メインメニューを開く

ゴールデンタイム (テレビ番組)

フジテレビ系列のクイズ番組

ゴールデンタイム』(GOLDEN TIME)は、1994年4月16日から同年9月17日までフジテレビ系列で毎週土曜日20:00 - 20:54に放送されていたクイズ番組である。

ゴールデンタイム
ジャンル クイズ番組
演出 きくち伸ほか
出演者 上岡龍太郎
松本明子 ほか
エンディング清く正しく行こう」(LINDBERG
プロデューサー 王東順
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年4月16日 - 9月17日
放送時間 毎週土曜 20:00 - 20:54
放送分 54分

目次

番組概要編集

司会は上岡龍太郎松本明子。「メディアは何を追いかけるか」をキーワードに、有名人やテレビ番組(特に制作者視点で取材)等、メディアそのものをクイズとして取り上げる。

当時ディレクターだったきくち伸は、それまで担当していた音楽番組『MJ -MUSIC JOURNAL-』が終了した後、プロデューサーの王東順に誘われこの番組に参加していた[1]。番組打ち切り後、きくちは先輩の水口昌彦プロデューサーと共に新しいタイプの音楽番組を手掛けることになった。その番組が2012年12月まで続いたダウンタウン司会の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』である。

ルール編集

  • 5人(後に7人)による個人戦
  • 基本的に早押しクイズ(筆記問題もあった)1問正解すれば300点、放送2回目以後から500点獲得。後、その時に問題に関するご褒美を貰える場合もたまにあった。
  • 各解答席、獲得した点数は次回に持ち越し
  • どこかの解答席が10000点を突破した時点で、1ステージ終了。特典として、そのステージ中に10000点を突破した解答席に座った解答者全員のこの番組のギャラが2倍になった。そして、全席の得点をリセットした状態で、新たなステージを開始。
  • 一回の放送分で獲得した点数が最も多い解答者にはトップ賞がもらえ、得点が最も少なかった解答者は番組の告知を番組外でしなければならない罰ゲームがあった(複数いた場合は延長戦で決める)。宣伝方法は、例えば飯島愛は当時出演していた「ギルガメッシュないと」(テレビ東京)でお尻に番組ステッカーを貼ったり、千昌夫は村内向け放送で告知をしたりと、出演者によって多種多様であった。因みに松本明子も、出題時に誤って答えを言ってしまった時に罰ゲームを受けた事がある。
  • 初回では、お笑いコンビの鶴屋華丸・亀屋大吉(現:博多華丸・大吉)が取材されていた。スタジオでは職業と所属する会社を当てさせるクイズが出された。答えは「お笑い芸人(博多弁の漫才師)」「吉本興業」だった。
  • 解答席は第1ステージのみ5席だったが、第2ステージから最終回まで7席(前列4席・後列3席)まで増えた。

メディアグランプリ編集

  • 中期~後期に行われた最終コーナー。因みに、当コーナーのジングルはキダ・タローが作曲した。
  • 各ジャンル分野から500点・1000点(一時期300点・500点の期間あり)と選択、但し同じフジテレビ「クイズグランプリ」と同様、得点の低い問題を選択しなければならない。
  • 同様に正解するまで解答できた。また、司会者の裁量により得点をすることもあった。

出演者編集

主題歌編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 3.全ての基礎は「夜のヒットスタジオ」にある - Musicman's RELAY 第67回:きくち伸(Musicman-NET)
フジテレビ 土曜20時台
前番組 番組名 次番組
ゴールデンタイム