サイコ2

ロバート・ブロック作のホラー小説/1983年のアメリカの映画

サイコ2』(原題:Psycho II)は、ロバート・ブロック作のホラー小説、および1983年制作のアメリカ合衆国サイコスリラー映画。 

小説編集

前作「サイコ」の続編として、1982年に発表された。

あらすじ編集

ノーマン・ベイツは前作の事件以降、20年間に渡って精神病院の閉鎖病棟で暮らしてきた。主治医の精神科医であるアダム・クレイボーンは、20年間ノーマンと共に過ごしており、いつかノーマンを完治させることによって有名になろうと考えている。しかし彼の計画は、ノーマンが訪問してきた修道女を絞殺し、着衣を奪って逃走したことによって崩れ落ちる。ノーマンは他の修道女を連れて車に乗り込み、彼女を撲殺したうえで死姦を行った。その後、車で逃げ去る道中でヒッチハイカーが目に留まる。ノーマンは彼を殺害したうえで、自身の死体に見せかけようと計画する。

その後、警察が燃え上がる車を発見し、車中からは修道女とノーマンと思われる身元不明の男性の遺体が見つかる。しかし、同時刻に生じた巨大な玉突き事故における犠牲者の確認に全力を尽くしていたため、ノーマンと思われる焼死体に対して明確な断定ができないでいる。

一方、街では、サムとライラ・ルーミスがナイフで刺殺される。クレイボーンは、ノーマンと思われる死体はフェイクであり、彼が2人を殺害したと確信するが、警察は懐疑的であった。事件を調査していく中で、ノーマンの人生を基にした映画が撮影されているという新聞記事を発見する。クレイボーンは、ノーマンが製作に関わる者全てを殺害するためにハリウッドへ向かっていると考え、凶行を止めるために自身もハリウッドへ向かう。

最悪の事態を恐れ、クレイボーンは映画のコンサルタントの職に就き、周囲の物事全てに対して目を光らせる。キャストやクルー、そして監督のヴィッツィーニに対しても紹介されるが、ヴィッツィーニはノーマンの生き写しのような人物であった。クレイボーンは何か悪いことが起きるのではないかと考えているが、誰も彼を信じようとはしない。しかし突如、プロデューサーが首を切断され殺害される事件が発生する。クレイボーンとエイムズは、殺害の現場に居合わせた後、ヴィッツィーニの過去を知る。ヴィッツィーニの母親は、彼が子どもの頃に強姦殺人の被害者となっていた。

一方、ヴィッツィーニはマリオン・クレーンを演じている女優を、シャワーシーンのリハーサルを行うという名目でスタジオに呼び出すが、実際には強姦し殺害しようと計画する。幼少時代のトラウマが、彼の性的な道徳心に影響を与えていた。その結果として、彼は女優に対する強姦殺人を欲していた。

クレイボーンはヴィッツィーニに対する懐疑心を抱き、彼を止めるためにスタジオへ向かう。彼が去った後に、エイムズにノーマンの失踪に関して調査を行っている警察から連絡が入る。警察は車中から発見された焼死体が、ノーマンであると結論づけていた。ノーマンは自身の死を偽装するためにヒッチハイカーを殺害しようとしたが、ヒッチハイカーはノーマンを正当防衛で殺害してしまった。過去に犯罪歴があり、再び刑務所に戻ることになるのではないかと心配したため、証拠隠滅を図り車に放火し逃走したのである。しかし、ヒッチハイカーはノーマンではなく自身が修道女を殺害したと考えていた。修道女を殺害したという考えは彼の意識の中で重圧となり、結局ヒッチハイカーは警察に自首した。エイムズは、ノーマンが死亡しているためヴィッツィーニが殺人鬼であると結論づけ、別の警察官にスタジオへ向かうよう要請する。

一方、ヴィッツィーニは女優への強姦を企てる。しかし女優の強い抵抗を受け、シャワールームのカーテン奥に蹴り飛ばされる。するとヴィッツィーニはカーテン奥から叫び声を上げながら深い傷を負った状態で現れ、絶命する。シャワー奥から現れた殺人鬼がナイフを手に取り女優に近づくが、彼女に切りかかる前に突入してきた警察に撃たれる 。殺人鬼の正体は、他の誰でもなくクレイボーンであった。彼は一命を取りとめ、ノーマンが20年間生活した精神病院に収容された。

クレイボーンの同僚は、クレイボーンがノーマンに多くの時間と労力を過度に費やしたが、ノーマンの死亡によって、望んでいた名声を得られないと悟り、このトラウマによりノーマンの分裂した人格がクレイボーンに入り込んだと考えた。この別人格がサムやライラ、ヴィッツィーニ、映画プロデューサーを殺害したのである。同僚はクレイボーンがいつか完治することを願っているが望みは薄い。

映画編集

サイコ2
Psycho II
 
監督 リチャード・フランクリン
脚本 トム・ホランド
原作 ロバート・ブロック
(キャラクター創作者として)
製作 ヒルトン・A・グリーン
製作総指揮 バーナード・シュワルツ
出演者 アンソニー・パーキンス
ヴェラ・マイルズ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ディーン・カンディ
編集 アンドリュー・ロンドン
配給 CIC
公開   1983年6月3日
  1983年9月10日
上映時間 113分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入   $34,725,000[2]
前作 サイコ
次作 サイコ3/怨霊の囁き
テンプレートを表示

サイコ』の続編として製作されているが、前作とは違い、原作を基に映画化したものではない(ユニバーサル・ピクチャーズの方針による)[3]。よって、映画と小説は内容が大きく異なっている。なお、ブロックは映画ではキャラクター創作者としてクレジットされている。

あらすじ編集

冒頭、前作のシャワールームでのマリオン惨殺シーンが流れる。

22年後、精神病院に収容されて治療を受けていた犯人ノーマン・ベイツは、病気が治癒したと判断され、裁判所から釈放命令が出される。マリオンの妹ライラは異議を申し立てるが却下され、ノーマンは釈放される。

ノーマンは主治医レイモンドの紹介で、自宅近くの町のレストランで働き始め、同僚のメアリーと仲良くなるが、母親の影が再び頭をもたげてくるようになり、やがて彼の周囲で殺人事件が起きるようになる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ノーマン・ベイツ アンソニー・パーキンス 松橋登
ライラ・ルーミス ヴェラ・マイルズ 中西妙子
ビル・レイモンド博士 ロバート・ロッジア 小林勝彦
メアリー・サミュエルズ メグ・ティリー 戸田恵子
ウォーレン デニス・フランツ 飯塚昭三
ジョン・ハント保安官 ヒュー・ギリン 富田耕生
ラルフ ロバート・アラン・ブラウン
エマ・スプール医師 クローディア・ブライアー 麻生美代子
少年時代のノーマン オズ・パーキンス[4]

その他:加藤正之岡のりこ深見梨加堀川亮北村弘一池田勝小島敏彦徳丸完相生千恵子巴菁子横尾まり伊倉一恵小室正幸 初放送:テレビ朝日日曜洋画劇場1987年7月26日[5]

製作編集

1982年、小説「サイコ」の原作者ロバート・ブロックは、続編「サイコ2」を発表したが、ハリウッドのスラッシャー映画を風刺する内容であった。これを懸念したユニバーサルは、ブロックの作品とは異なる独自の続編を製作することを決定した。かつてヒッチコックに師事していた[6]オーストラリアの映画監督リチャード・フランクリンが監督に指名され、脚本にはトム・ホランドが雇われた[7]

『サイコ』で監督助手を務めたヒルトン・A・グリーンは製作の依頼を受けたものの、亡くなったヒッチコックが続編の製作を承認しないでのはないかと不安を覚えた。そのためヒッチコックの娘であるパトリシア・ヒッチコックに連絡を取り、続編に対する考えを聞いた。パトリシアは続編に対して祝福を与え、「父も作品を愛するだろう」と伝えた[8]

当初は、ケーブルテレビ向けに製作される予定であった[9]。アンソニー・パーキンスは、一度ノーマン・ベイツの再演を断ったが、脚本を読んだ後、出演に同意した。パーキンスは、「トム・ホランドの脚本を受け取ったが、非常に好きな作品だ。これはまさにノーマンのストーリーだ。」と語っている。パーキンスを引き入れる前、スタジオはクリストファー・ウォーケンを代役として考えていた。

撮影編集

『サイコ2』の撮影は、カリフォルニア州ユニバーサルシティのユニバーサル・スタジオ内で、1982年6月30日から8月13日にかけて行われた。ベイツの家は1960年から残存していたが、モーテルは再建する必要があった。『サイコ』と同様に、ほとんどのシーンがユニバーサル・スタジオの裏宅地で撮影が行われた。また、ランプや鳥の剥製、ノルマ・ベイツの部屋にあった真鍮の腕や暖炉等、いくつかの小道具やセットの一部は、デザイナーのジョン・W・コルソとジュリー・フレッチャーによって発見された[7]。『サイコ』で使用された家の外観は、製作のためにユニバーサル・スタジオの別の区画に移された[7]

フランクリンとホランドは共にこの作品をヒッチコックと『サイコ』に捧げたいと考えていた。そのため、作品の中にいくつかのジョークシーンを入れた。例えば、メアリーとノーマンが最初にノーマンの母ベイツの部屋に入った際、ライトをつける前にヒッチコックのシルエットが壁に浮かび上がる。また、ノーマンがキッチンに入りジャケットを椅子に置くシーン等、様々なシーンを『サイコ』から引用している。

撮影を受けて、フランクリンはパーキンスを非常に寛大な人物であると語り、マイルズを精力的かつ最も力強い役者の一人として称賛を贈っている。

配役編集

メアリー役には、前作で殺害される役を演じたジャネット・リーの実の娘であるジェイミー・リー・カーティスが候補に上がっていた[10]

マリオンの婚約者(事件後、ライラと結婚した)サムは登場しない。劇中では既に亡くなっている設定になっている。前作でサムを演じたジョン・ギャヴィンは当時、俳優を引退して駐メキシコ大使を務めていた(1981年から1986年まで赴任)。ライラ役のヴェラ・マイルズは前作に続いての出演である。

その他編集

ヒロイン役を演じたメグ・ティリーはテレビの視聴を許されぬ家庭に育ったため、前作を観たことがなく、アンソニー・パーキンスがその作品で高い評価を受けていることも知らなかったため、撮影現場で不用意な発言をしてパーキンスの怒りを買ってしまった[11]

脚注編集

  1. ^ ..::The Psycho Movies.com::..
  2. ^ Box Office Information for Psycho II
  3. ^ Interviews - From Psycho to Asylum: The Horror Films of Robert Bloch”. The Unofficial Robert Bloch Website. 2009年8月15日閲覧。
  4. ^ アンソニー・パーキンスの実の息子。
  5. ^ 2019年にNetflixで、テレビ放送時にカットされた部分を別キャストで追加録音したものが配信された。
  6. ^ Return of Psycho” (英語). PEOPLE.com. 2019年12月21日閲覧。
  7. ^ a b c (English) Psycho II Press Kit.pdf (PDFy mirror). (2014-01-01). https://archive.org/details/pdfy-P6lwJmONOBfzKBuN 
  8. ^ Kurl, Daniel (2016年6月6日). “33 Years Later, ‘Psycho II’ is Still the Misunderstood Classic That Demands Your Attention” (英語). Bloody Disgusting!. 2019年12月21日閲覧。
  9. ^ A BOY’S BEST FRIEND pt.2 – Psycho 2 (1983)”. archive.is (2013年1月12日). 2019年12月21日閲覧。
  10. ^ Psycho II (1983) - Trivia imdb.com
  11. ^ Psycho II (1983) - Trivia IMDb

外部リンク編集