ゴールドラッシュ (アルバム)

矢沢永吉のアルバム

ゴールドラッシュ』は、矢沢永吉4作目のスタジオ・アルバム[1][3]1978年6月1日CBS・ソニーから発売[3]

ゴールドラッシュ
矢沢永吉スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロックJ-POP
時間
レーベル CBS・ソニー
プロデュース 矢沢永吉
チャート最高順位
矢沢永吉 アルバム 年表
スーパーライブ 日本武道館
(1977年)
ゴールドラッシュ
(1978年)
LIVE 後楽園スタジアム
(1978年)
『ゴールドラッシュ』収録のシングル
  1. 時間よ止まれ
    リリース: 1978年3月21日[2]
テンプレートを表示

解説編集

同年夏の資生堂キャンペーンソングに採用され[4]、100万枚の売上を記録したシングル「時間よ止まれ」を収録[1][3]

1978年6月12日付けのオリコンチャートで1位を達成[1][4]、以降同年7月10日まで5週連続でトップを保ち[4]、鮮烈なジャケットのビジュアルも含めて[3]ロック史上不滅のベストセラーになった[4]

矢沢はTBSの当時の人気番組『ザ・ベストテン』への出演を拒否する他[3]、アルバムとツアーを大切に活動するアーティストとしてのポリシーを貫いた[3]。ツアー「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1978「GOLD RUSH '78 PART-1」を同年3月20日からスタートし、ツアー中に本アルバムを発売[3]。ツアー・ファイナルとして同年8月28日後楽園球場で単独公演を敢行[3]。会場周辺を機動隊が取り囲む異例のライヴを大成功させて、矢沢はその存在感を決定付けた[3]。また同年7月25日に自著伝『成りあがり』を出版し[3]、同書は版を重ねて100万部を超えるベストセラーとなった[3]。また当時は毎年5月に公表されていた長者番付歌手部門(1977年度)で、ロックミュージシャンとして初めて1位になっている[3]

評価編集

川崎大助の2015年の著書『日本のロック名盤ベスト100』において、本作は第5位に選ばれた[1]。川崎は「フランク・シナトラ調のクルーナー唱法、つまりロックンロール以前の時代のクールネスをも意識しつつ、それでいて日本の演歌的なねばっこさをも内包する歌世界は、ユニークきわまりない」と指摘している[1]

収録曲編集

全作曲・編曲: 矢沢永吉
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ゴールドラッシュ」山川啓介矢沢永吉
2.「昨日を忘れて」西岡恭蔵矢沢永吉
3.「鎖を引きちぎれ」山川啓介矢沢永吉
4.「ラッキー・マン」木原敏雄矢沢永吉
5.「ボーイ」相沢行夫矢沢永吉
6.「さめた肌」木原敏雄矢沢永吉
7.「今日の雨」木原敏雄矢沢永吉
8.時間よ止まれ山川啓介矢沢永吉
9.「ガラスの街」木原敏雄矢沢永吉
10.「長い旅」山川啓介矢沢永吉

クレジット編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 川崎大助 『日本のロック名盤ベスト100』講談社講談社現代新書〉、2015年、48-49頁。 
  2. ^ 長谷川誠 (2017年3月20日). “1978/3/21発売の矢沢永吉「時間よ止まれ」はツアー中の楽屋でギター1本で作られた【大人のMusic Calendar】”. ニッポン放送. 2017年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l ゴールドラッシュ”. 矢沢永吉 公式サイト. 2020年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月6日閲覧。
  4. ^ a b c d 「大特集 青春の音楽 オリコンチャート1位に見る年代別ヒットソング 1978年 『ゴールドラッシュ』 6.12~7.10 矢沢永吉」 『ラピタ 月刊「吉田拓郎」』2003年9月号、小学館、37頁。 

外部リンク編集