サイコビリー(Psychobilly)とは、1980年代にロカビリー[1]から派生した音楽のジャンル。ホラー・パンクの影響を受けている。

概要編集

「サイコビリー」という言葉自体は、1976年にリリースされたジョニー・キャッシュ[2]の「"One Piece At A Time"」で使われたのが初めて。この曲自体はサイコビリーに分類されないが、歌詞の中に"psychobilly Cadillac(サイコビリー・キャデラック)"という部分がある。

ポイズンアイビー・ロールシャッハは、76年に「サイコビリー」の言葉が生まれた時、クランプスらは、あまり意識的でなかったと語っている[3]

歴史編集

初期の代表的バンドにはクランプス、メテオズ、フレンジー、Batmobile、Guana Batz等がいた。Meteorsはサイコビリーの創始者とされる。

 
The Meteors

ネオロカビリー[4]のバンドからの影響も見られる。ウッドベースでのスラップ奏法を多用した激しい演奏がサイコビリー共通の特徴であり、ほとんどのバンドが同様の形式をとっている(ただし創始者とされるMETEORSは後にエレクトリックベースを使用するようになり、The Crampsはウッドベースを使用していない)。演奏の特性上、ピックアップノイズハウリングに強いEMGが良く使われるが、スラップ音も重視されるため別のピックアップマイクで指板裏から直接アタック音を拾うことが多い。しかし好みによってはピエゾタイプのピックアップを使用している者もいる。

ギターは、特に初期においてはロカビリー同様グレッチなどのセミアコの使用が多かったが、後にメタルハードコア傾向の強いバンドはソリッドギターの使用も増え、幅は広い。プレイにおいてもギャロップ奏法を駆使したホットリックを弾くギタリストもいれば、ほとんどパワーコードのみの場合もある。

前述の通り現在は音楽的に色々なジャンルの影響を受けた様々なスタイルのサイコビリーバンドが存在し、それらと区別するために80年代末くらいまでの比較的ベーシックなスタイルを「初期サイコ」と呼ぶ傾向もある。

ヘアスタイルに関しては、トップを残しサイドを刈り(剃り)上げた「サイコ刈り」「フラットトップ」と呼ばれるスタイルが特徴的である。また、バンドによっては血のりや特殊メイクを用いた〔ホラーメイク〕をしている場合もある。服装はロカビリーとパンク双方の影響が強く、エドワードジャケットや鋲の付いたライダースジャケットなどが定番である。また、80年代という時代背景もありスケーターファッションもG一部取り入れられた。靴もラバー・ソールドクターマーチン等を履くスタイルが多く、パンツの裾はブーツインする場合がほとんどである。こういったスタイルの中において上記のサイコ刈りという髪型をしているものはパンクスに対してサイコスと呼ばれ区別されている。

 
The Nekromantix

サイコビリーのライブには「レッキング(パンチ合戦)」と呼ばれる特有のモッシュが存在し、これは周りの者と殴り合うというものである。当事者の中には見えないルールがあるようで、笑顔で殴り合い、ケンカらしいケンカは不思議と起こらない。

主なミュージシャン編集

日本のバンド編集

脚注編集

  1. ^ エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンスらが代表的な歌手
  2. ^ 「ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ」「フォルサム・プリズン・ブルース」など代表曲が多い
  3. ^ Spitz, Marc; Mullen, Brendan (2001). We Got the Neutron Bomb: The Untold Story of L.A. Punk (1st ed.). New York City: Three Rivers Press. pp. 34–35. ISBN 0-609-80774-9. Retrieved May 8, 2010.
  4. ^ ストレイキャッツ、ブラスターズらがいた

関連項目編集

外部リンク編集