メインメニューを開く

サイドバイサイド』 (SIDE BY SIDE) はタイトーから1996年にリリースされたアーケード用レースゲーム

サイドバイサイド
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人~4人通信対戦プレイ
発売日 [AC]:1996年
テンプレートを表示

ゲーム概要編集

業務用としては初の、市販されている国内メーカーのスポーツカーが実名で登場するレースゲーム。
ステアリング、ブレーキ&アクセルペダル、ビューチェンジ&スタートボタン、シフトレバーで操作する。制限時間内にゴールしないとゲームオーバーになる。
OPは頭文字Dを想起させるようなAE86トレノとFC3SRX-7の対戦、シルビアとシビックの対戦が描かれる。

本作のBGMは「SAWAMMY」こと三澤宏行によるもので、コースBGMはコース毎に「BLUE WIND」(初級・中級・弩級)と「RED ROAD」(上級・超上級)で固定。
選択時のBGM「BURNING FLAME」のみ、サイドバイサイド2及びサイドバイサイドスペシャルのネームエントリーBGMとしてアレンジされて使用されたが、以降のシリーズでは収録されなかった。

コース編集

  • 初級「春」

の山中を走るコース。初級コースであるが序盤のコーナーはブレーキングが必要となるなど、後継作品のそれと比べ難易度が高め。
中盤以降は桜が多く咲いている直線的な道を走る。コース中、道の幅が狭くなる箇所が2つある。

  • 中級「夏」

の人で賑っている海岸沿いと山を走るコース。序盤は緩やかなカーブが連続し、終盤はコース路面が滑り易く、車の制御が難しくなるグラベル路面となる。
AC版ではコース序盤に岩山や灯台があったが、PS版では削除されている。

  • 上級「秋」

の観光地の渓谷を走る。道幅が狭いトンネルや落ち葉の路面が特徴。落ち葉の路面では、中級のグラベル路面程ではないがグリップが落ちる。
序盤は緩やかなカーブのみだが全体の道幅が狭く、中盤からは道幅は広がるが落ち葉の路面に連続ヘアピンカーブを走る事になる。
AC版ではスタート地点に金剛力士の像と大仏、御土産センターの看板があったが、PS版では削除されている。

  • 超上級「冬」

の村落をモチーフにしたコースで、道幅は広いがコーナーはほぼヘアピンのみの雪道を走る。
雪道は中級のグラベル路面と同じくグリップが落ちるが、こちらはスタート地点以外雪道の為、難易度は非常に上がっている。
バトルギアの超上級に似るが、こちらの方が難易度が高い。

  • 弩級「極」

今作のOPに登場するコース。コイン投入時にビューボタンを押したままゲームスタートすると選択できる(PS版では最初から選択可能)。
コーナーがかなり多く、自然の岩で出来たトンネルを抜けるごとに上記のコースを混ぜ合わせたかの様な、舗装面とグラベル路面が混じった路面や雪道、そして通常の路面と路面状況が変わる渓谷を走る。
ミスをするとゴールは難しくなり、後のバトルギアシリーズの弩級と比較するとこちらの方が難易度がかなり高い。このコースを1位でゴールするとエンディングが流れる。

登場車両編集

本作に登場する車のホイールはすべて非純正の物が装着され、一部ボディカラーも実車には存在しない架空の色に設定されている。

トヨタ自動車

日産自動車

ホンダ

  • EG6 シビック SIR アーケード版は緑、PS版は赤。
  • NA1 NSX 黄色。

マツダ

  • FC3S サバンナRX-7 ∞ アーケード版は赤、PS版は白。
  • FD3S RX-7 RZ アーケード版は黒、PS版は黄色。

移植作品編集

1997年12月4日発売(1999年11月11日デュアルショックの振動機能のみに対応した廉価版サイドバイサイドスペシャル2000が発売)。
『サイドバイサイド』と『サイドバイサイド2』(無印バージョン)のカップリング移植となっている。特定の条件を満たすと新しいコースと車(タイトーの営業車3台)が追加される。ネジコン対応。

体験版編集

プレイステーション版電車でGO!にサイドバイサイドスペシャルの体験版が収録されている。プレイできるステージは、初級と中級である。