メインメニューを開く

座標: 北緯36度24分5秒 東経136度27分20秒 / 北緯36.40139度 東経136.45556度 / 36.40139; 136.45556

入口

サイエンスヒルズこまつは、石川県小松市小松駅前にある公共施設[1]小松製作所小松工場の跡地の一部に設けられた施設である[1]。建物は流線型の屋根が特徴となっている平屋一部二階建てで、床面積はおよそ6千平方メートルある[2]。小松市は、この建設に総事業費34億円あまりを投じた[2]

2013年12月1日に、無料開放される部分がプレオープンとして公開され[2]2014年3月22日には有料の科学館ひととものづくり科学館」を含めた全面開業が行なわれた[3]。また、全面開館に合わせて、松本零士がひととものづくり科学館名誉館長となった[4][5]

ひととものづくり科学館は、開館から5か月足らずの2014年8月12日には、当初の予想よりもひと月ほど早く、入場者10万人を達成した[6]

2015年に、日本建設業連合会主催の第56回BCS賞を受賞している[7]

おもな施設編集

 
屋上から小松駅前を望む

ひととものづくり科学館[8]

  • 3Dスタジオ - 立体視型3Dシアター、120席
  • ワンダーランド - 体験展示場
  • フューチャーラボ - ものづくり体験、最大定員40名
  • ミラクルラボ - 科学実験、最大定員40名

脚注編集

  1. ^ a b ひととものづくり科学館「サイエンスヒルズこまつ」プレオープン”. i北陸 (2013年12月1日). 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c “小松の科学館、あす一部開業 外観流線形、屋上に緑”. 朝日新聞・朝刊・石川全県: p. 27. (2013年11月30日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 福田純也 (2014年3月21日). “小松!科学!!ワンダーランド 地元6社出展、あす全面開業”. 朝日新聞・朝刊・石川全県: p. 34  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ サイエンスヒルズこまつ 名誉館長のご挨拶”. サイエンスヒルズこまつ. 2016年10月16日閲覧。
  5. ^ “松本零士氏が名誉館長に、小松の科学展示施設”. 日本経済新聞・北陸: p. 8. (2014年3月21日)  - 日経テレコンにて閲覧
  6. ^ “科学館10万人達成 連日盛況 予想より早く サイエンスヒルズこまつ”. 読売新聞・東京朝刊・石川: p. 28. (2014年8月14日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  7. ^ 第56回BCS賞受賞作品 サイエンスヒルズこまつ
  8. ^ 施設概要 サイエンスヒルズこまつとは”. サイエンスヒルズこまつ. 2014年12月4日閲覧。

外部リンク編集