サイドスロー

サイドスロー投手、スコット・フェルドマン

サイドスローとは、野球における投手投法のひとつ。投手がボールをリリースする際に、ボールを持つ腕がグラウンドの水平面と平行になる投法を指す。サイドハンドサイドアーム横手投げ等とも呼ばれる。サイドスローという呼称は和製英語で、英語ではsidearmという。また、サイドスローで投げる投手はsidewinderと呼ばれる。

ただし、サイドスローと呼ばれる投手の中でも、安仁屋宗八鹿取義隆林昌勇のような純然たるサイドスローは比較的少なく、角盈男館山昌平藤岡好明のようにスリークォーター気味であったり、杉浦忠工藤幹夫川尻哲郎のようにアンダースロー気味であることの方が多い。

目次

概要編集

 
サイドスローで投球するカルロス・マーモル
 
サイドスローで投球する小林正人

腕が横から出てくるため左右の角度を付けやすく、利き腕の方向へ横変化するシンカー・スクリューボールシュート、これらと逆方向へ横変化するカーブスライダーといった、主に横変化系の変化球を投げる投手が多い。

前者の例として、1992年の日本シリーズにおいて西武リリーフエースでシンカーを決め球としていた潮崎哲也に抑えられたヤクルト野村克也監督は中継ぎだった高津臣吾にシンカーの習得を命じ、後に高津は緩急2種類のシンカーを投げるクローザーとなった。

後者の場合、右投げのサイドスローから投げられるカーブやスライダーは右打者から見て外角へ逃げていく球筋に更に同じ方向への横変化が加わるため、「背中からボールが来る」等とも表現され決め球として有効に使える。角盈男永射保がカーブを決め球として投げていた。

フォークボールを習得するサイドスロー投手は少ないが、これは投球動作の違いから同じ落ちる変化球でもシンカーの方が習得が容易なためとされている。一方で、横から投げる事によりオーバースローのフォークとは違った微妙な横変化が加わる事を利用して、左右に落ちる2種類のフォークを投げ分ける木田優夫のような投手も存在する。

サイドスローのサウスポー投手は貴重な戦力とされ、プロ野球では対左打者用のワンポイントリリーフとして左のサイドスロー投手をベンチ入りさせることが多い。角は抑えで頭角を現し、永射や清川栄治などは「左殺し」のワンポイントリリーフとして活躍した。近年では星野智樹小林正人などが挙げられる。

日本プロ野球において、かつては杉浦忠小林繁斎藤雅樹のようなサイドスローでエース級の先発投手は珍しい存在ではなかったが、右サイドスローに対してボールの握りや軌道が見えやすい左打者が増加した事もあり減少傾向にある。今日のメジャーリーグでもサイド気味のスリークォーターの投手は多いが、純然たるサイドスローは先発投手ではほとんど見られないといってよい。

メジャーではカール・ハッペルデビッド・コーンジェレッド・ウィーバー等、日本では長谷川良平トレイ・ムーアらのようにサイドスローと他の投法を投げ分ける投手もいる。

サイドスローは上体を倒したり腕の角度を変える事で、肩より上で投球するスリークォーターや肩より下で投球するアンダースローへとフォームを変化させることが可能であるが、これらの投法はオーバースローの腕の高さをより緩い角度に修正したスリークォーターや、上体を大きく屈曲させて地面スレスレから投球するアンダースローと区別するために、肩と同じ高さで投球する純粋なサイドスローと混同して区分されていることも多い。また、サイドスローは肩を軸に縦方向に回転する軌道を取るオーバースローと異なり、肩や腕の力よりも腰の回転の大きさが重視されるフォームであり、背骨を軸に横方向に回転する事から、腕が長い体格の方が遠心力がより大きくボールに掛けられる分、腕が短い体格より有利であるとされる。サイドスローからアンダースローへと転向して成功を収めたケント・テカルヴは、サイドスローのこれらの特徴を踏まえたうえで、純粋なサイドスローとするか腕の角度を下げてアンダースローとするかは、投手個々人の体格や適性を多角的に検討した上で決定されることが望ましいとしている[1]

主なサイドスロー投手編集

引退選手編集

海外編集

左投げ

日本編集

左投げ

現役選手編集

アメリカ編集

左投げ
両投げ

日本編集

左投げ

台湾編集

韓国編集

左投げ

脚注編集

  1. ^ Former Submarine Pitcher Kent Tekulve Explains Mechanics - baseballnews.com、2011年11月1日。

関連項目編集