メインメニューを開く

サイモン・ウィーゼンタール・センター

アメリカの博物館運営組織

サイモン・ウィーゼンタール・センター英語: Simon Wiesenthal Center, SWC)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに本部を置き、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的影響力を持つ非政府組織であり、寛容博物館英語版の運営団体である(後述)。ヴィーゼンタール・センターとも[3]

サイモン・ ウィーゼンタール・センター
サイモン・ウィーゼンタール・センター(ロサンゼルス)
サイモン・ウィーゼンタール・センター(ロサンゼルス
設立 1977年
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス1399 South Roxbury Drive
活動地域 ニューヨークシカゴ(米国中西部)・マイアミ(米国南部)・トロントエルサレムパリブエノスアイレスに事務所を置く。[1]
収入 2730万ドル(2014年6月30日を期末とする会計年度[2]
基本財産 6148万ドル(2014年6月30日)[2]
ウェブサイト http://www.wiesenthal.com/
テンプレートを表示

同センターはロサンゼルスに本部を置き、エルサレム・ニューヨーク・トロント・マイアミ・シカゴ・パリ・ブエノスアイレスなどで事務所を運営。民間の寄付で運営される非政府組織で、2012年は2億6000万ドルの寄付を受けた。

目次

歴史編集

サイモン・ヴィーゼンタールは、オーストリア=ハンガリー帝国出身のユダヤ人であり、第二次世界大戦中にはナチス党政権下のドイツによってクラクフ・プワシュフ強制収容所グロース・ローゼン強制収容所ブーヘンヴァルト強制収容所マウトハウゼン強制収容所などに収容されていた。戦後まで生き延びたヴィーゼンタールは、戦後リンツウィーンに事務所を構えてドイツ敗戦後に逃亡した戦争犯罪の疑いがあるナチス党員の追及に尽力した[4]。2003年、戦犯追及の終了を宣言した。1100人以上の戦犯の起訴に貢献、引退を発表した。

1977年にアメリカのロサンゼルスにサイモン・ヴィーゼンタール・センターが開設された。創設者たちのヴィーゼンタールへの好意によってヴィーゼンタールの名が冠されたものである[5]。1982年公開のホロコースト記録映画『ジェノサイド ナチスの虐殺 ホロコーストの真実英語版』の制作に協力した。同映画はアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した[5]

寛容博物館編集

1987年、カリフォルニア州上院英語版の決議によってサイモン・ヴィーゼンタール・センターの中に「寛容博物館英語版」が建設された。同博物館ではアメリカにおける人種差別の歴史の展示、そしてホロコーストに関する展示が行われている。ワシントンD.Cにある「アメリカ合衆国ホロコースト記念博物館」とともに「アメリカの二大ホロコースト博物館」と称されている[5][6]

寛容博物館はホロコーストの展示場とアメリカの偏見・差別・暴力の歴史の展示場の2つの施設を中心としている[7]。アメリカ人の差別の体験の中にホロコーストを位置付けることで理解しやすくなっている[8]。またそれ以外の20世紀の大量虐殺についての展示もある[8]

ホロコーストに関する展示は大きく3つに分けられており、まず1932年から1933年のドイツにおける自由選挙下でのナチス党の権力獲得について、ついで1930年代終わり頃のドイツ政府と国民によるユダヤ人やその他劣等とされた人々に対する迫害の激化の様子、そして大戦中のドイツ政府と国民によるユダヤ人狩り・ゲットー・強制収容所・大量虐殺についてという順番になっている[8]

人物編集

抗議活動編集

インターネットに投稿された差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を監視する活動も、活動の一部として続けている。 監視対象はFacebookTwitterを含む2万のウェブサイトで、運営会社に差別的な表現を投稿させないように対応策を働きかけている[9]


脚注編集

  1. ^ Offices Worldwide
  2. ^ a b Understand Simon Wiesenthal Center's Mission
  3. ^ 【IWJブログ】「アンネの日記」事件と蔓延する歴史修正主義 国際世論から警戒される安倍政権 2014.2.23IWJ公式ホームページ
  4. ^ ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房ISBN 978-4760124138、87ページ
  5. ^ a b c サイモン・ヴィーゼンタール著『ナチ犯罪人を追う―S・ヴィーゼンタール回顧録』(時事通信社)ISBN 978-4788798090、7ページ
  6. ^ ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房)15・19ページ
  7. ^ ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房)18ページ
  8. ^ a b c ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房)19ページ
  9. ^ 2013年11月8日『朝日新聞』(リンク切れ)
  10. ^ 【IWJブログ】「アンネの日記」事件と蔓延する歴史修正主義 国際世論から警戒される安倍政権 2014.2.23IWJ公式ホームページ
  11. ^ [1]

関連項目編集

外部リンク編集