メインメニューを開く

ゴードン・ネルソンGordon George Nelson1930年3月27日 - 2012年12月17日)は、カナダマニトバ州ウィニペグ出身のプロレスラー

ゴードン・ネルソン
プロフィール
リングネーム ゴードン・ネルソン
ミスター・レスリング
ジ・アウトロー
本名 ゴードン・ジョージ・ネルソン[1]
ニックネーム 技巧派の帝王[2]
身長 180cm - 183cm[2]
体重 100kg - 106kg[2]
誕生日 1930年3月27日[3]
死亡日 (2012-12-17) 2012年12月17日(82歳没)[3]
出身地 カナダの旗 カナダ
マニトバ州の旗 マニトバ州ウィニペグ
スポーツ歴 レスリング
トレーナー アルバート・オルセン[4]
デビュー 1956年[4]
引退 1983年[3]
テンプレートを表示

タイトルには恵まれなかったものの、プロレス界でも有数のシューターとして知られ[4]、その実力はカール・ゴッチも一目置いていたという[2]ドリー・ファンク・シニアエディ・グラハムといったプロモーターからも信頼され、腕自慢の素人などの道場破りを迎撃するポリスマン(用心棒)を任されていた[4]

来歴編集

プロ転向前はレスリングの強豪として鳴らし、1951年1954年1955年マニトバ州のライトヘビー級王者になっている[4]1952年ヘルシンキ1956年メルボルンの両オリンピックの代表候補にも選ばれたが、資金不足のためカナダが選手団を現地に派遣できず、出場を断念[4]。それまでもセミプロの立場で単発的にプロレスのリングに上がっていたが[1]、アルバート "オリー" オルセンのもとでプロとしての本格的なトレーニングを積み、1956年に地元のウィニペグにてデビュー[4]

ほどなくしてイギリスに渡り、以降1960年代全般にわたって英国マット界で活動。ビリー・ジョイスロッキー・ウォールジェフ・ポーツダニー・リンチアル・ヘイズビル・ロビンソンワイルド・アンガスパット・バレットといった地元勢をはじめ、ゼブラ・キッドジョージ・ゴーディエンコピーター・メイビアなど、当時英国を主戦場としていたアメリカやカナダの選手とも対戦した[5]1963年初頭に一時北米に戻り、ウィニペグをカナダの興行拠点としていたAWAのサーキットに参加。ジャック・ランザと組み、ミネソタにてカルミコフ・ブラザーズのAWA世界タッグ王座に挑戦している[4]

イギリスでは、ジ・アウトローThe Outlaw)なるヒール覆面レスラーにも変身[4]1968年6月、当時ヨーロッパを外国人選手の招聘ルートとしていた国際プロレスに、このギミックで初来日[6]スカイ・ハイ・リーやイアン・キャンベルと組んで豊登&サンダー杉山のTWWA世界タッグ王座に挑戦した。翌1969年10月には、覆面を脱いで素顔のゴードン・ネルソンとして再来日している[7]

1970年代からは活動拠点を北米に戻して、1970年よりテキサス西部のアマリロ地区(ドリー・ファンク・シニア主宰のNWAウエスタン・ステーツ・スポーツ)に参戦。再び覆面レスラーに変身して、ミスター・レスリングMr. Wrestling)を名乗ってテリー・ファンクと抗争[5]1971年3月には素顔のゴードン・ネルソンとして日本プロレスに来日、第13回ワールドリーグ戦に出場した[8]。翌1972年5月にはミスター・レスリングとして再来日。フェアプレイを身上としたティム・ウッズ版の本家ミスター・レスリングとは異なり、悪の白覆面となってラフファイトを展開、5月31日の福井大会では大木金太郎アジアヘビー級王座に挑戦した[9]。翌1973年1月、再び素顔に戻り、旗揚げして間もない全日本プロレスに参戦している[10]

帰米後はロサンゼルスNWAハリウッド・レスリングに出場し、1973年4月11日、素顔のゴードン・ネルソン名義でリッパー・コリンズと組みNWAアメリカス・タッグ王座を獲得[11]。ミスター・レスリングとしても、8月15日にパク・ソン、11月17日にドクター・デス(ドン・アーノルド)をパートナーに戴冠している[11]1974年からは再びアマリロを主戦場として、ルーキー時代のスタン・ハンセンボブ・バックランドと対戦[5]1976年プエルトリコWWCに参戦、海外遠征中だったヒゴ・ハマグチことアニマル浜口と組み、10月16日にバヤモンにてアントニオ・ロッカ&ミゲル・ペレスからWWC北米タッグ王座を奪取した[12]

1977年より主戦場をエディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ(CWF)に移して、以降キャリア晩年までフロリダで活動。1980年代に入るとジョバーのポジションに回り、バリー・ウインダムなど当時の若手選手のともなった[5]1983年の引退後はレフェリーを務める一方、リング・クルーのマネージメント業務を担当。CWFを買収したジム・クロケット・プロモーションズWCWでも同業務を手掛け、WCWがWWFに買収される2001年まで携わった[4]

2012年12月17日心不全肺炎により死去[4]。82歳没。晩年は1970年代の主戦場だったアマリロに居住していた[4]

得意技編集

獲得タイトル編集

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:4回(w / ザ・グラディエーター=リック・ハンター×3、エリック・ロメル)[14]
NWAハリウッド・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル

脚注編集

  1. ^ a b c Gordon Nelson”. Wrestlingdata.com. 2013年8月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P304(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c Mr. Wrestling”. Cagematch.net. 2013年8月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 'Mr. Wrestling' Gordon Nelson dead at 82”. SLAM! Sports. 2013年8月3日閲覧。
  5. ^ a b c d Gordon Nelson Career Archive”. SLAM! Sports. 2013年8月3日閲覧。
  6. ^ IWE 1968 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2016年1月8日閲覧。
  7. ^ IWE 1969 IWA World Tag Team Challenge Series”. Puroresu.com. 2016年1月8日閲覧。
  8. ^ JWA 1971 The 13th Annual World League”. Puroresu.com. 2016年1月8日閲覧。
  9. ^ JWA 1972 Golden Series 1”. Puroresu.com. 2016年1月8日閲覧。
  10. ^ AJPW 1973 New Year Giant Series”. Puroresu.com. 2016年1月8日閲覧。
  11. ^ a b c NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月4日閲覧。
  12. ^ a b WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月4日閲覧。
  13. ^ Gordon Nelson”. Online World of Wrestling. 2013年8月4日閲覧。
  14. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月4日閲覧。

外部リンク編集