ゴールド・ディガース (1933年の映画)

ゴールド・ディガース』は、プレコード期の1933年に公開されたアメリカ合衆国ミュージカル映画。監督はマーヴィン・ルロイ、ミュージカル場面の演出はバスビー・バークレー、作曲ハリー・ウォーレン英語版、作詞アル・ダビン英語版。出演はウォーレン・ウィリアム英語版ジョーン・ブロンデルアリーン・マクマホン英語版ルビー・キーラー英語版ディック・パウエルガイ・キビー英語版ネッド・スパークス英語版ジンジャー・ロジャース

ゴールド・ディガース
Gold Diggers of 1933
Gold Diggers of 1933 (window card - cropped).jpg
ポスター(1933)
監督 マーヴィン・ルロイ
バスビー・バークレー(ミュージカル場面)
脚本 アーウィン・ゲルシー
ジェームズ・シーモア
原作 エイヴァリー・ホップウッド
製作 ロバート・ロード
ジャック・L・ワーナー英語版
出演者 ウォーレン・ウィリアム英語版
ジョーン・ブロンデル
アリーン・マクマホン英語版
ルビー・キーラー英語版
ディック・パウエル
音楽 ハリー・ウォーレン英語版(作曲)
アル・ダビン英語版(作詞)
撮影 ソル・ポリート
編集 ジョージ・エイミー
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1933年5月27日
上映時間 90分/96分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 433,000ドル[2][3][4]
興行収入 3,231,000ドル(全世界))[3][4]
テンプレートを表示
『Waltz of the Shadows』のシーン

原作は1919年から1920年にかけて282回上演されたエイヴァリー・ホップウッド作の舞台『The Gold Diggers』[5]。過去に2度映画化され(1923年の『百花笑えば英語版』と1929年の『ブロードウェイ黄金時代英語版』)、1929年版はその年最高の収益をあげ、本作もまた大ヒットした[6]。脚本はアーウィン・ゲルシーとジェームズ・シーモア。追加の台詞はベン・マークソンとデイビット・ベーム。

2003年アメリカ議会図書館は「文化的、歴史的、審美的に重要」としてアメリカ国立フィルム登録簿に保存した[7]

タイトルのゴールド・ディガース(Gold Digges)とは「男をたらし込んで金を搾り取る女」という意味だが[8]、ヒロインたちのグループ名でもある。

あらすじ編集

ゴールド・ディガーズたちがミュージカルの練習をしているところに、債権者たちがやってきて公演の中止を言い渡す。

ゴールド・ディガーズのメンバー、純情娘役担当のポリイ、失恋ソング担当のキャロル、お笑い担当のトリキシイの3人は共同でアパートを借りていた。(もう1人のメンバー、お色気担当のフェイは別のところに住んでいる)仕事がなくなって起きるのも億劫。朝食を済ませた後、向かいのアパートから美しい歌が聞こえてくる。ピアノを弾き語りしているのは作曲家の卵ブラッド。

ブラッドのことが好きなポリイは、彼をプロデューサーのホプキンスに引き合わせる。ホプキンスはブラッドの曲を気にいるが、公演を再開するには資金がいる。するとブラッドがその資金を用立てると言い出す。

ブラッドはどこからか15000ドルの現金を調達してきた。銀行強盗でもしたのかと訝しがるポリイたち。

公演初日、主役のポリイの相手役が腰痛で出られなくなる。急遽、作曲者のブラッドが代役に立ち、ポリイと息のあったデュエットをみせる。公演は無事成功する。

翌日の新聞を見てポリイたちは驚く。実はブラッドは億万長者の息子だったのだ。

ブラッドの兄のローレンスは弟がショウガールに誘惑されていると思い込み、老弁護士のピーボディを伴ってポリイたちのアパートに赴く。ポリイは不在で、キャロルとトリキシイが相手をする。ローレンスはキャロルをポリイと間違え、金で解決しようとする。

酒を交え会話しているうちにローレンスは酔い潰れてしまう。トリキシイが寝ているローレンスをキャロルのベッドに運び、服を脱がせる。翌朝、目が覚めたローレンスはびっくりし、口止め料として1万ドルの小切手を切ってトリキシイに渡す。

ローレンスは新聞で弟とポリイが結婚したことを知る。さらにピーボディもいつのまにかトリキシイと婚約していた。ローレンスはアパートに抗議に行く。そこで自分が渡した小切手が現金化されず額縁の中に飾られているのを見て、キャロルたちショウガールが金目当てでなかったことを知る。ローレンスとキャロルは結ばれ、ゴールド・ディガーズの3人全員が玉の輿に乗った。

キャスト編集

他に、性格俳優のスターリング・ホロウェイホバート・キャバノー英語版が端役で出演。振り付けのバスビー・バークレーは『Remember My Forgotten Man』前の呼び出し係役[9]。さらに、ロバート・アグニュー、ジョーン・バークレイ、フェルディナンド・ゴットシャルク英語版、アン・ホヴェイ、フレッド・ケルシー英語版チャールズ・レインウォーレス・マクドナルド英語版、ウィルバー・マック、デニス・オキーフ、フレッド・トゥーンズ、ドロシー・ウェルマン、ジェーン・ワイマン、リン・ブロウニング、タマニー・ヤングが出演している。

制作編集

元々のタイトルは『High Life』で、ウォーレン・ウィリアムの役にはジョージ・ブレント英語版が予定されていた。

初期稿はストーリーの官能的な部分に焦点を当てていたが、徐々にショーの舞台裏のシーンが増えていった。『四十二番街』のヒットもあり、スタジオはミュージカルにすることに決定[10]

撮影はバーバンクのワーナー・ブラザース・スタジオ。製作費は推定433,000ドル。1933年5月27日に一般公開。

興行収入編集

その年の興行成績2位タイ[11]。ワーナー・ブラザーズによると、アメリカ国内で2,202,000ドル、海外で1,029,000ドルの収益をあげた[4]。1,602,530ドルの利益[2]

評価編集

ネイサン・レヴィンソンアカデミー録音賞にノミネート[12]

楽曲編集

 
『We're in the Money』のシーン

We're in the Money編集

歌うのはジンジャー・ロジャース。一部ピッグ・ラテンで歌われる。撮影中、ロジャーズが歌ってるのを聞いてバークレーが採用[13]。衣装は巨大なコインで飾られている。

Pettin' in the Park編集

ルビー・キーラーとディック・パウエルのデュエット。キーラーのタップダンスと、ビリー・バーティ扮する赤ちゃんのアクションが見もの。曲の途中で女性たちが着替えるシーンでは幕の向こうからライトを当ててシルエットに。幕が上がると女性たちは金属製の服を着ていて、ディック・パウエルは缶切りで服を開けようとする。当初の予定ではエンディングに使われるはずだった[9]

The Shadow Waltz編集

キーラーとパウエル。暗闇で光るネオン管で出来たヴァイオリンを持った女性たちの群舞が見もの。昔見たヴォードヴィルからバークレーが着想。光るヴァイオリンは後から考えた。このシーンの撮影をしていた3月10日にマグニチュード6.4のロングビーチ地震が発生。

停電になって、ヴァイオリンのいくつかがショートした。バークレーはカメラクレーンから投げ出され、片手で宙吊りになったまま、高さ9.1mの壇上にいた女の子たちに、技術者たちがサウンドステージのドアを開いて明るくなるまで動かず座っているように指示した[9]

Remember My Forgotten Man編集

ジョーン・ブロンデルとエタ・モートン・バーネット。終曲部はエタ・モートン・バーネットがブロンデルを吹き替えている[1]。舞台美術は大恐慌時代の不安が反映され、ドイツ表現主義の影響が見受けられる。1932年に起こったボーナス行進と、フランクリン・ルーズベルトが演説で述べた「忘れられた人々(Forgotten man)」からバークレーが着想した[14]。プロデューサーのジャック・L・ワーナー英語版と撮影所長ダリル・F・ザナックはその出来に感動し、『Pettin' in the Park』に代えて映画のラストに使うよう命じた[9]

追加で、ロジャースが歌う『I've Got to Sing a Torch Song』も撮られたが、編集でカットされた。この歌は劇中、ブラッドがホプキンスを前にピアノで弾き語りするシーンで聴くことができる[9][15]

出典編集

  1. ^ a b ゴールド・ディガース - American Film Institute Catalog(英語)
  2. ^ a b Sedgwick, Jon (2000) Popular Filmgoing in 1930s Britain: A Choice of Pleasures University of Exeter Press. p.168 9780859896603
  3. ^ a b Glancy, H Mark (1995). “Warner Bros Film Grosses, 1921–51: the William Schaefer ledger”. Historical Journal of Film Radio and Television 15. 
  4. ^ a b c Warner Bros financial information in The William Shaefer Ledger. See Appendix 1, Historical Journal of Film, Radio and Television, (1995) 15:sup1, 1-31 p 13 DOI: 10.1080/01439689508604551
  5. ^ IBDB "The Gold Diggers"
  6. ^ TCM Notes
  7. ^ Complete National Film Registry Listing”. Library of Congress. 2020年3月26日閲覧。
  8. ^ gold diggerとは”. Weblio英和辞典・和英辞典. ウェブリオ. 2020年3月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e Frank Miller "Gold Diggers of 1933" TCM article
  10. ^ "FDR's New Deal ... Broadway bound". Gold Diggers of 1933 (DVD). Turner Entertainment. 2006. 該当時間: 4:53. OCLC 972825960
  11. ^ “Box Office Champions of 1933”. Motion Picture Herald: p. 16. (1934年2月3日). https://archive.org/stream/motionpictureher114unse#page/n449/mode/2up 2020年3月26日閲覧。 
  12. ^ The 6th Academy Awards (1934) Nominees and Winners”. oscars.org. 2020年3月26日閲覧。
  13. ^ "FDR's New Deal ... Broadway bound". Gold Diggers of 1933 (DVD). Turner Entertainment. 2006. 該当時間: 2:55. OCLC 972825960
  14. ^ "FDR's New Deal ... Broadway bound". Gold Diggers of 1933 (DVD). Turner Entertainment. 2006. 該当時間: 11:10. OCLC 972825960
  15. ^ According to the book Sin in Soft Focus: Pre-Code Hollywood by Mark Vieira, Ginger Rogers' rendition of "I've Got to Sing a Torch Song" was cut before release simply because it slowed down the film. A still of Rogers, sitting atop a piano performing it, survives today and is shown in the book.

外部リンク編集