閲覧。
  2. ^ Ghost Rider”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2022年6月16日閲覧。
  3. ^ Ghost Rider Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2022年6月16日閲覧。
  4. ^ パンフレットより
  5. ^ DVDのメイキングより

外部リンク編集