ゴーン・ガール』(GONE GIRL)は、2014年公開のアメリカ合衆国のミステリー映画である。監督はデヴィッド・フィンチャーが務め、ベン・アフレックロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリスタイラー・ペリーキャリー・クーンキム・ディケンズらが出演している。

ゴーン・ガール
GONE GIRL
Gone Girl Premiere at the 52nd New York Film Festival P1070608 (15184150767).jpg
監督と主要キャスト
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 ギリアン・フリン
原作 ギリアン・フリン
ゴーン・ガール英語版
製作 レスリー・ディクソン
ブルナ・パパンドレア
リース・ウィザースプーン
セアン・チャフィン
出演者 ベン・アフレック
ロザムンド・パイク
ニール・パトリック・ハリス
タイラー・ペリー
キャリー・クーン
キム・ディケンズ
音楽 トレント・レズナー
アッティカス・ロス
撮影 ジェフ・クローネンウェス
編集 カーク・バクスター
製作会社 20世紀フォックス
ニュー・リージェンシー・ピクチャーズ
TSGエンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年10月3日
日本の旗 2014年12月12日
上映時間 149分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $61,000,000[1]
興行収入 $361,800,000[1]
日本の旗 11億7018万円[2]
テンプレートを表示

原作は2012年発表のギリアン・フリンによる同名の小説で、フリンは脚本も担当している。2014年9月26日に第52回ニューヨーク映画祭でワールド・プレミア上映された。10月3日にアメリカほか各地で一斉に公開され、日本では約2ヶ月後の12月12日に公開された。

ストーリー編集

5回目の結婚記念日の朝、毎年恒例となった妻エイミーの宝探しクイズが解けないでいたニック・ダンは、双子の妹マーゴの店から自宅に帰ったところで妻が失踪していることに気付く。彼女は幼少期から父親の書いた児童文学シリーズのモデルとして有名であり、状況を知った警察は即座に失踪事件として捜査を開始する。ニックもエイミーの両親とともに捜索の協力を呼びかける活動を行うが、メディアの扱いはまるでニックが犯人であるかのようだった。

一方、回想シーンではエイミーの視点から幸せだった結婚生活が崩壊していく様子が、彼女の日記を引用しつつ描かれていく。夫妻は不況の影響で仕事を失い、がんを患ったニックの母親のために夫の地元、片田舎のミズーリへ引っ越すことにもなった。母が亡くなった後もニックは地元から離れる気はなく、妻に出資させてマーゴとバーの経営を始めるが、やがて地元の短大で講師の職に就く。

地元警察の刑事ロンダ・ボニーは捜査を進めるうちに、ニックが妻の日常を知らなかったこと、夫妻には金銭的問題や家庭内暴力があったこと、エイミーが銃を求めていたことを示す証拠を見つけていく。さらには、台所の床から大量の血液を拭き取った痕跡が出てくるなど、証拠はすべてニックに不利なものばかりだった。ニックへの疑いが深まる中、ボニー刑事はエイミーの書いていた日記を見つける。

だが、エイミーは実は生きており、殺されたように見せかけたのはニックの浮気を知った彼女の復讐だった。夫に知られぬよう近所の妊婦と仲良くなると彼女の尿を使って妊娠を偽装し、ニックに疑いが向くような証拠や日記を用意するなど、計画を緻密に練り、時間をかけて準備していたのだ。失踪当日、自宅を事件現場であるかのように偽装したエイミーは購入しておいた車で町を離れ、外見を変えるとモーテルでの生活を始める。

エイミーのクイズを解いたニックはエイミーに嵌(は)められたことを知り、彼女の目的が自分を死刑にすることだと気付く。夫が妻を殺害したケースを専門とする弁護士タナー・ボルトに連絡を取り、自らの無罪を証明するため彼女への反撃材料を探し始める。調べてみるとエイミーには以前、思い通りにならない男を嵌めて犯罪者に仕立て上げた過去があった。しかし状況を打開するには至らず、タナー弁護士はニックがテレビに出演して浮気を告白し、反省の態度を示すことを提案する。

失踪から数日、エイミーは偽名を使って生活しニックの死刑を待っていたが、些細なミスから生活資金を奪われてしまう。残った荷物を積んで車を走らせるが行く当てもなく、以前交際していたデジー・コリングスに助けを求める。デジーはニックに殺されないために逃げたと語るエイミーを信じ、自分の別荘に匿(かくま)うことにする。

悪い印象を変えるべくニックがテレビ番組に出演しようとした矢先、浮気相手であるアンディがエイミーの両親とともに記者会見を開いて不倫を告白し、しおらしく反省する様子が放送される。タナー弁護士とマーゴは頭を抱えるが、ニックは覚悟を決めてテレビ番組のインタビューを受ける。自身の過ちを認め、夫として完璧でなかったことを謝罪し、エイミーに家に帰ってきてほしいと訴えるニックの姿が放送されると、すぐさま世間の印象が変わり始める。

放送を見たエイミーにもニックへの想いが再び芽生えていた。デジーは献身的だが独り善がりで束縛的な一面もあり、辟(へき)易としていたエイミーはレイプされたかのような証拠を捏(ねつ)造すると、帰ってきたデジーを誘惑。性行為中にカッターで彼の首を掻(か)っ切って殺害してしまう。

失踪から30日後、テレビ局のスタッフが張り込む自宅に血塗(まみ)れのエイミーが帰ってきた。運ばれた病院でエイミーは警察からの聴取に対し、デジーに誘拐されレイプされたと主張する。彼女を疑うボニー刑事は証拠との矛盾について質問するが、上手く躱(かわ)されてしまう。

エミリーとともに自宅に戻ったニックが彼女に詰め寄ると、本性を現したエイミーは殺人を悪びれる様子もなく自身を正当化し、ニックがテレビ番組で見せた「妻の帰宅を嘆願する夫」こそが理想であり、これからも理想の夫であり続けることを要求する。ニックはそれを拒絶し、いずれ家を出て行くと宣言する。

世間は無事に生還したエイミーを持て囃(はや)し、FBIも捜査を終えてしまったが、ニックは彼女の真実を暴露することを諦めていなかった。自宅でテレビ番組のインタビューを受ける際に暴露を決行するつもりだったが、インタビュー直前にエイミーから妊娠したことを告白される。ニックが破棄されたと思っていた精子バンクのニックの精子は、実は破棄されていなかったのだ。怒りのあまり壁に彼女の頭を打ち付けるニックだが、理想を追求するエイミーの凄みに気圧(けお)されてしまう。

インタビューを終えたニックはマーゴの家に向かい、子供が成人するまではエイミーと人生を共にすることを打ち明ける。マーゴは彼の身を案じ泣いて反対するが、ニックは子供に対する責任感から覚悟を決めていた。

放送されたテレビ番組には、困難を乗り越えて通じ合い、懐妊を喜ぶ夫妻の姿が映し出されていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

バーの経営者。
ニックの失踪した妻。
エイミーの元彼。
ニックの弁護士。
ニックの双子の妹でバーの共同経営者。
ニックとエイミーの近所の住民。
ケーブル局の番組司会者。
ケーブル局の番組司会者。
ニックの浮気相手。
捜索ボランティアのメンバー。
  • メアリーベス・エリオット - リサ・ベインズ(一城みゆ希
エイミーの母親。
エイミーの父親。
エイミーの元クラスメート。
ニックとマーゴの母親。
  • ビル・ダン - レオナルド・ケリー=ヤング(石丸博也
ニックとマーゴの父親。
その他日本語吹替キャスト
さかき孝輔江場梨絵子北田理道宮沢きよこ桂一雅品田美穂渡辺広子大津愛理

制作編集

原作は、2012年に発表された同じタイトルの小説で、著者のギリアン・フリンが脚本も手がけている。製作陣の一人レスリー・ディクソンはこの小説を2011年に読み、同じ年の12月にリース・ウィザースプーンへ薦めた。ウィザースプーンはディクソンとブルナ・パパンドレアと共に準備を行い、フリンのエージェントであるシャリー・スマイリーと制作会社を2012年初めに探し求めた[3]。結局、ウィザースプーンは自身は出演せず、プロデューサーとしてのみの参加となった。

9月11日に、出演陣を必要としない撮影が始まった[4]。主な撮影は9月15日にミズーリ州ケープジラードで始まり、約5週間続いた[5][6]。いくつかのシーンはロサンゼルスで撮影された[6]

プロデューサーのセアン・チャフィンによると、フィンチャーは1つのシーンで平均50テイクは撮っていたとのこと[7]

音楽編集

2014年1月21日、トレント・レズナーアッティカス・ロスとフィンチャーと共に音楽のスコアーを提供すると発表した[8]。これは彼らにとって『ソーシャル・ネットワーク』と『ドラゴン・タトゥーの女』に次ぐ三度目の共同制作となる。デヴィッド・フィンチャーはカイロプラクティックで聞いた「落ち着かせようとしない」音楽に影響され、レズナーに偽りのない気持ちが表向きだけのような音楽をつくるように依頼した。音楽は滑らかな流れで所々、短音の電子音が紛れているものとなり、動揺させるような音楽となった[9]。サウンドトラックは2014年9月30日に発売された。

ザ・サイケデリック・ファーズのリチャード・バトラーが歌う『忘れじのおもかげ』(She)のカバー版が特報で用いられている[10][11]

評価編集

Facebookが発表した、2014年にFacebook上で話題になった映画トップ10で第8位にランクイン[12]、米ローリング・ストーン誌が選ぶ2014年の映画ベスト10で第5位を獲得[13]した。

興行収入編集

作品は第52回ニューヨーク映画祭でプレミア上映され、各方面で報じられて好意的な評価を受けた。ComingSoon.netは公開週末興行収入が3,000万ドルから3,500万ドルもしくはそれ以上を稼ぎ、10,000万ドルは行くだろうと予想した[14]。オンライン鑑賞券販売会社のFandangoは『ゴーン・ガール』が販売中の前売り券の66%を占め、『アナベル 死霊館の人形』(18%)より売れており、公開週末興行収入で1位になるかもしれないと発表した[15]

北米
作品は2014年10月3日に北米の3,014劇場で公開され、公開初日に1,320万ドルを稼いだ[16][17](公開前日に行われた先行公開130万ドルも含む)[18][19]。公開されて初の週末で作品は3,014劇場から37,513,109ドル(各劇場平均12,446ドル)を稼ぎ、北米興行収入1位となった。2位には僅差でワーナー・ブラザースの『アナベル 死霊館の人形』(3,720万ドル)がランクインした。『ゴーン・ガール』と『アナベル』の間での熱戦について、BoxOffice.comの副代表で分析主任のフィル・コントリオは「R指定にもかかわらず、この2つの高品質の作品にはまだ市場に上昇余地がある」とコメントしている[20][21][22]。本作品は『パニック・ルーム』(3,000万ドル)の興収を超えてフィンチャーの最大興収作品となり、アフレックにとっては『パール・ハーバー』(5,910万ドル)と『デアデビル』(4,030万ドル)に次ぐ3番目の興収作品となった。ロザムンド・パイクにとっては『007 ダイ・アナザー・デイ』(4,700万ドル)に次ぐ公開週末興行収入作品となった。本作は10月公開としては史上10番目に稼いだ作品となった。また、8月に公開された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(6,560万ドル)と『ミュータント・タートルズ』(9,430万ドル)以来、同月に公開された2作品でそれぞれ3,000万ドル以上稼いだ作品の1つとなった[23]。観客は、60%が女性で75%が25歳以上であった[24]
世界
北米以外で『ゴーン・ガール』は39の国と地域の5,270劇場で公開され、公開週末に2,460万ドルを稼ぎ、予想より26%高い結果となった[25]。特に高いヒットを記録したのはイギリス(950劇場から690万ドル)、オーストラリア(350劇場から460万ドル)、ロシア(1,049劇場から295万ドル)とドイツ(511劇場から285万ドル)である[26]

受賞編集

映画賞 対象 結果
第18回ハリウッド映画賞[27] ハリウッド・フィルム・アワード(最優秀作品賞) 受賞
脚本賞 ギリアン・フリン 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2014年)[28] 作品賞トップ10 受賞
第10回ノーステキサス映画批評家協会賞[29] 主演女優賞 ロザムンド・パイク 受賞
第9回オクラホマ映画批評家協会賞 主演女優賞 ロザムンド・パイク 受賞
脚色賞 ギリアン・フリン 受賞
作品賞 第5位
ピープルズ・チョイス・アワード[30] お気に入りのスリラー映画 受賞
第20回放送映画批評家協会賞[31] 脚色賞 受賞
第72回ゴールデングローブ賞 映画演技賞(ドラマ部門)・主演女優賞 ロザムンド・パイク ノミネート
監督賞 デヴィッド・フィンチャー ノミネート
脚本賞 ギリアン・フリン ノミネート
作曲賞 トレント・レズナーアッティカス・ロス ノミネート
第68回英国アカデミー賞 主演女優賞 ロザムンド・パイク ノミネート
脚本賞 ギリアン・フリン ノミネート
第21回全米映画俳優組合賞[32] 主演女優賞 ロザムンド・パイク ノミネート
第10回ファイナル・ドラフト・アワード[33] 脚色賞 受賞
第19回サテライト賞[34] 作品賞 ノミネート
監督賞 デヴィッド・フィンチャー ノミネート
主演女優賞 ロザムンド・パイク ノミネート
脚色賞 ギリアン・フリン ノミネート
撮影賞 ジェフ・クローネンウェス ノミネート
作曲賞 トレント・レズナーアッティカス・ロス ノミネート
第87回アカデミー賞[35] アカデミー主演女優賞 ロザムンド・パイク ノミネート
第41回サターン賞[36] 最優秀スリラー映画賞 受賞
主演女優賞 ロザムンド・パイク 受賞

ホームメディア編集

2015年1月13日に、北米版BD&DVDが発売された。日本では20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンよりBlu-rayDVDが発売。

  • 【初回限定生産】ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD(2015年4月3日発売)
    • Amazing Amy Tattle Tale Book(日本語対訳付)
  • 【初回限定生産】ゴーン・ガール DVD(2015年4月3日発売)
  • ゴーン・ガール Blu-ray(2017年10月4日)廉価版
  • ゴーン・ガール DVD(2017年10月4日)廉価版

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Gone Girl (2014)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database (2015年1月21日). 2014年12月31日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  3. ^ Cohen, Stefanie (2013年7月19日). “A Surprise Hit Spawns a Movie Deal”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/SB10001424052702303933704577533281470058056 2014年1月21日閲覧。 
  4. ^ Gone Girl starts filming in Cape Girardeau”. KFVS12.com. (2013年9月12日). https://www.kfvs12.com/story/23414551/ 2013年9月13日閲覧。 
  5. ^ Gone Girl movie filming scenes in Cape Girardeau”. KansasCity.com. (2013年9月11日). https://www.kansascity.com/2013/09/11/4473370/gone-girl-movie-filming-scenes.html 2013年9月13日閲覧。 
  6. ^ a b “Producer: Gone Girl filming here”. semissourian.com. (2013年9月11日). https://www.semissourian.com/story/2002405.html 2013年9月13日閲覧。 
  7. ^ http://lasvegas.informermg.com/2014/10/01/gone-girl-movie-review/
  8. ^ Twitter / trent_reznor: and yes, Atticus and I are”. Twitter.com (2014年1月21日). 2014年3月3日閲覧。
  9. ^ https://www.usatoday.com/story/life/movies/2014/09/30/trent-reznor-gone-girl-soundtrack/16475489/
  10. ^ 'Gone Girl' Trailer With Ben Affleck: 5 Things to Know”. Hollywood Reporter (2014年3月27日). 2014年5月1日閲覧。
  11. ^ https://www.buzzfeed.com/jarettwieselman/first-gone-girl-trailer#g5zptw
  12. ^ “2014年Facebookで最も話題となった映画、テレビ、アーティスト”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0068926 2014年12月11日閲覧。 
  13. ^ 「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2014年の映画ベスト10”. 映画.com (2014年12月29日). 2015年1月5日閲覧。
  14. ^ Douglas, Edward (2014年9月30日). “The Weekend Warrior: Gone Girl, Annabelle, Left Behind”. Comingsoon.net. 2014年9月30日閲覧。
  15. ^ Bowles, Scott (2014年10月2日). “Box Office Preview: ‘Gone Girl’ & ‘Annabelle’ To Dominate Weekend”. Deadline.com. 2014年10月3日閲覧。
  16. ^ Scott Mendelson (2014年10月4日). “Friday Box Office: 'Annabelle' Nabs $15.5M, 'Gone Girl' Nabs $13.2M”. Forbes. 2014年10月5日閲覧。
  17. ^ Maane Khatchatourian (2014年10月4日). “‘Gone Girl’ Headed for $38 Mil Weekend Win, ‘Annabelle’ Tops Friday Box Office”. Variety. 2014年10月5日閲覧。
  18. ^ McClintock, Pamela (2014年10月3日). “Box Office: 'Annabelle' Beats 'Gone Girl' Thursday Night, Both Off to Strong Start”. The Hollywood Reporter. 2014年10月3日閲覧。
  19. ^ McNary, Dave (2014年10月3日). “Box Office: ‘Annabelle’ Tops ‘Gone Girl’ with $2.1 Million Thursday Night”. Variety. 2014年10月3日閲覧。
  20. ^ Brent Lang (2014年10月5日). “Box Office: ‘Gone Girl,’ ‘Annabelle’ Stun With Big Debuts”. Variety. 2014年10月6日閲覧。
  21. ^ Derrik J. Lang (2014年10月5日). “'Gone Girl' Barely Edges 'Annabelle' At The Box Office With $38 Million Debut”. 2014年10月6日閲覧。
  22. ^ Pamela McClintock (2014年10月5日). “Box Office: David Fincher's 'Gone Girl' Tops 'Annabelle' With Career-Best $38M”. The Hollywood Reporter. 2014年10月6日閲覧。
  23. ^ Kristen Acuna (2014年10月6日). “Gone Girl' Dominates Theaters With A Huge Opening Weekend”. Business Insider. 2014年10月6日閲覧。
  24. ^ Scott Mendelson (2014年10月5日). “Weekend Box Office: 'Gone Girl' Scores $38M, 'Annabelle' Nabs $37.2M”. 'Forbes. 2014年10月6日閲覧。
  25. ^ Ray Subers (2014年10月5日). “Around-the-World Roundup: Strong Overseas Debuts for 'Gone Girl,' 'Annabelle'”. Box Office Mojo. 2014年10月6日閲覧。
  26. ^ Nancy Tartagloine (2014年10月5日). “Int’l Box Office Update: ‘Breakup Buddies’ In Huge China Debut; ‘Gone Girl’ A Beaut With $24.6M; ‘Bang Bang’ Holsters $25.4M; More”. Deadline.com. 2014年10月6日閲覧。
  27. ^ “賞レース幕開け!デヴィッド・フィンチャー『ゴーン・ガール』がハリウッド・フィルム・アワード受賞”. シネマトゥデイ. (2014年11月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0068222 2014年11月18日閲覧。 
  28. ^ “ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. 映画.com. (2014年12月3日). https://eiga.com/news/20141203/15/ 2014年12月4日閲覧。 
  29. ^ 'Boyhood,' Gyllenhaal, Pike tops with North Texas film critics”. 2015年2月23日閲覧。
  30. ^ ピープルズ・チョイス・アワード映画部門の受賞結果発表!”. シネマトゥデイ (2015年1月10日). 2015年1月13日閲覧。
  31. ^ 第20回放送映画批評家協会賞発表!作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』”. シネマトゥデイ (2015年1月19日). 2015年1月19日閲覧。
  32. ^ 全米映画俳優組合賞映画部門ノミネーション発表 『バードマン』が4部門で最多ノミネート”. シネマトゥデイ (2014年12月12日). 2015年2月23日閲覧。
  33. ^ 『バードマン』『ゴーン・ガール』が受賞!優秀な脚本をたたえるファイナル・ドラフト・アワード発表”. シネマトゥデイ (2015年2月17日). 2015年2月20日閲覧。
  34. ^ サテライト・アワード発表!作品賞は『バードマン』”. シネマトゥデイ (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
  35. ^ 第87回アカデミー賞ノミネート一覧”. シネマトゥデイ. 2015年2月23日閲覧。
  36. ^ 『インターステラー』最多6冠!第41回サターン賞発表”. シネマトゥデイ (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
  37. ^ Gone Girl (2014)”. 2015年10月28日閲覧。

外部サイト編集