サイハテの救世主

サイハテの救世主』(サイハテのきゅうせいしゅ)は、岩井恭平による日本ライトノベル角川スニーカー文庫から発行。 イラストBou

サイハテの救世主
ジャンル 超能力
小説
著者 岩井恭平
イラスト Bou
出版社 角川書店
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2012年4月1日 - 2013年9月1日
巻数 全3巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル
ポータル 文学

ストーリー編集

沖縄のボロい一軒家に1人で引っ越してきた少年・沙藤葉は自分のことを天才と名乗る。しかし、近所の人々は葉の言うことなどお構いなしに、葉の生活に踏み込んでくる。見知らぬ地で戸惑いながら賑やかで穏やかな日々を過ごす葉は、自分のことを馬鹿にした者たちを見返すために未完成の論文を完成させようとするが、論文が完成していたという記憶、自分が考える沖縄に来た経緯など、自分の認識と現実との間にズレを感じ始める。

登場人物編集

沙藤 葉(さとう よう)/ドク
本作の主人公。自称天才の十六歳の少年。アメリカ生まれのアメリカ育ちだが、日本に住んでいた期間があり、日本語も話せる。華奢な身体と中性的な顔立ちのせいで初対面では性別を訊かれたり、年齢を下に見られたりすることがある。また、目つきが悪く、常に眉間にしわを寄せている。口癖は「ファック」。天才を名乗り不遜な態度をとるが、基本的な生活能力がなく、隣人の陸に世話を焼かれることが多い。
アメリカで出遭った男から買い取った沖縄の一軒家に引っ越してくる。陸たちには本名を伏せ、ドクと名乗る。自分が天才であり要人であると思っており、常に自分を狙う脅威を警戒しているが、その言動は傍から見れば奇行であり、近所の人々には変人として認識されている。
その正体はれっきとした天才であり、その卓越した頭脳とそれによる研究、発明、戦略によってこれまでに世界を何度も救っており、英雄として扱われている。当然ながら、その結果、多くの敵対組織やテロリストに命を狙われており何度も危機一髪を乗り越えてきたが、民間に情報を流さないせいなのか武勇伝も陸たちは信じておらず、結果として上記のように変人扱いされている。国籍上は今のところアメリカ人であり、アメリカの重要人物として扱われている。
その圧倒的すぎる才能からファンと呼ばれる存在が世界中に存在するほどで、常に周囲の人間に頼られてきたが、実際には人類とたった一人の天才という区切られ方を自他ともにされており、天才である自分が人類に歩み寄ることでしか両者の間で関係を築けないという状況の中、人知れず疎外感を感じていた。そのため引っ越した当初は嫌々といった周囲の人間との付き合いでも、沖縄の人たちの人間性の温かさに触れて自分の居場所だと思うようになっていく。
人類は何か困ったことがあれば葉に縋り付き、もう頼れないとなれば道具のように捨てる姿勢を作中で見せているが、その一方で葉自身も世界を救うという目的のためならばどんな人間でも何人でも犠牲にするという「世界(大多数)のためなら誰も(少数)を犠牲にする」という信念を持っており、作中では何人かがその被害にあっている。

  ”災厄論文”という人類にとっての破滅を警鐘する論文を作成したが葉の天才としての才能が狂いだす始まりとなった。

濱門 陸(はまじょう りく)
本作のヒロイン。葉の隣の家の少女。葉と同じく十六歳の高校生。明るく世話焼きな性格をしており、奇矯かつ邪険な態度をとる葉に対しても世話を焼いてくる。また、整った顔立ちと均整のとれた体つきをしているのだが、やや無防備なところがある。
葉が天才であるという言葉を信じていない。
バウスフィールド 照瑠(バウスフィールド てる)
陸の2つ年下の幼馴染の少女。長い金髪と青い瞳をしているハーフ。欲望に対して忠実で、お金が大好き。しかし、甘やかされて育ったためか人の言うことを素直に信じるところがあり、葉の自称天才や突飛な話もすぐに信じる。見た目に反して武闘派で、よく葉に対して暴力を振るう。アイドルをしており、日焼け対策にタオルをよくかぶっている。
佳織(かおり)
陸の同級生の少女。見た目は大人しそうでお嬢様然としているが、葉に対しては恐ろしい一面を見せる。
葉に陸についてある相談をする。
オバァ
照瑠の祖母。沖縄弁で喋るので葉とは言葉が通じないが、飲み物や食べ物を強引に渡してくる。
ゴーヤー爺
葉の向いの家の老人。瓜のような頭をしている。葉の家の元の持ち主の知り合いであり、葉に対して警戒心を見せる。
ノーラ
スタイルの良い金髪の美女で、スーツを着ているがそれは十代という自分の年齢に対して色眼鏡で見られないため。葉曰く頭がおかしい。
天才であったころの葉を過大評価し、その水準を天才ではない葉に求めるため、結果として辛辣になったり、天才として常人とは違うという皆の考えを利用し、自分の思い通りに行動させる。葉の論文への反論への再反論などを行ってることから有能ではある。
本人曰く「葉の一番のファン」。
又吉(またきち)
陸たちの幼馴染でひきこもり。以前は人気者だったが、ある事件がきっかけでひきこもるようになる。葉の言葉によりひきこもりから脱却する気になったが、「自分のことを誰も知らない場所に行きたい」という願いをかなえる形で葉とともに北海に連れて行かれる。
アンジェリン
北海の海底の中立研究機関ゴールド・ピッドに住む、白く長い髪と緑色の瞳を持ち、人形のように整った顔立ちの愛らしい少女。
黄金火山の噴火を防ぎ続けるための要であり、北海周辺諸国の代表者たちは常に彼女のご機嫌伺いをしている。北海周辺諸国の代表者をはじめ多くの人から愛称のアンジーで呼ばれ、葉だけがアンジェリンと呼ぶ。葉のファンの一人。
エリク・グッドオール・ジュニア
アメリカ海軍の特殊部隊SEAL's所属の青年。軍部の名門出身で、また葉のかつての級友であり、本人は親友と言い張っているが学生時代を暗黒時代と言い表す葉にとっては天敵。葉が彼以上に暴力の才能がある人間を見たことがないというほどに優れた戦闘能力を持っている。また、妹が一人おり、葉とは何かがあったもよう。
本人曰く「葉の最初のファン」。

用語編集

災厄論文

 かつて天才時代の沙藤葉が手掛けた論文。世界が破滅する可能性を論文としてまとめ上げたもの。葉が天才としてのキャリアを失った事件をきっかけに何者かに盗まれ、それを取り戻すことが葉自身の目標であり、本作品のテーマである。作中で登場した災厄論文は”破壊者””黄金火山””あまりにもわがままなアンジー””単巡機関””グリゴリ”。内容は自然の脅威や、葉の作り出した脅威、分析による戦争の戦術書と様々だが、その多くが危険であり、一歩間違えれば世界を滅ぼしかねないため葉自身としてはアンタッチャブルなものばかりだが、適度に扱えば技術の進歩に大きく貢献するものも中にはあるため[1]、世界中がこの論文を欲している。論文の閲覧者が葉のファンならば、ある種の恍惚状態となって論文を扱ってしまうが、悪意を持っても持たなくてもその論文の通りに行動したり、その論文の技術を作り出すだけで世界を滅ぼすものとなってしまう。

ゴールド・ピッド

北海の海底深くに建設された”黄金火山”の監視を目的とした基地。設計者は葉で、外部は六角形のパネルを合わせたさながら亀の甲羅のようとのこと[2]。研究員の居住スペース、娯楽施設、研究スペースと別れており、中心にアンジェリンの住むスペースがある。北海周辺の国々や国連などが出資して作られた基地であり、中立地帯として存在する。どの国の領地でもないため、どの国の法律も適用されない。

既刊一覧編集

岩井恭平Bou(イラスト)、レーベルは角川スニーカー文庫。全3巻。

  1. サイハテの救世主 PAPERⅠ 破壊者 2012年4月1日初版発行 ISBN 978-4-04-100213-1
  2. サイハテの救世主 PAPERⅡ 黄金火山と幸福の少女 2013年2月1日初版発行 ISBN 978-4-04-100582-8
  3. サイハテの救世主 PAPERⅢ 文明喰らい 2013年9月1日初版発行 ISBN 978-4-04-100932-1

脚注編集

  1. ^ 葉自身は、あくまで災厄となる可能性を秘めたものであると考えるため、たとえ便利になるとしても研究の範囲内までで、実用することを認めていない。
  2. ^ PAPER2 黄金火山と幸福の少女 P64

外部リンク編集